スポンサーリンク
スポンサーリンク

がっこうぐらし!5巻ネタバレ感想

がっこうぐらしのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

25話から30話を収録。

くるみの感染は回復し、避難区域から物資も調達できた。

手に入れたラジオで自分たちから生存を知らせることにした学園生活部は、どんな放送をするのだろうか。

 

5巻のネタバレ

言いだしっぺのゆきがパーソナリティー、りーさんが放送室で電波に乗せ、くるみがポラロイドカメラで卒業アルバム用の写真を撮る役目になった。

 

学園生活部の活動を紹介しながら、校内の施設を回っていく。

放送室に待機しているりーさんを紹介し、図書室の時間はそこそこに、部室でクッキーを振舞っている美紀に夢は何ですか?と無茶振りインタビューをするゆき。

 

美紀はゆきと卒業について話したことを思い出し、みんなと一緒に卒業してみんなとずっと一緒にいることですと答えた。

 

 

その時、りーさんが着けていたヘッドホンに雑音が入った。

周波数を合わせてみると、誰かが呼びかける声がはっきりと聴こえてきた。

 

すぐにゆきに伝えて3人を屋上に走らせると、上空に一機のヘリが飛んでいるのが見えた。

パイロットは震えだす身体を抑えようと注射器に手を伸ばしたが、なぜかそれを握り潰してしまった。

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし5巻

 

 

りーさんも駆けつけ、手を振り大声で叫ぶが、ヘリはユラユラと不安定な動きをし始める。

しばらくそんな旋回をした後、徐々に地上に機体を降ろしていった。

 

着陸させようとしているはず。

そんな希望はすぐに打ち砕かれ、ヘリは校庭に墜落してしまったのだった

 

 

くるみと美紀がすぐに一階まで駆け下りるが、校舎内にいたのはおろか一帯のゾンビが墜落の爆音に集まってきていた。

二人は防犯ブザーやサイリュームで退けつつ、ヘリまで一直線に走った。

近くまで接近できたのはいいが、さすがにゾンビの数が多く、無事に脱出していることを願うしかなかった。

 

どこかにパイロットが隠れているかもしれない。

そう思って移動しようとした直後、墜落に巻き込まれた車から流れたガソリンに引火し、大爆発が起こった。

 

 

屋上で一部始終を見守っていたりーさんは、あまりの結末に絶望の叫び声を上げた。

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし5巻

 

 

しかし、そんな時だからこそ、空想の世界に生きるゆきの明るさに救われ、立ち上がることができた。

校舎にも火の手が回り始め、下の階はほとんど煙に包まれていた。

鼻と口を覆い、少しでも安全なところへと進んで行こうとするが、どこも煙が充満していて呼吸さえまともにできない。

 

その時、ゆきがあっちに進もうと言って指差した。そっちに目を向けると、煙に揺れる人影が見えた。

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし5巻

 

 

誰か分からないが、ゆきに肩を貸して導かれるように人影を追いかけた。

 

しばらく進んだら人影が立ち止まって、もう少しで手が触れそうだった。

りーさんがその誰かに向かって必死に手を伸ばした時、避難区域へ続くシャッターに触れたのだった

 

 

一方、爆発に巻き込まれた二人は追い詰められていた

くるみは怪我と気絶で身動きできずにいる美紀を無事な車の中に押し込みドアを閉めた。

そしてそこから離れ、一人でゾンビを引きつけてシャベルを振り回し続けた。

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし5巻

 

 

シャッターはかなりの熱を持ち始めていた。

りーさんは助けに行く勇気が出ず、既に二人の生存を諦めかけている自分と、この不条理に嫌気が差して限界を超えようとしていた。

 

 

そんなりーさんの頭を撫でて慰めたゆき。

泣き疲れた彼女が寝息を立て始めたとき、ゆきはここまで案内してくれためぐねえに二人を迎えに行ってくると告げて、シャッターの前に立った。

 

すると、そのタイミングでシャッターがガタガタ揺れ出した。

バットを構えて臨戦態勢になった時、シャッターを押し上げて入ってきたのはくるみと美紀だった。

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし5巻

 

 

 

無事に合流できたことに祝杯をあげる4人。

あの時、くるみがもうダメかと思った瞬間、スピーカーからゆきの声が大音量で流れ出した。

安全なところで待っているという彼女の声に元気付けられ、火事場の馬鹿力を発揮して危機を乗り切れたのだ。

 

それはゆきとりーさんが数分後に放送されるよう逃げる途中で声を吹き込んでいたのが、ちょうどいいタイミングで放送されたのだった。

 

 

パーティーもそこそこに、ゆきが今度は学園生活部にとって一番大切な学校をきれいに掃除しようと言い出し、3人はもちろん異存なく大賛成。

 

ゆきは一人で教室に入って掃除を始めた。黒板をきれいにし、机を運び、床を掃いていた時、教室の端で同級生が倒れているのを見つけた

 

部活動の一環だと普通に話すゆきだが、炎に巻かれて死にかけのそのゾンビに触られそうになった瞬間、それが危険なものだと察知したのか、我を忘れたように執拗に箒で突き刺した

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし5巻

 

 

教室を飛び出したゆきは、大好きな学園生活部の部室の前まで全速力で走った。

しかし、部活名を書いた張り紙が半分ほど燃えてしまっているのを見て、どうしようもない悲しみに襲われて泣いてしまうのだった。

 

 

くるみがヘリの様子を見に行くと、事切れたパイロットの身体の下にトランクケースがあるのを見つけ、中を検めた。

そこには拳銃と注射器、そして一枚の地図があった。

 

 

その日の夜、聖イシドロス大学と例の薬を作ったランダルコーポレーションに印がつけられたその地図を見せ、学校から出た後に向かう場所は、このどちらかにしないかと提案した。

するとゆきが、社会に出る前にもう少し勉強して準備するために進学しない?と答え、3人はそれに賛成することにした。

 

 

次の日、くるみは銃を持っているところを美紀に見つかってしまう。

どうしてパイロットがそんなものを持っていたのか気になったが、美紀はそれを屋上から投げ捨ててしまった。

 

 

その後で、4人だけの卒業式をした。

美紀が在校生送辞を読み上げ、ゆきが卒業生答辞を読み上げた。

 

めぐねえの車に乗り込んで学校を出る直前、美紀はある一体のゾンビを名残惜しそうに見続けた

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし5巻

 

 

考察と感想

がっこうぐらし!5巻でした。

パイロットはなぜ自分に薬を打たなかったんでしょうか。いや、もしかしたら薬じゃなかったのかも知れません。全部で4本分の薬液があったのは助けるためだったのか、それとも・・・銃の使い道が何だったのか。それが重要ですね。

りーさんはまたしても発狂しちゃって、そろそろやばそうです。でも切り替えは結構早いので、女性らしいヒステリックなところが強過ぎるとも言えそうです。

めぐねえの亡霊が助けてくれたり、ゆきが現実を見たり、ゾンビになった圭が入れ違いで学校に戻ってきたりと、波乱続きの第5巻でした。

がっこうぐらし!を無料で読むにはこちら

スポンサーリンク