スポンサーリンク
著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服2巻
スポンサーリンク

明日ちゃんのセーラー服2巻
ネタバレ感想

明日ちゃんのセーラー服2巻のネタバレと感想、漫画を無料で読める方法を紹介。
番外編と7話から13話を収録。

 

母親の母校である蠟梅学園に入学した明日小路は中学1年生。

ブレザーの制服の中、一人だけセーラー服で目立っている彼女は、天真爛漫な性格のおかげで一気にクラスの中心的存在になっていた。

だからそろそろ、同級生を家に呼べるほど仲良くなりたいところだ。

 

7話

突然谷川景さんの席の前に座り込んだ明日ちゃんは、彼女の足をまじまじと見ながら「脚きれいだね」と話しかけた。

じりじり近づいてくるので、谷川さんは椅子をガタガタ鳴らして後ずさる。

すると明日ちゃんは、スカート捲ってもいいですか?と正々堂々お願いしたのであった。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服2巻

 

 

兎原さんが美脚選手権なるものを開催していて、明日ちゃんはそれに協力しているようだが、もちろん谷川さんは呆れながら断った。

 

取り付く島もなく断った谷川さんは委員長を務める真面目な女の子で、それが良さでもあり頼られることも多いのだが、もう少しノリの軽さがあってもいいのではと、兎原さんなんかは思っていた。

 

 

すっかりクラスの人気者になった明日ちゃんは脚を見せてとしつこく、写真を送って欲しいと頼むので、連絡先だけ交換して今日は帰宅した。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服2巻

 

脚を見せる気はないものの、連絡先を交換できたのは嬉しかった谷川さん。

 

家に誰もいないと分かると、きれいだねと言われた脚が気になって、気づけばスカートを捲って写真を撮っていた

ドキドキしてシャツのボタンにも手をかけて、もっと新しい自分を見て見たくなりベッドに寝転んでもっと大胆な一枚を撮った。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服2巻

 

その時お母さんが帰ってきて、部屋のドアをオープン。

びっくりして送信画面を押してしまい、送るつもりのなかった明日ちゃんへと送信してしまったのだ。

 

それは、いつもの真面目な彼女からは想像できない、エロティックな雰囲気がある一枚だった。

 

 

8話

8話は木崎さんとのお話。

まつげが長く、凛とした佇まい、楽器が弾けてかっこいい。

そんな彼女に注目していた明日ちゃんは、どうやって家に呼ぼうか思い悩み・・・

 

 

9話

こどもの日が近づき、そろそろ部活を決めようと誓った明日ちゃん。

でも、見学すればするほどどの部活も魅力的に思えてしまう。

逆に古城さんは読書が好きなのですぐに文芸部に決め、明日ちゃんの見学行脚にとことんまで付き合ってくれた。

 

それでも決められず、そろそろ帰ろうかという頃になって激しい雨が降り出してきた。

眼鏡にかかった雨粒で気づいた二人はすぐに軒下に飛び込んだが、あっという間にびしょ濡れに。

上着のない薄いセーラー服一枚の明日ちゃんは生地が肌に張り付いて一気に寒くなり、さっそく大きなくしゃみを一発。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服2巻

 

古城さんに言われてかぜをひかないようにすぐ脱いだけれど、こんな外で露出が多くなってさすがに恥ずかしくなった

すると古城さんはブレザーを脱いで、明日ちゃんに着せてあげたのだ。

明日ちゃんのセーラー服

著者名:博 引用元:明日ちゃんのセーラー服2巻

 

少し大きめでぶかぶかになったが、着る服一枚で少し大人っぽくなった明日ちゃんだった。

 

明日ちゃんのセーラー服を読むならこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク