スポンサーリンク
著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ3巻
スポンサーリンク

荒ぶる季節の乙女どもよ3巻
ネタバレ感想

荒ぶる季節の乙女どもよ3巻のネタバレと感想と画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

性で頭がいっぱいになり、混乱を来たし、平静を保てなくなっていた和紗。

泉のあの行為を見てからより一層戸惑い、しかし彼への好意を再確認する。

なのに、彼に性的な目で全く見ていないと言われてしまう。

 

9話

これっぽっちもしたくない。

その言葉は深く和紗の心を突き刺し、涙を流させた。

 

思わず部屋を飛び出した和紗は足を踏み外して階段を転げ落ちそうになり、しかし、泉が手を伸ばして一緒に落ちたことでクッションになり事なきを得た。

 

しかし、近い唇同士。股の間に挟まった彼の足。

それらはお互いに男と女であることを意識させるのに十分な状況だった。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ3巻

 

それでも、彼女は逆に冷静さを取り戻して玄関から出て行った。

 

 

百々子は塾終わりにカラオケに誘われた。

女子からの誘いだったが、そこにはかつて小学校の同級生で、彼女を狙っていると思われる杉本がいた。

男子は卑猥な歌詞の歌を名曲だと嘯いて歌い、杉本は顔を赤くする彼女を助ける名目で一足早く一緒に抜け出した。

そこで彼から、性的な意味じゃなく、小学生の時に大人っぽくかっこよく見えた彼女に憧れていたのだと伝えられ、それで安心感が芽生え、ついに連絡先の交換をしたのである。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ3巻

 

 

和紗は両親との夕食中も、泉との気持ちの違いに心囚われていた。

 

放心しているような娘を見た両親はもちろん心配し、父は母の肩に不自然さのかけらもなく手を置いて声をかけてくる。

その親密を通り越して愛し合う二人にしかできない触れ合いは、セックスをしたからこそだと思った和紗は、両親と自分と間に大きな隔たりを感じ、「私の気持ち分かる訳ない」と、反抗期のようなキツい言葉を投げ返したのだった。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ3巻

 

自室に駆け戻り、心を静められる本を探していると、ふとニーチェの一冊が目に留まった。

考えないようにするより、性と泉のことが一緒くたになったこの気持ちに言葉をつけることができたなら、きっと新しい感情に出会えるはずだと思った。

 

 

曽根崎はレポート50枚を待ち詫びている自分を見ないようにしつつ、やはり天城が早く持ってこないものかと考えて苛立ちと期待を感じていた。

そうして一人黙々とお弁当を口に運んでいると、因縁浅からぬ黒ギャルが一緒に食べようと誘ってきたのだ。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ3巻

 

髪型を変え、眼鏡をやめて美少女になったものの、香水の臭いをプンプンさせた性に軽そうな相手と一緒に食べる気は起こらず、彼女は屋上に避難した。

 

少し強く吹きぬける風にスカートが煽られる。

その背中に声をかけてきたのは、レポート50枚を課しただった。

 

10話

天城は原稿用紙の束を押し付けて足早に屋上から出て行った。

何も言葉を返せないまま、呆然と背中を見送り、弁当箱を置いて呼吸を整え、一枚目を捲る。

 

拙くどうでもいい文章から始まったが、そう読み進めるまでもなく「曾根崎さんはかわいいです」という、彼以外の男子からかけられたことのない言葉が現れた。

 

かわいいで埋め尽くされ、ゲシュタルト崩壊を起こしそうなかわいいの連続。

同級生からはブスだなんだと疎まれ続けてきた人生において、初めてかわいいと評してもらえた。

それは一瞬で、今までの辛さを打ち消してくれるようだった。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ3巻

 

そして最後に、期待しつつも縁のないものだと遠ざけていた、愛の言葉で締め括られていた。

 

 

菅原氏は相変わらず浅田に目の敵にされ、落ちたノートをさも気づかなかったかのように踏まれてしまっていた。

しかし、泉が見ていて踏んでるよと普通に注意してくれたので、相手が慌てて謝ってくるまま、弁償代としてお高めに450円を頂戴した。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ3巻

 

泉は放課後に菅原氏を誘い、和紗にこれっぽっちもしたくない発言をして泣かせてしまった事を相談した。

泣かれた後で和紗とのそういうシーンを想像してみたが、やはり違和感は拭えなかった。

 

そんな正直な感想を聞いた菅原氏は、「和紗が好きになるのも分かる」と口走ってしまったのだ。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ3巻

 

和紗が自分の事を好きなど、それこそこれっぽっちも考えていなかった彼は、他人の口から聞かされた衝撃の事実に慌てふためき、もっと落ち着いて話ができる場所に移ろうと、フライドポテトを一気に流し込んだ。

 

 

その頃、菅原氏がいない文芸部部室では、川端康成の「眠れる美女」が朗読に適しているかどうかで物議を醸していた。

 

単なる性的描写か。

純粋な思いを描くが故の必然か。

 

すると和紗は、親が子に向ける気持ちも、好きな人に触れたいと思う気持ちも、間にあるのはセックスで、全ての愛は突き詰めるとセックスに辿り着くのだと高らかに自論をぶちまけた。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ3巻

 

その堂々たる宣言を山岸に笑われて恥ずかしさを思い出し、部室を飛び出した。

 

 

それで三々五々解散する中、本郷は山岸と相対し、自分が紡ぐ文章に足りない実体験を得るため、彼の手を自分の胸に誘っていた

 

そして駅のホームについた和紗は、今発車しようとしている車内に、泉と菅原氏が仲良さそうに一緒にいるのを目撃し、再び心乱されていた。

スポンサーリンク