スポンサーリンク
著者名:室井まさね 引用元:煉獄女子2巻
スポンサーリンク

煉獄女子3巻ネタバレ感想

煉獄女子の漫画最新話、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

女子中学生の惨殺事件。

伊島の自殺?した事件。

その両方の近くにいたのが瀬尾霧恵。

詩音は霧恵の元同級生の安部に恋をしそうになっていたが、彼女は二人の関係に冷たい視線を向けていた。

 

11話

帆場愛子は入院患者らしく、頬がこけて不健康そうではあるが、見た目では精神を病んでいるようには見えなかった。

 

しかし、例の弁護士について訊こうとすると、抱きかかえた不気味な人形がまるで生きているように振る舞い、自分の赤ん坊だと思い込み愛情を注いでいる態度を見せた。

 

医者の話でも意思疎通は困難で、入院当初から人形を赤ん坊と思い込んでいるようだった。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:まんがライフWIN

 

 

 

詩音は手の平を返して霧恵に近づいて友達面をする女子たちと、囲まれる霧恵自身に複雑な思いを抱き、昼休憩になると逃げるように教室を出て図書館に足を向けた。

 

そこで安部に愚痴を漏らし始めたのだが、彼はあまり霧恵と仲良くしない方がいいと言い出した。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:まんがライフWIN

 

 

彼がそんなことを言うのは、伊島たちの噂だけでなく、中学の時から多くの忌まわしい事故や事件が霧恵の周りで起こっていたからだった。

 

 

化学の実験中に薬品が爆発し顔に大火傷を負った男子。

体育の授業中に平均台が壊れ、足を骨折した女子。

2年次の担任は児童ポルノ動画所持で辞職。

 

鳥羽と付き合っていた男子は、交通事故で死んだという。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:まんがライフWIN

 

 

霧恵がやった証拠はないが、偶然にしては多過ぎた

 

しかし詩音は霧恵が辛い思いをして追い詰められて自傷に走ったのを目の当たりにしたので、根拠のない噂で離れようとは思わなかった。

 

そして安部が例の噂の出所だと知り、彼のアドバイスを拒絶した。

 

 

帰りは当然のように霧恵が一緒に帰ろうと言ってくれ、彼と喧嘩したらしいのも察し、後悔しないうちに仲直りを勧められ、詩音は図書室に引き返した。

 

すると、まだ閉める時間ではないのにドアノブに閉館中の札がかけられていた。

 

ただ鍵は開いていたので入ってみると、背中を包丁で刺されて倒れている彼を見つけたのだった

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:まんがライフWIN

 

 

 

一方真壁たちは、帆場に刺された男に話を聞きに行っていた。

 

別れ話のもつれで刺されたその男は大企業の専務だったが、会社の会長の娘と結婚したことで昇進しただろうことは明らかだった。

 

その専務とは、詩音の父親の浦辺善弥だった。

煉獄女子

著者名:室井まさね 引用元:まんがライフWIN

 

 

感想

煉獄女子11話でした。

霧恵の両親が雇われか里親で、産みの母が帆場愛子と考えると、それで実の父である浦辺善弥の娘の詩音に固執しているなら分かりますが、過去の事件との関連性が分からないですね。

煉獄女子を読むならこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク