スポンサーリンク
著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服1巻
スポンサーリンク

明日ちゃんのセーラー服1巻
ネタバレ感想

明日ちゃんのセーラー服1巻のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。
プロローグと1話から6話まで収録。

 

圧倒的に柔らかくノスタルジックな絵と電子書籍限定のカラー原稿の鮮やかさ。

瑞々しい明日(あけび)ちゃんが躍動する姿は必見。

自然溢れるどこかの町のお嬢様学校に入学した明日ちゃんの、成長と友情の物語。

 

 

1話

1話の前にプロローグでしなやかな身体と素晴らしい身体能力ではしゃいでいた明日ちゃんは、うまく着地を決められるはずだったが、小川にダイブしてびしょ濡れになっていた。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服1巻

 

これから中学1年生になる明日ちゃんは、妹の花緒と一緒に通っていた小学校から、お母さんの母校である蠟梅学園の新入生になる。

面接では憧れのセーラー服を着るために志望しましたと高らかに宣言していたが、実は面接官の先生を唖然とさせていたのは知らなかった。

 

でも、卒業生である学園長は明日ちゃんの志望理由を聞いて、あの頃を思い出し目を細めていた。

 

 

お母さんと一緒にセーラー服の生地を買いに行って、お母さんに仕立ててもらって、始めて袖を通して見た。

しっかり折り目がついたスカート、襟にスカーフ、ちゃんと靴下も履いてすぐに学校へ行ける格好をしてお母さんと花緒に見せた。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服1巻

 

すると、感動で泣いてしまったのだ

 

 

さて、入学式当日になってようやく異変に気づいた。

なんと蝋梅学園は、今はもう制服はブレザーに変わっていて、古きよき時代は終わっていたのだ。

 

たった一人のセーラー服でいたたまれなく、家に帰ってからベッドに倒れこんで塞ぎこんでいると、花緒がお尻を叩いて「今のお姉ちゃんはかっこわるい!」と一喝。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服1巻

 

それで覚悟を決めた明日ちゃんはかっこいいお姉ちゃんでいるため、憧れのセーラー服のままで玄関の扉を開けた。

 

明日小路。新生活の始まりである。

 

 

2話

学校に向かう畦道を歩きながら、黒くてサラサラの長い髪をポニーテールに結わえ準備完了。

初めての道を息せき切って走り、お城のような時計塔に感動して、1年3組1番にある自分の名前を確認して、まだ静かな廊下を進んで一番乗りだと思っていたら、3組の教室の中から物音が。

 

たった一人のセーラー服をバカにされないか心配になりつつも、気合を入れてそっと覗いてみると、ツインテールの女の子が椅子に裸足の足を乗せて、パチパチ爪を切っていた。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服1巻

 

しかも切った後の爪きりを、とろんとした表情で嗅いでいたのだ。

 

 

見なかったことにして下さいと素直に言ってくる彼女。

すると明日ちゃんも靴下を脱いで立ったまま器用に足と顔を近づけ、走ったせいで汗臭いかもなんて言って笑いかけた。

 

なんとも言えない出会いだった二人だが、すぐに仲良くなれた。

 

爪きりのパチパチという音で緊張が和らぐ木崎江利香は東京から来た上品な女の子で、これから始まる新生活に不安を抱えていて、思わず早く来すぎてしまったから爪を切っていたのだった。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服1巻

 

自分だけ違う制服で不安だった明日ちゃんは共感を覚え、気合を入れるためにしていたポニーテールを解いた。

スポンサーリンク