スポンサーリンク
スポンサーリンク

がっこうぐらし!6巻ネタバレ感想

がっこうぐらしのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

31話から36まで収録。

待ちに待った救出の手が目の前までやって来たのに、あっけなく落ちた。

学校は炎と煙に巻かれ、生活設備は壊滅状態に。

そして学園生活部は卒業を迎えた。

 

6巻のネタバレ

くるみの運転で壊滅した町の中をじわりじわりと進んで行く。ゆきのナビに従って、その日はコンビニで一泊することにした。

 

店内は荒らされてはいたが、ゾンビはいなかった。ゆきは率先して掃除を始め、寝るスペースを確保する。

そんな様子を見ていると、いつのまにこんなに頼れるようになったのかと、くるみは少し不思議な感覚を覚えた。

 

 

翌朝。

助手席に座ったゆきが音楽をかけようとCDを入れてからあちこちいじくっていると、いきなり誰かの喋り声が流れ出した。

それはCDの音源ではなく、明らかに今現在誰かが電波に乗せているラジオ放送だった。

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし6巻

 

 

 

車中泊後、なんとかラジオ発信者に会いに行こうと話し合った直後、さっそく朝の放送が始まり、意思が通じたように住所まで喋ってくれた。

 

その声を頼りに地図の中から住所を見つけたが、あちこち車が通れない状態になっていて、なかなか辿り着けない。

運転を代わって疲れたりーさんは休憩を提案した。

手狭になりやすいめぐねえの車から乗り換えようかとくるみが言うと、りーさんは自然にめぐねえの許可を取らないと、と言った。

ゆきに合わせようと意識せずに自然に出た言葉で、自分の中の変化に気付き始めていた。

 

 

ようやく住所の家に辿り着いた。

そこは大きなシャッターに閉ざされ窓もなく、まるで堅牢な倉庫のようだった。

唯一屋上に続く梯子が、中に入れる手段のようだった。

 

屋上から中に入る入り口は潜水艦のハッチのようで、自我を持った人間にしか入ることを許さない意思のようなものが感じられた。

部屋の中にあったラジオ放送の設備が置いてある机には、発信者の書き置きがあった。

 

ここを見つけた誰かに宛てられた手紙は、最後のほうになると文字にならず途中で途切れていた

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし6巻

 

 

隣の部屋に繋がるドアを引っ掻く音を聞いたくるみは、シャベルを強く握り締めた。

 

 

留守番をしていたりーさんには真実を告げず、手土産にキャンピングカーのキーを見せた。

 

キャンピングカーの車内は快適だったが、唯一お風呂がないのが辛かった。

と言うことで、洗濯も兼ねて近くの川で水遊びをすることに。

 

モールで手に入れた水着を着て、ゆきとくるみは元気いっぱいに川に飛び込んだ。

 

しかし、まだまだ水は冷たかった

 

 

くるみと美紀は並んで制服のブラウスをモミモミ洗い始めた。

最近、いつの間にか頼れるようになったゆきに嬉しさと寂しさを感じつつ、このままここにいられたらと美紀が話すと、くるみはこっちがこのままでいても、向こうから来る場合もあるだろ。なら準備しとかないとな?と微笑んだ。

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし6巻

 

 

深夜。

ふとした拍子に目が覚めた美紀が何気なく窓の外を見ると、くるみがシャベルを持ってどこかに歩いて行くのが見えた。

 

くるみが住宅街の中に入っていくと、ゾンビたちが近づいてきた。

しかし、彼女を無視して通り過ぎていく

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし6巻

 

 

堪らずに理解できるはずもないのに声を荒げて呼び止めた。

一瞬立ち止まったゾンビたちが振り向き、どこか不思議なものを見た素振りをして、ようやく襲いかかってきた。

 

標的にされたことに頬が緩んだのも束の間、ゾンビたちは彼女の背後にいた美紀に狙いを定めていたのだった

 

 

