スポンサーリンク

マザーグール2巻
ネタバレ感想

マザーグールの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

巨大な目玉を持つ化け物が生息する島に漂着したお嬢様学校の女子高生たち。

その中ではぐれ者の数人と行動を共にすることになった朔也は、今まで関わりのなかったその3人と深い絆を築いていた。

しかし、洞窟に逃げ込んだ時に怪物に襲われ、離れ離れになってしまう。

 

笙子グループ

朔也が目を覚ますと、まず視界に入ったのは見覚えのない美少年だった。

 

 

それに驚いた直後、ボートでこの島に着いたと聞かされていた笙子グループのメンバーがいるのにも気がついた。

 

 

ただ他の3人のうち、一緒に助けられたのはすずだけだった。

 

 

そのすずは今いかだ作りの手伝いをしているらしく、この島に来るのに使ったボートは、なぜか知らぬ間に流されたようだった。

 

そして朔也が最も会いたかった愛しの君の草間トリノは、もうこのグループから抜け出していた。

 

無事に他の同級生たちと合流できたのはいいが、このグループはどうも腑に落ちない出来事に覆われているようだった。

 

 

 

すずとも助かった喜びを分かち合ったが、気がかりなのは行方の知れない二人のこと。

 

すずは下を向きながら楓子の行方を知らないと答えるし、朔也も自分を助けようとしたなつのがどうなったのか分からなかった。

 

 

二人のことは改めて探しに行くとしても、腕をけがしているすずでさえいかだ作りに汗を流しているのに、笙子と取り巻き数人は一切参加しておらず、高みの見物を決め込んでいた。

 

それを責めると彼女たちは「優しいのですね」などと褒めてくるが、それよりも怪我を押して働いているすずの方が優しいと声を揃え出した。

 

 

そして彼女たちは、この中で一番優しいすずならマリア様の加護が得られるはずだと勝手な理屈を作り上げ、いかだで助けを呼ぶ役をすずに押し付けた

 

 

近くの岸壁には、既にいかだの残骸があった。

 

その小さな岬の先にはできたてのがあり、そこには眼鏡でお下げで自己主張が控えめな柿沼が埋められていた

 

 

つまり、最初にいかだに乗る役を押し付けられ、死体になって島に戻ってきたのだった。

 

 

彼女たちは自分が犠牲になるのを恐れ、止めようとする朔也を押さえつけて無理やりすずをいかだに乗せて大海原に押し出した。

 

 

笙子が信じましょうと言えば、皆は録音された音声をリピートさせるように、同じ言葉を吐き出し続けた。その異様な光景の先に、泣き叫ぶすずがいた。

 

 

朔也はすずを助けるため、笙子に依存することで罪の意識から逃れようとする彼女たちを責め、海に向かって走り出した。

 

しかし、数で押さえつけられてリンチされてしまう。

 

それでも意地で反撃し続けていたその時、なつのと楓子が無事な姿で現れてくれた

 

そして3人は急いですずを追った。

 

しかしすずは、楓子が追いかけてくるのを見て逆に沖に向かって漕ぎ出した

 

 

あの洞窟の天井の穴から逃げ出そうとする楓子を、すずは思わず突き落してしまっていた。その負い目から、せめて今回は命をかけて助けを呼びに行こうと思ったのだった。

 

 

だが拙いいかだは波ですぐに破壊され、4人は丸太にしがみつくことになった。

 

楓子はもちろん怒っていたが、わざとじゃないのは分かっていたので謝れば許そうと決めていた。

 

なぜなら、すずが腕にある無数の傷を見られたくなくて、袖を掴まれるのに恐怖を感じただけだったと分かったからだ

 

すずは素直に謝り、楓子は彼女を許し、また危機に瀕して絆を深めた4人。

 

 

そんな彼女たちとは正反対に、一人を犠牲にして助かろうと考えた笙子グループは、化け物の群れに襲われていた。

 

 

化け物の生態と新たな脅威

近くの岸壁に流された4人は這い上がり、無事を喜び合った。

 

 

楓子は、洞窟内に落ちた時に化け物に捕まり、死を覚悟したのだと言う。

 

だが、あの巨大な歯が首に当てられ、腹を引き裂かれると思った直後、なぜか化け物は楓子を放り出してどこかへ行ったのだった。

 

 

殺されなかった理由を、目的を果たせる対象と見なされなかったからじゃないか、と楓子はある人に言われていた。

 

そのある人とは、朔也が会いたくてたまらない草間トリノだった。

 

 

トリノは宮城野エリカ皆川純と行動を共にしていて、もしかしたら病気か、乱れた男性関係の噂がある楓子のことだから、妊娠しているせいで見逃されたのではと、憶測が飛んだ。

 

もちろんまだ未経験の楓子は処女だとは言わずに生理痛でピルを服用してるからあり得ないとだけ否定した。

 

するとトリノは、ピルが経口避妊薬だから化け物は忌避したのかもと言った。

 

 

その後でトリノたちはもう一人一緒にいた小岩井を探しに出発し、楓子たちと別れた。

 

 

 

朔也はトリノと会えて羨ましがると同時に、とにかく彼女が生きていてくれたことに涙を流した。

 

また4人が一緒になり、トリノの生存も確認できていいことが続いた直後、彼女たちはボロ切れを纏った原住民らしき4人の人間を目撃した。

 

しかし朔也は追ってはいけないと3人を止めた。

 

 

洞窟から抜け出して意識を失う直前、目と鼻と口を縫い閉じられたエルレシアン生徒の遺体を見つけてしまっていた朔也は、そんなことがあの化け物にできるわけがないと嫌でも分かっていた。

 

