スポンサーリンク
著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子2巻
スポンサーリンク

煉獄女子2巻ネタバレ感想

煉獄女子の漫画最新話、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

いじめられっ子だった詩音に、美人な友達ができた。

瀬尾霧恵と仲良くなれたのはいいが、いじめっ子だった女子たちが怪我をしたり仲違いしたりとおかしなことが連続した最後に、ついに主犯だった伊島が首吊りした状態で発見されたのだった。

 

6話

伊島の事件は瞬く間に学校中が知るところとなった。

 

発見された体育倉庫のホワイトボードには、「noil me tangere」と書かれていた。

それはラテン語で、「我に触れるな」と訳すことができた。

 

 

短い期間で二人の少女が変死。

その両方のクラスメートが瀬尾霧恵。

 

事件を捜査する警察は、やはり彼女が何かしら関係していると睨んでいた。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子2巻

 

 

ただ警察だけでなく、鳥羽真莉愛の事件から追っている雁谷華永という雑誌記者もいた。

 

 

 

検死の結果、伊島の死体の形跡に特に不審な点は見当たらなかったが、首を絞められたときに苦しさから引っかいてできる吉川線の痕があるのが気になった。

 

自殺でもなくはないが、眼鏡をつけたまま首を吊ったのも、自殺にしては珍しいケースだった。

 

警察は更に事件の直前、霧恵が手首を切って自殺未遂したことも突き止め、いよいよ何か関係があると思わざるを得なくなっていた。

 

例え非力な女子でも、体格に大きな差がないなら、紐やタオルを使えば片手で絞殺するのは十分可能だったからだ。

 

 

 

詩音は霧恵のお見舞いに行き、伊島の死を伝えようかどうしようか迷っていたが、彼女は既にそのことを知っていた。

 

休校の知らせが気になって先生に電話しただけらしいが、自殺らしいことを聞くと一言、「良かったね」と呟いた。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子2巻

 

 

詩音ははっきり聞き取れず、聞き返す勇気も出なかった。

 

なぜなら、霧恵と仲良くなってから、自分をいじめていた人が次々と災難に遭っているからだった。

 

霧恵を信じたくとも、クラスメートの死を知ったばかりで朗らかに笑えるのが怖かった

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子2巻

 

 

7話

詩音をいじめていた人たちに災難が降りかかる。

 

それには他の生徒たちもすぐに気づき、いじめられこそしなくなったが詩音は以前とは違う意味で教室にい辛くなり、また図書室で時間を潰すようになった。

 

そこで委員をしている安部海里と知り合い、本の趣味が似ていることで話が弾み、特別にまだ貸し出せない新刊本を貸してもらえた。

 

 

教室に戻ってすぐ読み始めたが、彼のことが脳裏にチラついて集中できなかった。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子2巻

 

 

その時、退院した霧恵が久しぶりに登校してきた。

 

それでも生徒たちは二人に近づこうとせず、霧恵はそれが自分が原因だと思い詩音を気遣うが、痛々しい自傷の姿を思い出した彼女は、改めて友情を誓って励ました。

 

 

だが霧恵はすぐに詩音と安部が仲良くなっているのを嗅ぎつけ、彼女が照れて今朝の出会いを秘密にしようとするのに苛立ち、冷たい眼差しで話すよう迫った。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子2巻

 

 

その冷たい表情に負け、彼女は特別に新刊本を貸してもらったことを打ち明けた。

 

 

 

その頃警察は、霧恵の入院中のアリバイを調べ始めていて、1時間弱ほど誰も姿を見ていない空白の時間があるのを突き止めたが、その時間で学校まで往復して殺人を犯し、偽装工作するのは不可能に思われた。

 

その時偶然にも、霧恵と仲の良かった子が、彼女が退院したその日に急変して亡くなっていたことが分かった。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子2巻

 

 

 

週明け、詩音は霧恵と一緒に登校したが、教室に行く前に先に一人で図書室に本を返しに行った。

 

 

休み中に一気に読んでテンションが上がっていた詩音は、安部とまた話せたことで嬉しくなり、本好きで似ているところも多い彼にどんどん親しみが湧いていた。

 

そして彼からLINEの交換を切り出してくれ、さらに胸がトキめいていく

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子2巻

 

 

しかし、彼と楽しそうに話しているのを、霧恵に盗み聞きされているなど気づきもしなかった。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク