スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロッタレイン3巻ネタバレ感想

ロッタレインのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

年の近い蛍子と親しくなったものの、一はどうしても初穂の唇に吸い寄せられてしまった。

父も二人が近づいていくのに気付き、また心労が重なっていく。

澄也も姉が変わったのを知り、異常な奥野は自尊心を取り戻す機会を窺っていた。

 

ロッタレイン3巻

初穂は体育の授業で走り高跳びをしていたが、真っ青な空がきれいに見えたのに、一度でバーを跳び越すことができなかった。

 

 

その日の放課後、奥野に襲われた時に密かに尾行していた3人にカラオケに誘われ、晩御飯の準備を理由に断ろうと思ったが、彼女たちが純粋に誘ってくれているように見えて、心変わりした。

 

 

彼女たちはアニソンをノリノリで歌い終わった後、一の話題を振ってきた。

 

年が離れてる兄妹なのを驚かれたが、初穂は兄じゃないと答えた。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン3巻

 

 

 

カラオケが終わって彼女たちと別れ、一に遅くなりそうなのをメールしようと思ったが、それを消去した直後に雨の境目が近づいてくるのを見た。

 

まるで全てを飲み込む洪水のように近づいてきて、一瞬のうちにずぶ濡れになってしまった。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン3巻

 

 

 

すっかり暗くなった8時頃に仕事終わりの一が家に着いても、まだ初穂は帰っていなかった。

 

父も澄也も友達の心当たりもなく、一は帰って早々、また車に乗って飛び出した。

 

 

蛍子が働いているコンビニにも寄ったが、彼女も今日は見ていないようだった。

 

行く宛てもなく学校の前に車を停めたとき、初穂から電話がかかってきて、出雲崎行きのバスが通った道のどこかにいると言うので、一はそれがどこか知らなかったがすぐにナビに入力してアクセルを踏んだ。

 

 

初穂は友達が歌っていたアニソンを口ずさみながら、あっという間にできた水溜りに足を踏み入れた時、クラクションが耳を突き抜けた。

 

 

運転席から飛び出してきた一は大きな声で叱った後に、優しく抱きしめた

 

しかし初穂は海に行きたいと言いだした。

 

 

もちろん一は心配しているからすぐに帰ろうと宥めるが、分別のある大人のくせに、あの夜どうしてキスしようとしたのかと問い質された。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン3巻

 

 

何も言えなくなった一は折れ、シートベルトをするよう言って海の方向に走り出した。

 

そして酔ってした過ちだと言い訳しながら、酔ってなくてもするべきじゃなかったと謝った。

 

 

 

初穂は初めて雨の境目を見た話をした。

 

 

海は真っ暗で、全く青く見えなくて恐ろしいほどだった。

 

それでも初穂は靴下を脱ぎ、海の中に入っていった。

 

 

一が車のヘッドライトをつけて彼女が浮かび上がると、キスしようとしたことをなんで謝るの?と目を潤ませながら声を荒げた。

 

彼は彼女の魅惑的な唇にまた視線を吸い寄せられ、靴も脱がずに波をかき分けていったが、顔に思いっきりかかって笑われてしまってから、挑戦的な瞳の彼女を今度は強く抱きしめた。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン3巻

 

 

 

帰りの車中で初穂が高校を卒業するまでただの兄妹でいようと話し、お互いの気持ちを確かめ合った。

 

 

父は二人してずぶ濡れで帰ってきたことを怪しんでいたが、その夜に深く追求はしなかった。

 

 

早朝にコインランドリーで制服を乾かした初穂は、その日に男子に告白されたが、約束した人がいると答えて断った。

 

そして下校しようと校門を出るところで、奥野に一とデキてるのかと絡まれた。

 

 

彼はまだ初穂に未練があり、年も離れて家族として暮らしてる相手とそういう関係になるのをとにかく蔑んで自分を見させようとしたが、ただ余計に嫌われただけだった。

 

 

その後一人になって初穂の盗撮写真を見つめていると、尾行していた女子の一人の中島に声をかけられ、また初穂に絡んでいたことを注意された。

 

しかしその中で、あの工事現場のいざこざを動画で撮っていたらしいのを知った。

 

 

 

翌日一の職場に、助けに来てくれた一に初穂が抱きついた時の静止画が添付され、年の離れた妹といかがわしい関係を持っている社員がいると苦情のメールが送られてきた。

ロッタレイン

著者名:松本剛 引用元:ロッタレイン3巻

 

 

社長はそれを性質の悪い悪戯だと信じ、消去した。

 

 

初穂も、学校で何か騒がれるようなことはなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク