スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロッタレイン1巻ネタバレ感想

ロッタレインのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

松本剛のロッタレイン単行本連続刊行第1巻。

母と息子を捨てて浮気相手の元に去った父。

残された息子がやがて大人になったとき、否応なく父とその家族と暮らすことになった。

 

 

 ロッタレイン

玉井一はバスの運転手をしていた。

上司には毎日のようにパワハラを受けてストレスを溜め込み、付き合っていた同僚の女性はその上司に寝取られ、ついに彼は事業所に突っ込むという事故を起こしてしまった。

 

 

幸い、怪我人は彼一人で済んだが、去年母を亡くしたばかりの彼は天涯孤独の身になった。

 

 

 

病室で一人になると様々な悲しみが押し寄せ、涙が溢れてきた。

 

その時、見知らぬ少女が訪ねてきていきなり「来ないで」と言い残して去っていった。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン1巻

 

 

するとその少女はしばらくした後で、初老の男性と一緒にまた訪ねてきた。

 

その男性は一を捨てたで、少女は再婚相手の連れ子で中学生の初穂と言った。

 

血は繋がっていなくとも妹だった。

 

 

14年前に家族を捨てた父は一が事故を起こして重傷を負い仕事まで辞めたと聞き、せめて足の骨折が完治するまででも一緒に暮らそうと伝えに来たのだった。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン1巻

 

 

初穂が「来ないで」と言った意味が分かった。

 

 

彼は今更何を言ってるんだと反発したが、結局父が新しい家族と住んでいる新潟県長岡市で静養の日々を送ることにした。

 

 

花火が全国的に有名な長岡市。

まさに去年の開催日のその日、一の母は亡くなっていた。

 

 

 

再婚相手の名前は美子と言い、父との間に澄也という男の子を作っていた。

 

美子は土下座をして一に詫びたが、彼は彼女に今更憎しみを抱いていなかったし、澄也と言う名前が父の真澄から一文字取っていることのほうが気になった。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン1巻

 

 

 

家では鶏を飼っていて、一がやって来た歓迎として一羽を〆て鳥鍋を作ってくれるらしく、その役目は初穂がするようだった。

 

彼女は彼への嫌悪感を隠そうともせず、この家に来た異分子として接してきた。

 

彼も自分の年齢より半分以上も年下の女の子の態度に内心イラついたが、弟が血を出した指を躊躇いなく口に含んだ仕草に、思わずゾクッとした。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン1巻

 

 

 

その日はどうも彼らの前では飲む気がせず、食後にコンビニで缶ビールを買って飲んで家に戻った。

 

すると、庭に面した一つの窓から姉弟の声が聴こえてきた時、松葉杖がつっかえて転んでしまう。

初穂は裸を見られるのも構わず窓を開け、また怪我をして出て行くのが長引くと困ると言った。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン1巻

 

 

初穂は学校で女子からやっかまれていた。

人気のある奥野という男子が彼女にアプローチしているのが気に食わず、父と姓が違うこと、母が不倫相手なこと、父とは血が繋がっていないことまで知っていて、噂の種にしていた。

 

そうして、偶然見つけた毛虫を体育の授業の時に彼女の制服に置いて様子を観察したが、彼女は憮然としたまま毛虫を素手で掴んで外に出し、誰がやったか分かっているぞと言う風に、字数人の女子を睨みつけた。

 

 

一は出かけた先からバスに乗って帰っていた。

その車内で昨日のコンビニの店員の若い女性が声をかけてくれ、席を譲ってもらった。降りる停留所も一緒で、別れ際まで他愛ない話をした。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン1巻

 

 

 

彼が帰ると、初穂は汚された体操服や制服を洗濯機に入れようとしていた。

 

彼は彼女に歓迎されていないと分かっているものの、なるべく早く東京に戻るからそれまではできるだけ仲良くしようと歩み寄るが、彼女はそれを拒否した。

 

父は血の繋がった長男を気にかけ、彼女は血の繋がっていない自分はないがしろにされていくのだと不安を抱き始め、そんなときに心無いいじめをうけて参っていた。

だからか、疎ましい彼に裸を見られようが、この場で下着姿を見られようが構わないとばかりに制服を脱ぎ出し、弟の幸せの邪魔だけはしないでと告げた。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン1巻

 

スポンサーリンク