スポンサーリンク
スポンサーリンク

はっぴぃヱンド3巻ネタバレ感想

はっぴぃヱンドの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

タイムリープをしている茜は、同じ目に遭っているさやかと協力体制を築いた。

しかし、やがてさやか一人で行動するしかなくなり、数え切れないほどの繰り返して精神が崩壊しそうになってしまう。

その時、ようやく茜が記憶を取り戻し、再び助け合える関係に戻った。

 

8話

蛙と蛇の絵。

 

落ちていた手の平程度のチップ。

 

 

タイムリープをするために操られていると考えた茜は、さやかが未だ見ていない、大量のコードに繋がれていたいづみを発見した。

 

そのコードで何をされていたのかが、また新たな謎だった。

はっぴぃヱンド

著者名:有田イマリ 引用元:はっぴぃヱンド3巻

 

 

さやかもさやかで、弥生にタイムリープを明かし、スタンガンで変異することなく元の状態に戻せた事実を資料に残せていた。

 

そしてチップを埋め込まれている可能性が浮上したところで、「サイバネティクス」という制御と通信を合わせた学問と通ずるところがあるのをさやかは思い出し、その資料を茜に見せた。

 

 

 

二人は一緒に旧保健室へ侵入した。

 

10分のタイムリミットを肝に命じ、さやかが先導して奥深くへ進んでいく。

 

七つ部屋が並んだ区画に出た。

 

手前から順番に入り、持てるだけの書類を鞄に詰め、出口へと引き返す。

 

さやかは妙にうまくいき過ぎる違和感を感じていたが、その理由が分からないうちに出口が見えてきた。

 

その時、茜が「チップ」と口にした瞬間、さやかの中で点が線になり、鼻と口から血が漏れ出した。

 

 

直後、ゾンビのように肌がボロボロで髪も抜け落ちた何者かが襲いかかってきた

 

僅かに残った髪に結わえられたシュシュと目の形。

それだけ見れば、いづみとしか思えなかった。

はっぴぃヱンド

著者名:有田イマリ 引用元:はっぴぃヱンド3巻

 

 

 

二人は必死に逃げながらやはり誰かに監視されていて、逃げられる直前にチップを使ってさやかに頭痛を起こさせたかも知れないと考えた。

 

 

とにかくアカズの家で整理したかったが、学校の外でも化物に襲われてしまう。

 

そしてまた必死に逃げ出した直後、今度こそ本物のいづみに行く手を遮られ、茜は突き刺されてしまう

はっぴぃヱンド

著者名:有田イマリ 引用元:はっぴぃヱンド3巻

 

 

更に多くの化物に取り囲まれ、さやかは茜を助けて逃げ切る算段が思いつかずにパニックに陥りそうになるが、瀕死の茜が自分を囮にしてさやかを逃がした。

はっぴぃヱンド

著者名:有田イマリ 引用元:はっぴぃヱンド3巻

 

 

思いを託されたあやかは必死にアカズの家まで走り、無事に辿り着いた。

 

しかし、中に入って気持ちを落ち着けた途端、背後から何者かに撃たれてしまう

 

 

覚えのない身なりと声色の第三者。

 

訊きたいことを訊いて答えをもらえないまま、また殺された。

はっぴぃヱンド

著者名:有田イマリ 引用元:はっぴぃヱンド3巻

 

 

そして6月4日に戻ったさやかは、手に入れた新しい資料に目を通し、また旧保健室に足を向けた。

 

はっぴぃヱンドを読むならこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク