教室自爆クラブ
著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ1巻

教室自爆クラブ1巻
ネタバレ感想

教室自爆クラブのネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

プロローグから4話までを収録。

 

腕や足、目など身体の一部を作り物で賄っている高校生の男女数人。

彼らは3年前、突然の自爆テロに遭い、多くの同級生と身体の一部を失った。

それから3年後、事件が起きた教室に生き残った彼らは集まっていた・・・

 

 

プロローグ

当時彼らは中学生だった。

著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ1巻

 

 

期末テスト1日目。

 

勉強してない、してきたなどお決まりのやり取りをしているうちに緊張感が高まってきて、ジョン・レノンに似ている担任が教室に入ってきた直後に、いじめが原因でずっと不登校だった中越聖が現れた。

彼はそのまま教室の中央辺りの自分の席に座り、テストの始まりを告げるチャイムが鳴って程なく、手に持っていた何かのスイッチを入れた。

 

その瞬間、彼がいた場所を中心に爆発が起こって、同級生たちは一瞬で肉片になった

 

まさに地獄絵図。

34名中助かったのは、たった7名だった。

 

 

1話

白岩中学校爆破事件から3年。

生き残った7人はその中の一人、片腕を失った新堂拓己に声をかけられてあの教室に集まった。

 

片目を失った永田かえで。
手首から先の左手を失った土井義彦。
左足を失った中江慎一。
左手の小指と薬指を失った森川航平。
右足を失った山口水絵。
腎臓を失った朝倉日菜。

新堂が片腕を外して机に置くと、朝倉以外はそれぞれ作り物の身体を置いていった。

 

そして新堂は、この3年間ずっとあの事件を調べた結果、この中に中越聖に爆弾を渡した奴がいると宣言した。

 

 

時を同じくして都内の私立高校で、ある一人の女子生徒が身体に爆弾を巻きつけた姿で黒板の前に立ち、同級生たちに一緒に死んでもらうと宣言していた。

シーモア読み放題で読むならこちら

まんが王国で読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

2話

白岩中学の事件以降、模倣した自爆テロが起きていて、いじめられっ子たちの犯行声明動画なども珍しくなかった。

 

 

黒板の前に立った芹沢の宣言はただの冗談だと思われた。

しかし、爆弾を一つ取って窓の外に投げると、地面に落ちると同時に大爆発を起こして大穴が空いた。

廊下に出る扉は細工をしていて開けられないようになっていた。

 

手を離したら爆発すると言って見せた筒型のスイッチ。

そこでようやく、同級生たちは芹沢が本気なのだと理解し、指示に従って大人しく自分の席に着いた。

 

 

芹沢は誰が自分をいじめていたかは全員で決めると言い出し、黒板にQRコードを書いた紙を貼った。

そのサイトにアクセスすると、「いじめ裁判」というサイトに飛び、担任を含めたこのクラス全員の写真が載せられていた。

 

10分以内に10人、芹沢をいじめたか荷担したと思われる人物にチェックを入れなければならない。

一票でも入るか10人を選びきれなければこの教室に残らなければならなかった。

 

大人しく目立たない瀬戸茜はいじめの主犯や見逃した担任など、確実に責任がある人を選んでいった。

 

自分は絶対選ばれないと思っていたが、しかしなぜか1票誰かに入れられていた。

 

 

 

一方白岩中学では、新堂がなぜこの7人の中に共犯がいると考えたのか説明を始めていた。

 

6人を当時と同じ席に座らせると、全員中越からは離れた席に座っていた

それが生き残った理由でもあるが、あの事件があった二学期だけは毎学期毎に行われるはずの席替えがなかった。

 

二学期が始まる前の夏休み中に中越と席が近い数人が担任のジョンに呼び出され、二学期から中越が登校してくるから気をかけてやって欲しいと頼んでいた

ジョンは家庭訪問のときに登校することを知ったと言っていたが、本当は中越に会ってなどいなかったことが調べで分かった。

シーモア読み放題で読むならこちら

まんが王国で読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

3話

新堂は中越の父親に会いに行き、事件前は引きこもっていたせいで、担任のジョンが来ても会っていなかったと聞いたのだった。

 

ではなぜジョンは中越が二学期から登校してくることを知っていたのか?

それは、中越と連絡を取れるXから聞いたとしか考えられない。

 

 

そこで新堂は森川が不良の山崎に脅されて試験問題を盗んだ証拠になるものを見せ、それが中越を利用して山崎だけを殺すために自爆テロを起こさせた動機になると言った。

 

ただ、教室を吹き飛ばしたかった動機があるのは森川だけじゃなく、ここにいる全員だった。

そして新堂は、報道されていない犠牲者がもう一人いたと暴露した。

 

 

 

芹沢が支配している教室では、担任の北野も含めて20人が残った。

それぞれ自分の写真の横にある投票数を押すと、誰に投票されたかが表示された。

 

瀬戸に投票したのは、高校で初めてできた友達で親友の丹野裕美で、生死をかけたこの状況で選ばれた事にショックを隠せなかった。

 

ただし、これから行われるゲームで投票数と同じ持ち点を0にすれば教室から出る事ができる。

 

 

次は2人組を作らされ、瀬戸は同じく裕美に投票されてしまった地味な朋子とペアを組んだ。

その作った2人組でやらされるのは、お互いの秘密を暴露し合い、衝撃度が低い方が負けで一枚ずつ服を脱ぎ、先に裸にさせられると教室に居残らなければならないというものだった。

 

最初に選ばれたのは、佐野と北畠の美男美女委員長コンビだった。

しかし彼女の北畠は何も暴露できず、ペナルティで服を脱げと言われてしまう。

それも拒否すると芹沢は残った男子に脱がさせようとするので、北畠は諦めて自分でブレザーを脱いだ。

 

 

次は佐野が暴露する晩になり、北畠の右の乳房の下にホクロがあると暴露した。

それが本当かどうか調べなければならないと芹沢に言われ、北畠はまた恥ずかしさを押し殺してブラの片方を上げてホクロを見せた。

それで遠慮しなくなった彼女の北畠は、佐野が包茎だと暴露し、彼にもパンツを脱がさせて全員で確認した。

 

その後も恋人同士でしか知りえない性に関する暴露が続き、結果、先に全裸にされたのは彼女の方だった。

 

その後も一組ずつ勝敗が決していき、瀬戸茜と鈴木朋子の順番が回ってきた。

シーモア読み放題で読むならこちら

まんが王国で読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

4話

最初に瀬戸が暴露しなければならなくなったが、何を言っていいか分からずまごつくと、一発勝負で全部脱いでもらうと言われ、鈴木の父親が酒気帯び違反の疑いもある事故を起こして大学生を撥ねて逃走して殺した、れっきとした殺人犯だと暴露した。

 

しかし、鈴木が暴露した秘密はこの状況において最大の衝撃だった。

 

芹沢がいじめられる原因を作ったのが、瀬戸だと暴露したのだった。

 

生理の臭いがきつい

その一言を聞いた三宅が騒ぎ、やがていじめの主犯格になっていった。

 

芹沢が三宅に真偽を訊ねると、三宅はその通りだと認めた。

 

 

そして芹沢が勝敗を言い渡そうとしたその時、学校を取り囲んでいた警察が呼びかけてきた。

 

母親の悲痛な叫びも耳に届いた芹沢は、ロン毛の男子を一人解放した。

 

しかし、ブレザーのポケットにピンを抜いた爆弾を滑り込ませていた。

 

慌てて廊下を走っていく男子は、あえなく木っ端微塵に弾けとんだ

 

 

 

一方白岩中学の新堂は、もう一人いた報道されなかった犠牲者が土井が妊娠させた青木紗英のお腹の中にいた赤ちゃんのことだと暴露していた。

 

朝倉日菜は中学1年の時に援助交際をしていて、それを同級生の木嶋と池田に脅されていた。

山口水絵は母親の交際相手の米兵にレイプされ、それがクラスで噂になった。

永田かえでは担任のジョンこと谷村と不倫をし、相手から別れを切り出されても一人で熱をあげていた。

中江慎一は不登校になった中越の代わりにいじめの標的になっていた。

 

 

それぞれの動機を暴露されたが、慰霊のために呼ばれたと思っていた土井は憤慨し、教室を出て行こうとした。

しかしドアを開けた瞬間、彼の身体が吹き飛んだ

 

 

かつての爆破事件があった教室で繰り返された惨劇。

かつての事件を模倣した芹沢に吹き飛ばされた最初の犠牲者。

 

果たして、誰が中越と芹沢に爆弾を渡したのだろうか?

 

 

感想

教室自爆クラブ1巻でした。
面白度☆8 ミステリ度☆8

一見デスゲーム系かと思いましたが、サスペンスとミステリがちゃんとあって、そこにグロとエロもあってなかなか読ませるストーリーでした。

ちゃんと共犯が特定できる伏線があるのかどうか気になりますし、地味っこ瀬戸も自己評価に反して可愛いと思いました。

シーモア読み放題で読むならこちら

まんが王国で読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