スポンサーリンク
著者名:おりもとみまな 引用元:ばくおん!!5巻
スポンサーリンク

ばくおん!!5巻ネタバレ感想

ばくおん5巻のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

時は着々と流れ、クリスマスは過ぎ、年も越してバイク部の面々(来夢除く)は二年生に。

そうなると、入学して来る新入生たち。

果たして、身長も顔も可愛らしいあの子は入部してくれるのか…

 

無事に入試をパスできた由女と千雨。

 

しかし、出会いがあれば別れもあるのが春。

 

来夢先輩が卒業する時期でもあるので、一つサプライズパーティーでも開こうと部室で話し合っていたのだが、ドアの外で本人に聞かれていたのだった。

 

永遠の女子高生来夢先輩は、第二ボタンの争奪戦も悪くないなと思ったが、卒業とは何なのか改めて考えてみた。

ばくおん!!

著者名:おりもとみまな 引用元:ばくおん!!5巻

 

 

 

その頃、校長のたづ子はかつてのバイク部仲間から、娘が自分の高校に入学すると連絡がきて、とてつもない嫉妬を抑えて祝福していた。

 

 

その頃から来夢先輩は来夢先輩としてバイク部にいて、もう20年

 

いつからいていつまでいるのかは誰にも分からない、バイク部の精みたいな存在だった。

 

 

そして来夢先輩は羽音たちのお粗末なライディングテクニックに冷や汗をかき、やはり卒業は考えられず、勝手に留年したことにして、現バイク部員を卒業まで見守ることにしたのだった。

ばくおん!!

著者名:おりもとみまな 引用元:ばくおん!!5巻

 

 

 

桜舞い散る並木道を疾走して、丘の上にある高校に通学しているバイク部員。

 

千雨は通り過ぎていく部員たちが乗るバイクに注目していたのだが、一目見てその車種とシート高がすんなり出て来るほど、足が着くかどうかのデータがインプットされていた。

ばくおん!!

著者名:おりもとみまな 引用元:ばくおん!!5巻

 

 

学校に着けばどうにかして部員を増やそうと狙う先輩たちが溢れており、人を合法的に棒で叩ける剣道部や、合法的に投げ飛ばせる柔道部などが熱を入れて部活紹介をしていた。

 

 

バイク部も急遽参加することにしたが、講堂のステージにバイクを上げるのはさすがに無理なので、どうしようかと頭を捻って考えた。

 

そして軽音部の紹介の後にバイク部が登壇。

 

彼女たちが取ったアピール作戦は、ハンドルだけを持って4大メーカー名をリズムと軽いダンスを交えて連呼するという、コメディ寄りにした滑稽なものだった。

ばくおん!!

著者名:おりもとみまな 引用元:ばくおん!!5巻

 

 

部員じゃない性格のひねくれた凜は、新入生に混じって薄笑いしながら野次を飛ばしていた。

 

クサイ台詞はポンポン出て来るのに、意外とメンタルが弱い恩紗はすぐに天然羽音にMCを丸投げするが、そこは怖いもの知らずの天然の本領を発揮し、一笑い取ってから感動的な雰囲気で紹介を締めるのだった。

 

 

だが、登場と退場の無様な行進で散々笑われたのが千雨には我慢できなかった。

 

足は短いがバイクが嫌いなわけじゃないし、公道で乗るのが怖いだけなのだ。

 

 

バイクが笑われたような気がした彼女はステージに飛び入りし、羽音のハンドルを強奪。

 

そして、いつもレースで体現しているライディングテクニックを見せ始めた。

 

 

ハングオン。

S字コーナー切り返し。

最終コーナー。

ホームストレート。

そしてゴール!

 

 

千雨は爆笑を掻っ攫った。

ばくおん!!

著者名:おりもとみまな 引用元:ばくおん!!5巻

スポンサーリンク