スポンサーリンク
著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ2巻
スポンサーリンク

教室自爆クラブ2巻
ネタバレ感想

教室自爆クラブの漫画最新話、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

3年前の中学自爆事件の生存者が集まった日、他の高校でもいじめの復讐をするため、芹沢という女子が身体に爆弾を巻きつけて教室を支配していた。

発端となった3年前の自爆事件。

その犯人を唆した元凶は、果たして誰なのか?

 

5話

あっけなく犠牲者一人目が出てしまった。

 

 

芹沢は警察を牽制した後、鈴木と瀬戸の判定に入った。

 

瀬戸はまさかいじめっ子の証言など信用しないだろうと高を括ったが、予想に反して殺人犯の娘だと暴露された鈴木が解放された

 

そして瀬戸は委員長の北畠と同じく服を脱ぐよう命令され、殺されないために仕方なく下着姿にならざるを得なかった。

教室自爆クラブ

著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ2巻

 

 

芹沢は先に脱がせた女子二人にも服を着るよう言い、残り11人になった今、最後のゲームをすると告げた。

 

 

 

一方城岩中学にいる新堂は、この場に居る生存者の中に共犯者Xがいると確信していることを伝えたが、恐怖に駆られた中江が教室から飛び出してしまった。

 

なぜか電話も通じず、全員が入って来たドアに、土井が出ようとしたときには仕掛けられていた爆弾。

 

みんなは新堂が出した手紙でこの教室に呼び出されたと思っていたが、新堂もまた何者かに手紙をもらって集まっただけだった。

教室自爆クラブ

著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ2巻

 

 

差し出し主の分からない手紙で集められたことが分かった直後、廊下の先からまた爆発音が轟いた。

 

 

そこには爆弾の残骸と、両足を吹き飛ばされた中江が倒れていた。

教室自爆クラブ

著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ2巻

 

 

6話

芹沢はごく平凡な家庭で育ったどこにでもいる普通の女の子だった。

 

しかし、三宅恵理と再会したことで日常は壊れていった。

 

 

元々小学校の同学年で顔を知っている程度の繋がりしかない相手で、中学の3年間の空白を経て高校で再会した。

 

それで特別仲良くもならずに関わりなく過ごしていたある時、三宅の顔が小学生の時とかなり変わっているのが整形だと噂になり、同じ小学校だっただけの芹沢が根拠もなく目をつけられた。

 

三宅がそれをどう思ったのか、急に芹沢の生理臭がどうのと難癖をつけてトラブルを起こし、いじめが始まるきっかけを作った。

教室自爆クラブ

著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ2巻

 

 

ありもしない噂を流され、担任教師は見て見ぬフリをし、男子は暴力と性犯罪で、女子は陰湿ないじめで芹沢を追い込んでいった。

 

それらは、未成年という理由で許されていいものではなかった

教室自爆クラブ

著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ2巻

 

 

 

残りは男子5人、女子6人。

 

芹沢は女子の一人にスマホを渡し、撮影役を任せた。

 

 

これから行われる最後のゲームは、男女でペアを組ませ、女子に男子の性器を舐めさせるというものだった。

それは、彼女自身がかつてされたいじめの一つだった。

 

10分以内に射精させれば女子の勝ち、耐えれば男子の勝ち。

敗者は教室に残り、芹沢と運命を共にしなければならなかった

 

 

先生を含めて男子たちは女子の前に立って下半身を露わにした。

教室自爆クラブ

著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ2巻

 

 

女子もやるしかないと覚悟を決め、掴んで必死にしごき出す。

 

そんな中、三宅はペアを組んだ男子に隠し持っていたカッターナイフを手渡し、彼は隙を突いて芹沢に襲い掛かった。

 

 

 

中江が爆発に巻き込まれた後、新堂は校舎の中を見て回り、外への出入り口や教室のドアなど、多くの場所に爆弾が仕掛けられているのを発見した。

 

そして教室に戻ると、帰ろうとした山口を追いかけて永田も教室を出て行ったことを知らされる。

教室自爆クラブ

著者名:アナジロ 引用元:教室自爆クラブ2巻

 

教室自爆クラブを読むならこちら

スポンサーリンク