スポンサーリンク
著者名:横槍メンゴ 引用元:ビッグガンガン2018年1号
スポンサーリンク

クズの本懐デコール2話
ネタバレ感想

クズの本懐デコールのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ままならぬ恋に終止符を打って最終回を迎えたクズの本懐。

それからスピンオフとして再開したクズの本懐デコール。

1話のモカに続き、2話は生来のビッチ気質でかき回した茜のその後・・・

 

2話

鐘井先生と結婚した皆川茜。

 

傍から見れば仲睦まじく新居で使う食器を選んでいるように見えるが、茜は浮気について考えていた。

 

まだ浮気をしたわけじゃなかった。

これからするつもりの浮気の相手は、もっと吟味して選ぼうと思っていた。

もう人妻になったのだから、せめてもの自重という感じだった。

クズの本懐デコール

著者名:横槍メンゴ 引用元:ビッグガンガン2018年1号

 

 

トイレに行って少し夫から離れれば、すぐにイケメンと肩がぶつかる。

男はこれでもかと愛想よく謝ってきて、彼女もそつなく応える。

決して悪い男じゃないが、手当たり次第に手をだすのは止めようと思った。

 

もう結婚したのだから。

 

新妻を演じながら、選びに選んだ相手と浮気する

クズの本懐デコール

著者名:横槍メンゴ 引用元:ビッグガンガン2018年1号

 

 

それを結婚生活の楽しみにしながら最初に会ったのは、かつて関係を持っていた男だった。

 

その頃はお互い都合のいい相手として、本性を分かりあっていた。

お互い結婚したことに驚いたが、相手の生活はもう冷え切っていて仮面夫婦に成り下がっているらしかった。

一生一人の人なんて夢物語だと同調したのに、そういう女の方が多いと言われ、男っぽい考え方をしていると笑われた。

クズの本懐デコール

著者名:横槍メンゴ 引用元:ビッグガンガン2018年1号

 

だから誘ってきたが、すげなく断って店を出た。

 

 

都合のいい女扱いされたのが気に入らなかった。

 

でも、今まではお互いそういう相手としてWINWINの関係だった。

それでも断ったのは、厳選した相手としか浮気しないと決めたからだと自分に言い聞かせた。

 

 

 

夫は大切な人を忘れられないのか、長い髪の匂いを嗅いでくる。

だから相手の面影を重ねて見られるのが嫌で、断る必要もないのに髪を切りたいと伝えてからすぐに美容室に行った。

そこで椅子に座って美容師にどうするか尋ねられると、なぜかカラーとトリートメントだけだと答えていた。

 

髪の艶が増して家に帰ると、彼はギュッと抱きついてきてまた髪の匂いを嗅いできた。

クズの本懐デコール

著者名:横槍メンゴ 引用元:ビッグガンガン2018年1号

 

だから、わざと楽しみを奪うのはやりすぎだしと言い聞かせた。

 

 

その夜に見た夢の中で、最大のライバルが出てきた。

写真のイメージと違い、サバサバしていて、「私たちは全然似ていないから、もう安心していい」と笑顔で言われた。

クズの本懐デコール

著者名:横槍メンゴ 引用元:ビッグガンガン2018年1号

 

 

翌日は日曜だったけど、いつもと変わらない早い時間に目が覚めた。

すると彼も目を覚まし、もう少しと言いながらギュッと抱きしめてきた。

 

すると自然と涙が零れてきた

もうそれで素直に自分の感情を受け入れ、髪をバッサリ切った。

 

昔はこれくらいで気分転換したくてと、何か言われないよう予防線を張ってお披露目したら、今度は彼が涙を流しながら可愛いと言ってくれた。

クズの本懐デコール

著者名:横槍メンゴ 引用元:ビッグガンガン2018年1号

 

 

俺は死ぬまで浮気しないと愛を伝える夫。

私はすると答える妻。

 

でも、無償の愛を捧げられている茜は、彼の愛だけでもう満たされていた。

クズの本懐デコール

著者名:横槍メンゴ 引用元:ビッグガンガン2018年1号

 

 

感想

クズの本懐デコール2話でした。

いい話っちゃいい話ですが、鐘井先生の海より深く空より高い異常な愛があってこそ成立する茜の変化なのでモヤっとしなくもないですが、最良の相手に出会えたと思えれば感動的な気もします。

次は早苗だろうと予想して、3話を楽しみに待ちたいと思います。

新刊漫画や雑誌を無料で読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク