スポンサーリンク
著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛3巻
スポンサーリンク

異常者の愛3巻ネタバレ感想

異常者の愛のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

沸々と復讐の念を溜めて生きていたカズミはついに、ミドウの居場所を突き止めた。

これで復讐を果たせると思ったが、相手は記憶を失っていて自分が犯した罪を忘れていた。

しかし、翌日になって東京に帰ろうとした彼の前に、あの頃のミドウが姿を現した。

 

異常者の愛3巻

四谷の妹、シホを何らかの方法で支配下に置いたミドウ。

 

記憶を失っていた時の生活をあっさり捨て、東京に帰るカズミについてきたミドウは、まずは彼と関係を持った女たちを排除すると、そら恐ろしい決意を込めた笑顔を見せた。

 

記憶喪失は失態で、女たちと浮気されたのは神様からの試練だとのたまう。

彼はなんとか止めさせようとするが、やはりミドウは一方的で底のない愛情を押し付けてくるだけだった。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛3巻

 

その求愛に彼が答えられないでいると、ミドウはシホにお茶と水を渡し、無理矢理飲ませ始めた。

 

昨日からトイレに行かせていないらしく、酷い我慢ゲームの始まりだった。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛3巻

 

 

シホが勝手に喋るのを許さず、止めさせようとする彼には交わしたはずだと言う約束のことだけを考えてと手を出させない。

先にシホの下着さえ脱がさせようとしたミドウは、しかしもう我慢しなくていいとあっさり我慢ゲームを終了させた。

 

ただ、トイレに行くのは許さず、大勢の乗客が見られるこの通路のど真ん中でしろと言う。

シホは抗おうとしたが、結局ぬか喜びさせられた安心感もあり、その場で盛大に漏らしてしまう

 

足元に溜まる水溜り。

騒ぎ出す乗客。

嘲り笑うミドウ。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛3巻

 

シホは怒りを我慢する限界を超えてミドウを殴ろうとしたが、「お姉ちゃん殺すよ」の一言で行動の自由を再び奪われてしまった。

 

わざと売り子を大声で呼び、拭く物を貸してもらい、それを漏らしたシホ本人に拭かせる。

綺麗に拭き終えたが、服は尿でびしょ濡れになっているし、顔も涙と鼻水でぐしょぐしょになっているがミドウはすぐに新しいゲームをさせようとする。

 

その時彼は覚悟を決め、無理矢理にでも作った笑顔をミドウに見せた。

するといきなりキスをしてきたので、彼は舌を絡めて積極性をアピールした。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛3巻

 

 

殺すつもりだった。殺さなければならないと思っていたが、言葉を求められれば「愛してる」と呟かざるを得なかった。

それは、現時点での敗北宣言に等しかった。

 

 

 

一ヵ月後。

久しぶりにイツキと飲んだカズミは、新しい彼女ができたことと男友達となら前より遊べる時間が増えたことを伝え、単純に楽しんで帰路についた。

 

タイミングよく玄関のドアを開けて出迎えてくれたのはミドウだった。

いや、今は三扇三咲と名前を変えている復讐すべき相手と一緒に住んでいた

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛3巻

 

 

ごはんにする?お風呂にする?それとも私?」と、同棲生活を十分満喫してはしゃいで本当に幸せそうに笑うミドウに、彼も幸せだと答えて笑顔を見せる。

 

もちろん心の中は憎しみしかなかったが、これ以上周りに手を出させないために、自分は幸せなんだと言い聞かせていた。

 

 

この部屋に転がり込んですぐ、ミドウは自分と彼のスマホを交換させ、女の連絡先を楽に手に入れ彼が愛を注がなくなった時の人質にしていた。

 

 

普通のカップルのように毎夜身体を重ねる二人

一ヶ月経ち、その日も激しく交わり合った後、ミドウはまた恐ろしい笑みで果てのない独占欲を誰にともなく宣言した。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛3巻

 

そして、唐突にフミカを殺した直後からのことを話し始めた。

 

 

小学5年から中学3年の始まりまで児童自立支援施設で生活していたミドウは、生活態度の良さからか通常より1年早く施設を出て母親だけが待つ家に帰った。

そこでやつれ切った母を見て、殺人犯なりに母が経験した辛さを思って涙した

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛3巻

 

しかし、母と二人の生活を続けているうちに彼がいない退屈さを我慢できなくなり、ついにネットで彼の現在を知る手がかりを見つけた。

そこで四谷と仲良くしているのを浮気だと断罪し、再び凶行に及んだのだった。

 

だがミドウのその後のクライマックスはこの後だった。

 

四谷を傷つけた後、母の実家がある東北への引っ越しは予定されていたことで、東京にいる限り事件を嗅ぎつけた正義気取りに嫌がらせを受け続けるのを避けるためだった。

しかしそこでも加害者家族が生き辛いのは変わらず、嫌がらせを受ける日々だった。

 

それもミドウ自身にとっては自業自得だったが、母は耐えられなかった。

 

ある時、あの幼稚園の仕事を見つけてきた母はミドウを園長に託したが、何か嫌な予感がして家に戻ると、首を吊って死んでいる母を発見したのだった。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛3巻

 

 

母の死は記憶を失うほどにショックだったが、カズミと再会したことで記憶を取り戻したのだから、母の分まで彼と幸せにならなければならない。

そんな理屈を捻り出すところが、やはりどこまでいってもイカれたミドウのままだった。

スポンサーリンク