だから、それをしたのは手先を器用に扱える人間しかおらず、それがどんな理由にせよ、自分たち漂着した人間以外しか犯人はいない。

 

 

希望になり得ると思った原住民らしき人間も危険だと分かり、楓子は落胆した。

 

その時、すずはいかだに乗っていて、海流とはまた違う不思議な力で島に押し戻される感覚を感じたことを思い出し、どうやってもこの島から出られないようになっているかも知れないと思った。

 

あの洞窟にいた、兵隊の骸骨のように。

 

だがそんなことを口に出せるわけもなく、この島で一番頼りになりそうなトリノと合流してはどうかと提案した。

 

 

実は明け方と日暮れ前に狼煙を上げて、無事と位置情報を知らせると楓子たちとトリノは約束していたらしく、朔也をそれを聞いてまた喜びと小出しにされるトリノ情報に不満を漏らした。

 

 

話がまとまって出発しようとした時、さっきの原住民が何かを口ずさみながら戻ってきた。

 

それは童謡の赤とんぼだった。

 

 

楓子は話が通じるかも知れないと思い、思わず飛び出して彼らの前に出た。

 

そして目の当たりにした4人の顔を見て驚愕する。

 

全員深い皺が刻まれた相当な老人だった

 

 

彼らは楓子を無視して先に進んでいった。

 

その踏み固めていった道筋には、夥しい血の痕が残っていた。

 

 

 

朔也たちは原住民が来た方の血の痕を辿ってまた浜辺に出た。

 

そこには、誰のものとも知れない何本もの手足が落ちていて、綺麗な砂浜が赤色に染まっていた。

 

 

一体何が起こったのか。

 

地獄絵図に言葉も出ないでいると、近くの茂みでちなみが気を失って倒れているのを見つけた。

 

 

 

まず無残に打ち捨てられている手足を穴を掘って埋めてから、恐怖に震えるちなみから何があったのか話を訊いた。

 

 

朔也たちがすずを追っていった直後、どこからともなく現れた化け物たちに数人が捕まり、腹を引き裂かれ、まるで海亀が産卵するように卵を産み付けられた

 

そして化け物がいなくなった後でぼろ切れを着た4人の老婆が現れ、殺された彼女たちの手足を一人ずつ斧や鉈で叩き切り、胴体をシーツに包んで持ち去っていったらしい。

 

 

その話を聞いて、朔也は自分が見た穴を縫い閉じられた遺体に手足があったようには見えなかった可能性に思い至った。

 

 

なつのはそれを、それは捕食寄生かも知れないと言った。

 

別の生物の身体に卵を産みつけ、孵化すれば宿主を栄養源にして子供を成長させる、ハチなどが持つ習性の一つだった。

 

だから、薬物が子供の成長に悪影響を及ぼすかも知れないと察知し、楓子は殺されずに済んだのかも知れない。

 

そんな仮説以上に、今はどうして人間が化け物の繁殖を手伝っているのかが重要だった。

 

 

トリノの元へ

殺された同級生たちの墓を作っている間に陽が暮れてくると、約束通りにトリノたちが上げた狼煙がジャングルの中から立ち昇ってきた。

 

 

浜辺にいたのは生徒9人と謎の男の子一人。

見つかったのは4人分の手足

 

その中に朔也は、仲良しの子がいつも穿いている見慣れたストッキングを穿いた足があるのに気付いていた。

 

 

生きてこの島を脱出するため、彼女たちの分まで生きるため、4人の墓に花を手向けてから、無理やりにでも夕食を摂って明日への糧にした。

 

 

 

翌朝、上がるはずのトリノからの狼煙が上がらなかった

 

 

昨日の夕暮れ時に上がった狼煙の位置の見当をつけ、遠回りになるがそこまで行く一番安全な崖伝いの道を進むことにした。

 

 

しばらく浜辺沿いを進み、ジャングルの中に入って程なく切り立った崖沿いの道に出た。

 

楓子が先頭を歩き、なつのがしんがりを務めてしばらく経つと、ちなみはなつのとこうして歩くのは久しぶりだと話し出した。

 

 

なつの、ちなみ、アンナ、そして笙子の4人は子供の頃はよく一緒に遊んだ仲だった。

 

 

なつのはただ一人笙子をちゃん付けで呼ぶ同級生だったが、時折、子供の頃から彼女に怖さを感じていた。

 

その時々で欲しい言葉をくれる勘の良さが、どこか心を読まれているようだったのだ。

 

 

 

さらにしばらく進むと、行く手に2体の化け物がいた。

 

ただ今まで見た大きなものと、洞窟で見た小さなものの中間程度の大きさで、人間で言えば小学生か中学生といった感じに見えた。

 

その程度ならどうにかできると思い、朔也と楓子が先陣を切って奇襲をかけ、続いてなつのとすずが追い討ちをかけ、一匹に棒を突き刺して崖下に落とすことに成功した。

 

 

頼りがいがあり過ぎるワイルドさにちなみが感動し、再び列になって進み出した直後、逃げていった一匹が崖から手を伸ばしてきた。

 

ちなみの足を掴もうとしたそれに気付いたのは、一番後ろにいたなつのだけだった。

 

 

感想

マザーグール2巻でした。
面白度☆8 HOLYHOLY度☆6

少しずつ前作のHOLYHOLYとの繋がりが濃くなってきて嬉しい限りです。

旧約マザーグールと改題されているらしいので、そっちの方が手に入れやすいかも知れません。

トリノと朔也の絡みが3巻で見られることに期待して、あの原住民の顔を見た瞬間、ルパンの映画に出てきたマモーを思い出しました。

気持ち悪さではいい勝負ですね。

スポンサーリンク