今日二回目の洗濯をし始めた。美紀がくるみの頬にかかった血を拭うと、肌が冷たかった。

 

 

次の日から、美紀は車の運転を練習し始めた。

そうやってやれることを努力する美紀や、頼りになる行動が増えてきたゆきを傍目に見ていたりーさんは、荒れ果てた町の様子が、時々何事もなかったかつての日常に見えることがあった。

 

そしてゆきの姿が、るーちゃんという少女に重なることさえ。

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし6巻

 

 

そんなりーさんを心配してくれるゆきに、彼女は実は妹がいるんだと話し始めた。

るーちゃんというその妹のことを、今の今まで忘れていたと涙を流し、危なっかしいところがゆきみたいで、ずっと妹と重ねて見ることで、無理やり忘れていたんだと自分を責めた。

 

そうやって自分を責める彼女を、ゆきは持ち前の明るさで包み込み慰めるのだった。

 

 

鞣川小学校。

それがるーちゃんの通っている学校だった。

 

りーさんの思いを聞いた他の二人も何とかしてあげようと思い、くるみは偵察に行くといって夜に車を抜け出した。

そしてすぐゾンビが現れるが、そいつはメッセージが書かれたボードを首から提げていた

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし6巻

 

 

くるみは他のゾンビと同じように躊躇なく仕留めようとしたが、偶然それを目撃したりーさんは、何か言おうと口を開いた。

 

 

小学校で助けを待っている子たちがいる。

りーさんは今すぐに助けに行きたいと強く希望し、視界が悪い深夜にも関わらず、今から助けに行くことになった。

 

運転ができるようになった美紀を留守番に残し、3人は深夜の校内へ踏み込んで行く。

ちゃんと自我を持って歩いているであろう足跡が、一つの教室の前まで続いていた。

 

そっとドアを開けると塞ぐようにバリケードが築かれていた。

しかし、隙間からゾンビの手が伸びてきた。

もう、中は死屍累々の地獄絵図に変わっているようだった。

 

それでも諦めようとしないしないりーさんを何とか説得し、また明るくなってから再び調べることにした。

 

 

翌朝。

りーさんのベッドが空になっていることに気付いたくるみは、美紀を起こして急いで校内へ踏み込もうとした。

 

その時、玄関が開き、中からりーさんと彼女にしがみついた少女が出てきた。

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし6巻

 

 

 

何かのトラウマなのか、少女は声を出せないようだった。

りーさんは妹を重ねてるーちゃんと呼ぶことにした。

年上だらけの環境に置かれたるーちゃんが馴染めるように、ゆきはおちゃらけた子供っぽさで接し、それに少女も少しずつ心を開いていった。

 

しかし、真夜中になると、何かを思い出したように叫び声をあげていた。

 

 

5人になった学園生活部は、ようやく目的地の聖イシドロス学園に到着した。

 

門を乗り越え、落ち着いて見学を始められると思った矢先、持ってるものを捨てて手を上げろと、拡声器で大きくされた声が耳を突き刺した。

 

4人は大人しく従ったが、少女は怯えてりーさんにしがみついたまま動かなかった。すると、茂みから出てきた何者かは、少女に向かってボウガンで矢を射った

 

 

考察と感想

がっこうぐらし!6巻でした。

現実世界に戻り始めているゆきが頼れる行動を取るようになってきたことで、3人は少なからず影響を受けるようになってきました。

また言いますがラジオお姉さんをわざわざ屠る必要はないんじゃないの?と思います。一回ゾンビになりかけたくるみは、何を思ってそうするのか。薬の効き目が完全じゃないのか副作用か一時的なものなのか色々考えられますが、本人はそれを分かっているフシがありますね。

りーさんの情緒不安定な大きな原因が少し緩和されましたが、少女はどうして無事だったのか、他に生存者はいなかったのか、未確認なことが多いですね。

がっこうぐらし!を無料で読むにはこちら

スポンサーリンク