スポンサーリンク
スポンサーリンク

がっこうぐらし!8巻ネタバレ感想

がっこうぐらしのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

43話から48話を収録。

大学にたどり着いたゆきたちだったが、構内は二つのグループが袂を分かち、一触即発のムードを漂わせていた。

生き残るための武力を良しとしない穏健派と生活を共にするようになったが、武闘派の一人がゾンビに変わってしまったことで、剣呑な空気が色濃くなり始めていた。

 

武闘派メンバー

ジャージを肩にかけ、憂いを帯びた表情で中央にいるのが神持朱夏(アヤカ)で、このパンデミックが起こった世界で自分こそが選ばれ生き残れるのだと思い込んでいる。

巨乳でお腹に手を当てているのが右原篠生(シノウ)。ゾンビ化してしまった高上の子供を宿している。

金髪のイケメンは頭護貴人(タカヒト)で、武闘派の実質的リーダー。

高身長の黒髪長髪が城下隆茂(タカシゲ)。力が物を言うこの状況で他者を見下す本性を露にしている。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし8巻

 

 

8巻のネタバレ

ゾンビになった高上はフラフラと彷徨い出し、どこからか聴こえてくる音楽に誘われていく。

 

階下から聴こえてくる音に階段の前に立つと、誰かに背中を蹴られて転がり落ちた。そのすぐ横の部屋の中が音の出所で、窓の外にポータブルプレイヤーが吊るされていた。

 

窓下には丁寧に踏み台が置いてあり、彼は本能のままに手を伸ばして地面に落ちた。

 

シノウが上の階の窓からプレイヤー回収するのが、まだ残った意識の中で見えた。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし8巻

 

 

高上が墓に入ったのを確認した武闘派たちは、どうして彼が感染してしまったのか話し合い始め、自殺はあり得ないとシノウが証言したことから、他殺だとしたら穏健派の仕業に違いないと結論付けた。

 

 

 

製薬会社のランダルコーポレーションに行く準備を進めていたゆきたちは、穏健派メンバーが書いていた日記のようなものを見つけた。

 

その中には、今ここにはいない「スミコ」という名前もあった。

 

どんな人なのか気になった美紀がトーコに訊くと、ゴスロリで酒豪で酔うと六甲おろしをよく歌う女の子だと教えてくれた。

だが、美紀は六甲おろしを知らなかった。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし8巻

 

 

 

翌日に出発を控えた穏健派は、ささやかな打ち上げを開いて英気を養っていた。

 

その様子を別棟から覗き見ていた武闘派は、高上を殺したから全員で逃げ出すつもりだと勘違いし、黙って見過ごせないと考えた。

 

 

 

出発前夜の廊下で、美紀はアキがタバコを吸っているのを見てしまった。

 

時々吸ってしまうのだと苦笑いする彼女に、武闘派のことを訊いてみると、特にアヤカには気を許さない方がいいと教えてくれた。

 

 

まだアキが武闘派に所属していた頃、ゾンビ化した仲間を閉じ込めた墓を見下ろしながらアヤカが微笑んでいたことがあり、それを見てしまったアキは、もう一緒にはいられないと思ったのだった。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし8巻

 

 

二人が話しているところに通りかかったくるみは、とっさに隠れて二人をじっと見た。

 

すると、視界に靄がかかったように二人が大切な仲間に見えなくなってきた。

 

 

抗いきれないと思ったくるみはそこから逃げ、ポケットに忍ばせた手錠を触りながら空を仰いだ。

 

部屋には戻らず、一人で車の中のベッドに入ったが、我を忘れて好きだった先輩を喰らっている悪夢を見ている途中で目が覚めた。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし8巻

 

 

自分で繋いでいた手錠を外した直後、武闘派のタカシゲが得物を持って外をうろつき、車に侵入しようとしているのが見えた。

 

 

彼のことを知らなかったくるみが外に出て姿を見せると、彼はバールを持ったまま強引に手首を掴んでどこかへ連れて行こうとした。

 

しかし、くるみの肌の冷たさに気づくと手を離し、有無を言わさずバールを振り下ろしてきた。

 

 

くるみは咄嗟に避けて距離を取り、一目散に逃げ出した。

 

 

相手の呼吸が乱れてきた頃に足を止め、相手が話しかけるに任せた後、身長より高い塀を身軽に登って再び逃げる。

 

それでもまだ執拗に追いかけてくるので、足を止めて相手の殺意が変わらないのを確認すると、最後の手段を取ることにした。

 

 

シャベルでフェンスを叩いて音をかき鳴らし、辺りのゾンビを集めた。

 

くるみには見向きもしなくなった数十体のゾンビたちは彼を取り囲んで襲い始める。

 

彼の命乞いと断末魔の叫びが聴こえてくると、どうしようもなくやるせない悲しみがこみ上げてきた。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし8巻

スポンサーリンク