スポンサーリンク
著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛2巻
スポンサーリンク

異常者の愛2巻ネタバレ感想

幼馴染みで好きだったフミカを殺されたカズミ。

やがて高校生になった彼は、再び大切に思える女の子ができたが、それを待ち構えたいたかのように殺人犯のミドウが現れ、また凶行に走った。

 

夢の終わり

四谷は台車に乗せられてきた。

 

目隠しとヘッドホンを被せられ、大音量で何かを聴かされているようだ。

 

 

カズミは声を荒げて怒りを表すが、ミドウが口を手に当てて何をしでかすか分からない表情を見せると、黙るしかなかった。

 

 

立たせられた四谷の腹部にはバツ印で切り傷が走っていて、血が滴っている。

 

ミドウはそこを指先で刺激し、しつけてあげただけだと満面の笑顔を見せる。

 

 

猿轡を外し、ヘッドホンの片方を外して口元を近づけ、何か囁いた。

 

すると四谷は身体をビクッと震わせ、謝罪の言葉とカズミが嫌いだと叫ぶように連呼し始めた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛2巻

 

 

このカッターで刺し、引き裂いた傷がカズミを好きでいられた時間だとのたまい、自分なら愛を貫いたまま死ねるとミドウはほざいた。

 

台車の上は失禁でぐしょぐしょに濡れていた。

 

 

好きな人は傷つけたくないし、カズミの浮気相手に罰を下せるのは自分だけ。

 

彼がまだ心折れずにミドウとするのを拒むと、彼女はカッターの刃をチキチキと滑り出させ、彼が止めろと言うのと同時に、四谷の胸の膨らみの上辺りを躊躇なく突き刺した

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛2巻

 

 

皮膚と肉に空いた穴から血が流れ出し、四谷は激痛に叫ぶが、静かにと囁かれれば瞬時に口を閉じた。

 

 

彼は諦め、何でも言う事を聞くと言うしかなかった。

 

一先ず納得したミドウは彼の膝の上に乗り、さっそくキスをした。

 

股間を触れば素直に大きくなってくれるのに笑みを漏らし、教室の中に引きずり込んだ。

 

 

 

ミドウが服を脱ぎ、自分も脱がされながら、彼は四谷と出会ってから今までの事を思い返していた。

 

そんなことは知る由もなく、ミドウはちゃんと勃っている彼に跨り、処女膜が破れる痛みも喜びでかき消して、拘束して動けない彼の代わりに自分勝手に腰を振り続けた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛2巻

 

 

屈辱に彼が顔を歪めていても舌を差し入れ、痛みが和らいで少しずつ気持ちよさを感じられてきたところで、彼の熱い液体が注ぎ込まれるのを感じて、すっかり満足していた。

 

 

 

彼は警察に言って、もう一度ミドウを一般社会から消すつもりだった。

 

しかし、四谷の卑猥な写真をネタに阻止され、何も悪い事をしていないのにこんな酷い目に遭う境遇とミドウを呪った。

 

だがあくまでミドウの中では、期待を持たせるように振ったカズミが悪く、フミカより自分の方が先に好きになったのだと知っていた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛2巻

 

 

ミドウは彼が注ぎ込んだお腹をさすり、股の間から血を滴らせたまま姿を消した。

 

 

 

身体の自由を取り戻したカズミは四谷の拘束を解き、ヘッドホンと目隠しを外した。

 

彼が上着をかけ、心配して手を伸ばそうとすると、彼女は反射的に振り払った。ヘッドホンでは絶え間なく「一之瀬くんなんか嫌いです」と言わされた彼女の声がリピートされていた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛2巻

スポンサーリンク