スポンサーリンク
著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年3号
スポンサーリンク

進撃の巨人102話ネタバレ感想

進撃の巨人の最新話、最新刊ネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

進撃の巨人になったエレンはタイバー公であるヴィリーを食い、会場を地獄絵図に変えて宣戦布告の狼煙を上げた。

そして現れた戦鎚の巨人。

圧倒的な戦闘力とセンスの前に追い込まれるエレンだったが、ミカサの雷槍が戦鎚のうなじを吹き飛ばしたのだった。

 

102話 後の祭り

マガトは未曾有の事態に直面し、マーレ中の戦力をかき集めるために方々に連絡し始めていた。

列車に乗り山にいた陸軍を呼び戻し、海で待機していた艦隊も陸に戻ろうとしていた。

収容句を封鎖し、逆に進撃やパラディ島の悪魔共を閉じ込めるつもりだった。

進撃の巨人

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年3号

 

 

マーレのみならず、各国の要人を殺したのなら、世界がもうパラディ島を放っておけなくなった。

世界VSパラディ島という、およそ勝目があるとは思えない戦いを挑んできた理由が分からず戸惑っているうちに、潜んでいたビルの中にも爆弾を投げ込まれた。

 

外で応戦していた兵士も暗い空を飛び回る相手を掴み切れず、次々と地に伏せていった。

 

立体機動の仕組みを利用した、相手を刺して引き込み落とすという武器で前線で戦っていたのは、あの頃より髪が長くなり、顎鬚も生やして男臭くなった馬面のジャンだった。

そうして容赦なく兵士を始末していたジャンだったが、民間人ごと建物に火をつけた残酷な方法は看過できずに声を荒げた。

進撃の巨人

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年3号

 

しかし、そう言われたフロックは、ここにいるのは民間人も兵士も関係ない、全て敵だと言い返した。

壁中の巨人がたとえ同じエルディア人だったとしても、食い殺されてきた事実は変わらない。

それに、先陣を切った最大戦力のエレン自身が民間人もろとも広場を破壊したのだから、悪魔の意思に従って戦うだけだった

進撃の巨人

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年3号

 

 

 

大人っぽくなったミカサはしかし、エレンの虐殺行為に心を痛めていた

子供さえも関係なく民間人を殺したことはもう取り返しがつかないと言ってしゃがみ、涙を溜めた目でエレンをジッと見つめた

進撃の巨人

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年3号

 

 

それよりも、エレンはまだ終わってないと答えた。

 

戦鎚は再び立ち上がり、硬質化を巧みにコントロールして弓矢を生成し、二人に向けて放ってきた。

 

エレンは確かにうなじを叩き潰し、ミカサも雷槍でうなじを吹き飛ばしたはずだったが、二度の致命傷にも関わらず戦鎚の中の継承者は死んでいない。

 

ミカサはエレンを掴んで回避した。

エレンは二度の致命傷から立ち上がった戦鎚の様子を冷静に観察して再生能力のからくりを見抜き、ミカサと連携して戦鎚を喰おうと考えた。

進撃の巨人

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年3号

 

 

 

破壊に巻き込まれた多くの避難民が病院に殺到していた。

当然人手は足りず、ウドを運んできたコルトは何とか治療してくれるように頼み込むが、戦士候補生ならその子がもう死んでいる事とこの状況を受け入れろと言い返されてしまう。

 

もう目を覚ますことがなくなったウドをその場に寝かせ、コルトはガビに家族と合流してとにかく広場から離れろと促した。

しかし、ウドとゾフィアを殺された怒りに腸が煮えくっていたガビは言う事を聞かず、混乱のさなかに駆け戻っていった。

進撃の巨人

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年3号

 

 

ガビが進む方向と平行して、多くの兵士たちが前線に投入されようとしていた。

その中に顔見知りの門兵の二人がいて、ガビが戦場に戻ろうとするのを食い止めようとした。

 

そうこうしているうちに上空から爆弾と銃弾の雨が降ってきた。

車両もろとも兵士が吹き飛ばされ、門兵二人も銃弾に撃ち抜かれた。

 

いつも軽口を叩き合っていたおじさんが目の前で殺され、ガビは倒れた彼らを見た直後に建物の上から銃を撃ってきた敵を見た。

自分たちと変わるところのない女性と目が合うと、自分からは離せなかった。

進撃の巨人

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年3号

 

スポンサーリンク