スポンサーリンク

じけんじゃけん2巻
ネタバレ感想

じけんじゃけん2巻のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

名は体を表す白銀百合子は、まさに絶世の美少女。

しかしてその実態は、血が吹き出るミステリ小説大好きの軽い変人。

彼女に恋焦がれる戸入や、彼に恋焦がれる四ツ名と共に、今日もミステリを語る。

 

けんしじゃけん

今日も今日とて、唐突にミステリにおいて何が重要であるか話し始める百合子先輩。

 

今日のテーマは検死

 

死因や死亡推定時刻を割り出す非常に重要なこの作業は、ミステリにおいてなくてはならないものの一つだ。

 

 

一般的に検死を行うのは医者や監察医に限られる。

だが、ことミステリにおいてそんな常識は通用しない。

 

陸の孤島。

絶海の孤島。

 

外界と遮断されるのが当たり前となるミステリ世界では、探偵役たちが検死を行う事も珍しくない。

 

と言う事で、そう言うときに備えて今日は検死をやると言い出す先輩。

じけんじゃけん

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん2巻

 

 

 

死体役は先輩自ら。

今日は他に戸入しかいないので、彼が必然的に検死をする役目を任された。

 

先輩が準備する間廊下で待機して、いざ事件現場に突入。

 

 

机をいくつか並べた上には、「異状死体」と書いた張り紙を顔面に貼り付けた先輩が横たわっている。

 

検死の練習なのだから、死体役の先輩の身体を調べて死因を特定しなければならない。

 

しかし、少し捲れあがった制服の隙間から覗く胸元や太ももが艶めかしすぎて、変な気を起こしそうになる。

じけんじゃけん

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん2巻

 

 

 

男戸入は考えた。

 

検死は死体の服を脱がして満遍なく調べる必要がある。

だが、ほんのお遊び程度の今、そこまでしたら嫌われるかも知れない。

 

いや、スカートを捲るくらいはしても大丈夫かも知れない。

 

もやもやと考えた末、とにかく嫌われたくないと思った。

 

 

捲るのは諦め、傍に落ちている割れた花瓶に注目。だが、頭部に損傷はないので撲殺ではないと分かった。

 

次に首を見てみると、手で絞められたような痕を見つける。

すると、その時の彼のソフトタッチで先輩は我慢できずに何とも可愛い喘ぎ声を漏らしてしまい、死体の役目を疎かにしてしまった。

じけんじゃけん

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん2巻

 

 

 

さあ、双方ドキドキしながら、首の痕の次に目がかなり充血しているのも確認した彼は、絞殺による窒息死だと断定。

 

だが、先輩は即否定した。

目の充血は前日の寝不足によるもので、首の痕は生まれつきだと後付けで設定を組み込み、正当な抗議には逆切れで応答。

 

 

正解は毒物の注射らしく、自ら足をあげてスカートをはだけさせ、ギリギリの内ももの際どいところにある針の痕を見せてくれた。

じけんじゃけん

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん2巻

 

 

スカートを捲っておけば良かったとめちゃくちゃ後悔した。

じけんじゃけん

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん2巻

 

 

だっしゅつげーむじゃけん

掃除道具入れとして使ったり、更衣室で衣服をかけておくような長細いロッカー。

教室の片隅に一つ設置されている、人が入るには狭いロッカー。

 

その中に、なぜか戸入四ツ名がぎゅうぎゅうになって入っていた。

じけんじゃけん

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん2巻

 

 

 

時は、ほんの数分前に遡る。

 

最近巷で話題の脱出ゲームのロッカー版を作ったと言い出す先輩。

 

本来は一つの部屋の中にヒントを散りばめて、制限時間内に脱出するものだが、そこまでの規模になると最早業者レベルなので、先輩は個人的にロッカーを改造したそうな。

 

 

と言う事で、戸入を押し込もうとしているタイミングで四ツ名も教室にやってきた。

 

何やら危なそうな匂いを感じ取ったものの、脱出ゲームはアプリとかで結構やりますよと答えてしまったのが運のツキ。

いや、ラッキーだった。

 

そして冒頭のぎゅうぎゅう詰め状態になったというわけだ。

 

 

彼女は一人だけドキドキしていると思ったが、実は彼も改めて四ツ名の女の子の部分が視界に入ったせいで、急激に恥ずかしくなってくる。

主に、胸の谷間とか。

じけんじゃけん

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん2巻

 

しかし、パッと顔を背けられた彼女は、意外と今日が暑かったせいで汗臭いんではないかと心配し始めた。

スポンサーリンク