スポンサーリンク
著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし9巻
スポンサーリンク

がっこうぐらし!9巻ネタバレ感想

がっこうぐらしの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

49話から54話を収録。

 

高上がゾンビになってしまったことで両グループの溝は深まり、武闘派は穏健派に犯人がいると決めつけて強攻策に出た。

それぞれ奇襲を受けて捕まっていくゆきたちと穏健派メンバー。

しかしくるみだけは、ゾンビを呼んでタカシゲを返り討ちにしていた。

 

9巻のネタバレ

結局くるみ以外は捕まり、ゆき、りーさん、美紀の3人は一つの部屋に閉じ込められていた。

 

ただ手足を縛られるようなことはなかったので、りーさんは聞こえるはずのないるーちゃんの泣き声が聞こえると言って出て行こうとする。

 

唯一正気を保っていた美紀が止めるが、りーさんの眼は虚ろで青ざめていた。

 

 

その時、シノウが入ってきた。

 

3人を部屋の奥に促し、誰が高上を殺したのか訊いて鋭く睨みつけてくる。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし9巻

 

 

その前に、3人はそもそも目の前のシノウの名前も知らず、高上が誰かも分からなかった。

 

まずそれを質問すると、シノウは名前を名乗ってから、最初にボウガンを撃ったのが高上だと伝え、彼がゾンビ化してしまった事実を伝えた。

 

外に出てもいないのに変わったのなら、同じタイミングで現れたゆきたちが怪しいと考えたのだと包み隠さず話した。

 

もちろん彼女たちに殺す動機も必要もなく、やっていないので首を横に振ると、シノウは拍子抜けするほどそれをすぐに信じた。

 

シノウ自身も、最初から疑ってなどいなかったのだ。

 

 

逃げられるように鍵を開けたまま出ていこうとすると、りーさんは私の妹のるーちゃんはどこだと叫んだ。

 

美紀がすぐにシノウに耳打ちして事情を話し、探しておくと伝えて部屋から出て行った。

 

 

 

その直後、今度は誰かが窓を叩いた。

 

それはゾンビではなくリセだったが、窓を破って脱出したからか肩から血を流していた。

 

リセは他の部屋に閉じ込められていたトーコたちと一緒に、武闘派と話し合うために残るつもりだと言う。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし9巻

 

 

3人はまず車を確保するために外に出て、車内にくるみが何か残していないか探し始めると、ゆきはベッドに手錠が残されているのを見つけ、あれから毎晩自分を制御していたのだと思うと、自分のことのように辛くなった。

 

これからどうするか話し合うが、3人ともくるみたちを置いて逃げるなど考えられなかった。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし9巻

 

 

 

トーコたちは自分たちから捕まりに行き、武闘派と対峙していた。

 

高上がゾンビになる直前に接触したのがゆきたちだが、接触といっても彼が遠距離からボウガンを撃っただけで発症する要素はない。しかし、どんな情報を持っているかも分からない新入りなら可能性を否定できない。

 

だからこそ話し合うべきだとトーコは提案するが、タカヒトは考えることを放棄してトーコたちに責任を押し付けて声を荒げた。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし9巻

 

不必要に焦った彼の様子に、アヤカは違和感を抱いた。

 

 

 

美紀は一人でくるみたちを探しに校舎の方に戻って行った。

 

残されたゆきは、疲弊しきっているりーさんを慰め、落ち着かせようと声をかけて励ました。するといつの間にか眠っていた彼女の寝顔にホッとしたのも束の間、窓から見える暗がりの中にツインテールの人影が動くのが見え、起こさないようにそっと外に出た。

 

 

 

美紀はまず理学部棟に行き、インターホンを押して青襲を呼び出した。

 

くるみがここに来ていないのを確認すると、聞かれるまま今何が起こっているのかを話した。

 

話を聞いた彼女の答えは、考えないようにしていた最悪のものだった。

 

 

 

その頃、興奮してトーコの胸倉を掴んで声を荒げ出したタカヒトは、解毒剤を出せと喚き立てていた。落ち着かせようとしたアヤカの手を振り払った彼の表情は、最早尋常のものではなかった。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし9巻

 

 

感染の兆候を見せ始めた彼からその場にいた全員が距離を取り、シノウは決められたルールに則ってアイスピックを持つ手に力を込める。

 

一触即発のムードの中、彼の体はガタガタと震えていた。だが、この場での争いは起こさず逃げ出し校舎の外に飛び出した時、美紀と鉢合わせる。

 

 

高上のことを決め付けてくる彼に、美紀はさっき聞いた感染経路の話を伝えた。

 

日本、若しくは世界各地で一気に感染が広がるには、接触感染だけにしては早すぎることから、空気感染の可能性が高い。ではなぜ自分たちがゾンビ化していないのかは、偶然、免疫を持っていただけに過ぎない。

そして、免疫を持っていると思われる高上が発症したのは、ウイルスは変異するものだから。それが青襲の答えだった。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし9巻

 

 

あくまで可能性の一つに過ぎないが、現時点では高上とタカヒトが発症した理由はそれで説明できだ。

 

それでも認めようとしない彼を置いて、美紀は穏健派を探しにその場を離れた。

 

 

症状が進んだ彼はフラフラと歩いて門に辿り着き、解毒剤を持っているに違いないと思い込み続け、使わざるを得ない状況にするため、門を解放してゾンビを構内に侵入させてしまうのだった

 

 

屋上からタカヒトの暴挙を見ていたアヤカは、もうこの大学で篭城するのは難しいと思い、混乱が加速していくゴタゴタに紛れて逃げ出すため、放送室の緊急警報ボタンを押した。

がっこうぐらし

著者名:千葉サドル 引用元:がっこうぐらし9巻

 

がっこうぐらし!を読むならこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク