スポンサーリンク
著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ4巻
スポンサーリンク

荒ぶる季節の乙女どもよ4巻
ネタバレ感想

荒ぶる季節の乙女どもよの漫画最新話、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

未だぎこちないままの数紗と泉。

ロリコンに心乱された過去を持つ菅原氏。

そして、男を毛嫌いしていた部長曽根崎に彼氏ができたのであった。

 

13話

文化祭が近づいていた。

 

 

後夜祭のキャンプファイヤー。

 

どこの学校にでもある、恋が叶うというおまじない

 

それをどうにか捏造して盛り上げようとしていた文化祭実行委員の面々は、一つ文芸部に恋の伝説的なものを作ってもらおうと交渉しに来ていた。

 

 

彼らは完全に文芸部をバカにして、昨年の朗読会を休憩所などと笑い飛ばし、曽根崎の堪忍袋の緒を切ってしまった。

 

と思われたが、恋だのなんだのを遠ざけているはずの彼女は依頼を引き受けたのだった

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ4巻

 

 

あくまで自分に彼氏ができたことは隠し通し、なんのかんのと理由をつけて文芸部をもう一段高い場所に導く部長としての姿を保った。

 

部長の言葉をあっさり鵜呑みにした乙女たちは、ならばと俄然ヤル気を出し、本郷を筆頭に文化祭を恋の伝説で盛り上げるために気合を入れたのである。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ4巻

 

 

その本郷、山岸の指示通りに恥ずかしさを堪えて長めのスカートの下に黒のTバックを履いて来たのだが、彼に伝えても全く興奮している様子もなく、ただいたいけな女子をからかっているようにしか見えなかった。

 

しかし、ほんわかした同僚の富多先生との会話で、彼の実家がペンションをしているという情報を仕入れ、すぐにある企みを思いついたのである。

 

 

 

和紗、須藤、菅原氏で帰る道すがら、そこここで文化祭の準備が始まっていて、漂うシンナーの臭いが青春の匂いそのものにすり替わりそうになる。

 

それよりまず今は、恋の伝説を何か考えなければならない。

 

すると菅原氏は、泉とどんなシチュエーションで恋を始めたいか?と和紗に訊き、揺れる彼女の心をさらに揺らしてしまう。

 

和紗は菅原氏ほど可愛くないことを挙げて逃げようとするが、全てを授けられたように見える菅原氏は和紗は可愛いし恋に見た目は関係ないと一刀両断。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ4巻

 

 

しかし、幼馴染に恋する彼女はそう単純に割り切れず、本当に逃げ帰ってしまうのだった。

 

 

 

曽根崎のクラスでも出し物が決まる中、付き合いだしたばかりの二人の気持ちは既に擦れ違い始めていた

 

実は美人の彼女ができたと言いふらしたい彼氏の天城。

からかわれたくないし、文芸部員たちに合わせる顔がなくなるのを懸念する彼女の曽根崎。

 

まだ嫌われてる設定をクラスで通す辛さから解放されたかった彼は、本当に彼氏でいていいのか疑問に感じていた。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ4巻

 

 

彼女が歯切れ悪くも肯定すると、彼は切なそうに喜ぶ

 

 

去り行く背中に「もう少しだけ待って・・・」と聞こえない大きさで声をかける。

 

彼女は、来る文化祭でカップルを大量発生させ、その中に自分たちも紛れようと企んでいた。

荒ぶる季節の乙女どもよ

著者名:絵本奈央 引用元:荒ぶる季節の乙女どもよ4巻

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク