スポンサーリンク
著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

異常者の愛4巻ネタバレ感想

異常者の愛の漫画最新話、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ミドウを殺すため、従順になったフリをして機会を窺っていたカズミ。

殺意を抑えて頑張っていたが、四谷姉妹以外にも多くの女性の脅しのネタを作っていたと知り、ついに我慢の限界を迎えてしまう。

 

異常者の愛4巻

結局ミドウは自分の愛が何よりも正しく、邪魔と感じる女には容赦しなかった。

 

我慢の限界を超えたカズミはようやく自分の浅はかさとミドウの邪悪さの本質を知り、包丁を手に取った押し倒した。

 

 

しかし振り下ろされた刃は、咄嗟に顔を庇ったミドウの手を貫いて致命傷を与えられなかった

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

 

 

痛みと悲しみに泣き出すミドウ。

 

彼は構わず止めを刺そうとしたが、なぜか自分が床に突っ伏していた

 

ミドウは彼の様子のおかしさに気づき、SDカードと一緒にスタンガンを忍ばせていた。

 

自分の涙に濡れた彼の顔を舐めてから包丁を奪い、立場は逆転されてしまった

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

 

 

 

返り討ちに遭ってから二日、彼は全裸の状態で手と足を拘束、監禁されていた

 

口には歯科医院でホワイトニングする時のように口が開けっ放しになるSM器具を装着され、歪んだ愛情がこもったスープを流し込まれて生かされていた。

 

トイレに行くときは申告しなければそこで漏らすしかなく、ミドウに世話されることに羞恥心があった彼は二日経っても頼めず、また漏らし、それをからかわれていた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

 

 

粗相をすれば絶食させられるおしおきを受け、三日ぶりの飲み水のためにはミドウの足の指を舐めなければならない屈辱を我慢しなければならなかった。

 

そうすれば、おぞましき口移しで水が流し込まれた

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

 

 

そんな酷い数日間を経ても彼の目から生気が消えていないことを察していたミドウは、彼がまだ起死回生の策を用意していると睨んでいた。

 

彼はミドウの死を願っているだけだと言い返すが、彼女はそれを真剣に受け取らず、メンタリストのように彼の身体に無意識に現れる変化を読み取り、あの夜、彼が後輩の女の子と会っていたことを誘導して聞き出した。

 

そして最後には、そこで会ったイツキに何か頼んだのだろうと結論付けた。

 

 

彼の反応で推論に確証を得たミドウは彼を装ってイツキに問題ないとメールを送り、繋がりを断ってしまうのだった

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

 

 

 

彼の頼みの綱を解いただけでミドウは満足せず、衰弱していく彼を見て興奮していた気持ち悪い性癖を白状し、足を舐められた快感で溢れた愛液を見せた

 

そして、自分がサディスティックな行為で興奮するか試したいと言い出した。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

 

 

そこからは、紛うこと無き拷問だった。

 

 

指を貫く釘。

カッターナイフで切り刻まれる肌。

見るのも耐え難い、一方的な相合傘の痕。

 

それをしている間、ミドウは自分の指で慰め続けていた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

 

 

 

ミドウは彼におざなりの手当てをし、嬉々としてアルバイトに出かけていった。

 

 

仕事中も彼への愛を変態行為だと自覚しながらも身悶え、同僚には明るく外面を振りまいた。

 

しかし、アパートに帰ると隣人がミドウを待ち受けていた。

 

 

当然と言うべきか、深夜でも変な声や音が聞こえていることを指摘してくる隣人の男だったが、ミドウのあっけらかんとした態度で、恋人とイチャイチャしている程度にか思わなかった。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

 

 

この時、彼は既に部屋から脱出していた

 

 

電気を点けて彼がいないこと、誰かが侵入して助け出した形跡があるのを見つけたミドウは、もうだいぶ前に部屋から出て行ったらしいのを知り、彼と愛し合えないと理解して涙した。

 

 

しかし、もう一つあることに気づいた。

異常者の愛

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛4巻

 

スポンサーリンク