スポンサーリンク
著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子1巻
スポンサーリンク

煉獄女子1巻ネタバレ感想

煉獄女子1巻のネタバレと感想と画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

屍囚獄の室井まさね最新作。

浦辺詩音は今日から高校一年生。

しかし、考えるのはあの人と同じクラスになりませんようにと願うばかり。

中等部から高等部に上がるだけなので、クラスの顔触れがほとんど変わらないのが彼女には辛かった・・・

 

 

1話

新学期が始まる朝、朝食を食べている最中に流れたニュースの内容は、先月、都内で中学生が殺された事件の続報だったが、未だ犯人が捕まっていないというもので、事件のあった学校は始業式を延期するとキャスターは伝えた。

 

 

詩音は憂鬱な気持ちで新しいブレザーに腕を通し、天使の置物に願ってから家を出た。

 

しかし、願いも空しくまた伊島瑠美と同じクラスになってしまった。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子1巻

 

 

新しい教室に入るなり、男子からはまた中等部の時に粗相をしてしまったことをからかわれ、それを伊島や取り巻きの数人が笑って見ている。

 

いたたまれなくなった詩音が教室を飛び出そうとした時、初めて見る美少女とぶつかってしまった。

 

瀬尾霧恵と名乗った彼女は、まだ小便女だとからかってくる男子たちに大人っぽい笑いを見せ、その笑顔に見とれた男子たちは顔を赤くして口を閉じた。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子1巻

 

 

外部入試組の彼女は知り合いがほとんどいないらしく、詩音を気に入ったのか一緒に帰ろうと誘い、さっそく名前を呼び捨てにしてきた。

 

おもしろくない伊島たちは校門を出る前に彼女に話しかけて遊びに誘い、詩音から切り離そうとした

しかし彼女は詩音の手を引き、誘いを断った。

 

詩音は嬉しかったが、影響力のある伊島には目を付けられない方がいいし、いじめられている自分と一緒にいない方がいいとアドバイスした。

 

それでも彼女は、友達は自分で決めると言ってくれた。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子1巻

 

ただ袖の隙間から見えた彼女の手首には、無数のリストカットの痕があった。

 

詩音は自分との共通点を見つけて複雑な気持ちになった直後、猫の轢死体を見つけて思わず悲鳴を上げてしまう。

 

内臓が飛び出し、骨が見えて血が飛び散っていた。

 

気づかずに血を踏んでいた彼女は、忌々しそうに靴底を地面に擦り付けて拭い、困ったような笑顔を見せた。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子1巻

 

 

2話

警察は一人の女子中学生が残酷に殺され、教室の黒板の前に吊るされていた事件の捜査を始めていた。

黒板には「MEMENTO MORI」と書かれていた。

目撃者はおらず、遺体に指紋はない。代わりに学校内なこともあって遺留品だけがありすぎる状態だったが、殺人事件のセオリーとして、近しい人物に的を絞って捜査を始めようとしていた。

 

 

詩音は学校に行く前に、昨日の猫の死体を近くの公園の土の中に埋めて、ささやかな墓を作り手を合わせていた。

通りかかった霧恵に何をしていたのか説明すると、そういう優しいところが好きだとてらいもなく言ってもらえた。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子1巻

 

 

彼女は学業優秀で運動神経も秀でていた。

 

すぐに周りと打ち解けて人の輪の中心になったが、お昼になると詩音に声をかけて二人で弁当を食べ始めたことで、クラスの注目を集めたのは言うまでもなかったが、そのほとんどは詩音への悪意に満ちた視線だった。

 

 

次の移動教室の前に、詩音はトイレに寄った。

 

するとドアを開けたところで伊島の取り巻きに取り囲まれ、個室に入るのを邪魔され、また中等部の頃の悪夢を再現させられそうになる。

 

もう我慢の限界を超えそうになった時、突然入ってきた彼女が一人の髪を掴んで道を開けてくれた。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子1巻

 

詩音には見えなかったが、彼女の形相は怒りに満ちた恐ろしいものだった。

 

 

取り巻きはすぐに伊島に報告し、詩音が調子に乗らないように、いつも通りに酷い目に遭わせてくれることを期待した。

 

その後で詩音は教室の中で楽しく話している最中に、彼女の何とも言えないいやらしい笑い顔を見てしまい、鳥肌が立った。

 

 

次の授業が始まって程なく、取り巻きの一人の須田が腹痛を感じてトイレに駆け込んだ。

須田は個室に入って便座に腰を下ろした瞬間、ヌルッとした何かを感じた。

その直後、彼女の悲鳴が教室にまで届いた。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子1巻

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク