スポンサーリンク
スポンサーリンク

異常者の愛1巻ネタバレ感想

作・千田大輔

「異常者の愛」1巻。

女子小学生が起こした殺人事件は、どこまで尾を引いてしまうのか・・・

 

 

異常者の愛

一之瀬一弥(いちのせ かずみ)。小学5年生。

 

二海二美香(にいみ ふみか)。小学5年生。

 

カズミとフミカは幼馴染みで、彼はフミカが好きだった。

 

それを隠さず、一緒に帰ろうと毎日のように誘い、彼女も邪険にしながら満更じゃなく一緒に帰っていた。

 

 

一緒に帰る約束をした日の放課後。

カズミは廊下で一人の女子とぶつかってしまった。

 

三堂三姫(みどう みき)。小学5年生。

 

クラスでもあまり目立たない女の子だった。

 

委員会用の荷物をいっぱい抱えていた彼女を手伝って初めて喋ると、意外と明るいやつなんだなとカズミは思った。

 

 

その次の日も、フミカと帰る約束をしていたけれど、その前にミドウに呼び出されていたので会いに行った。

 

実は私達が話したのは昨日が初めてじゃないんだよ、と話し出すミドウ。

 

その時がきっかけで好きになりました。

そう彼女に告白されるが、カズミはフミカが好きだからと断った。

 

すると彼女は、

「もしフミカちゃんがいなかったら、好きになってくれてたかな?」

と訊いてきた。

 

彼は少しまずいなと思いながらも、もしかしたらそうなってたかも、と希望を持たせるようなことを言ってしまった。

「・・・でも、ごめん」

と念のために添えたけれど、もう彼女はフミカがいない場合の可能性だけを考え

ならよかった・・・

と呟いていた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛1巻

 

 

 

カズミは待たせていたフミカを迎えに教室に戻ると、フミカが血塗れで倒れていて、その前に血で濡れたカッターを握りしめ、返り血を浴びたミドウが立っていた。

フミカはまだ意識があって、カズミが来たことに気付いて目線を彼の方に向けた。

 

カズミは訳が分からず「は?」としか言葉が出て来ない。

 

ミドウは嬉しそうに喋り出した。

「どうかな・・・一之瀬くん。これで付き合ってくれる?

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛1巻

 

 

彼好みの女の子にイメチェンしたような、屈託ない笑顔を見せるミドウ。

 

「は?」

 

まだそれしか言葉が出て来ない彼に、

「一之瀬くんが言ったんだよ!もし・・・フミカちゃんがいなかったら・・・って」

 

 

その時、警備員が通りかかって、ミドウが腕を引かれて連れて行かれた。

 

ミドウは連れて行かれる直前に

「私が先だったんだよ。カズミ」

そう言い残した。

 

 

カズミは振り返って倒れているフミカを見た。

しかし、彼女は彼を見つめたまま動かなくなっていた。

 

 

 

6年後。

高校2年生になったカズミは、美術部に入って、絵とも言えないような何かを描き殴ってストレスを発散させる毎日を送っていた。

 

そんな彼の唯一の友達は、五条五樹という少しバカな男子一人だけだった。

 

そして、なぜかカズミを一途に想い続けている四谷四乃という同級生が、足繁く美術室に顔を出して、隙あらば彼に告白していた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛1巻

 

 

彼は自分が幸せになる資格なんてないと思い、何度も告白を断っていたが、ついに根負けして一度だけデートをすることになった。

 

 

次の日曜日。

少し早めに待ち合わせ場所に着いたカズミは、ふと横断歩道を挟んだ向こう側に、ミドウが無邪気な笑顔で信号待ちしているのが見えた。

しかし、トラックが通り過ぎて視界を遮った直後、そこにミドウの姿はなかった。

 

嫌な錯覚を見た。

そう思おうとした時、四谷がやってきた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛1巻

 

 

私服の彼女を見て、やっぱり女の子なんだなあと感想を漏らすと、思った以上に彼女をドギマギさせてしまう。

 

その後は普通にデートを楽しんだ。

 

でもそれが彼を罪悪感で押し潰そうとして、やはり彼女の告白を受け入れる気にはなれなかった。

スポンサーリンク