スポンサーリンク
スポンサーリンク

チルドレン1巻ネタバレ感想

チルドレンの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

三浦みうが描くのは、ほんわかしたキャラデザとは反対に、血生臭いスプラッターホラーだ。

 

ある18歳の青年は母に紹介され、半年で300万円ももらえる住み込みバイトを始めることにした。

子供の世話と聞いていたから、きっと楽しく過ごせるだろうと考えたが、すぐに逃げ帰りたくなった。

 

 

チルドレン1話

東北の山深くにその施設はあった。

 

五十嵐透は誰か責任者の人はいないかと敷地の中を探し、墓らしき土盛りの前で一人の女性が涙を流して手を合わせているのを見つけた。

 

いつもの調子で自己紹介しながら握手を求めてしまい、馴れ馴れしさに手を引っ込めたが、彼女は両手でしっかり握り返してくれ、可憐な笑顔でここの園長の清水桜子だと教えてくれた。

チルドレン

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

仕事は子供たちの世話と家事手伝い

 

元は幼稚園で今は養護施設として使われているらしい。

 

そんなことより、桜子が14歳なのが何よりの驚きだった。

 

 

施設内を案内してもらっていると、さっそく悪戯っ子に足を引っかけられて洗礼を食らわされてしまう。

 

鈍臭いとバカにして笑うその子は、凛子と言って桜子に負けず劣らず美少女だった。

チルドレン

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

他にももっと小さな子が透の様子を窺っている。

 

彼は持って来たお菓子を餌におびき寄せ、うまくコミュニケーションを取ろうとしたが、夕食前の時間のお菓子を桜子に注意されてしまう。

 

年下でも園長らしく頑張っている様子の桜子だったが、耳元でそっと囁いてくるところなんて、とても14歳とは思えない色気があり、男慣れしているとしか思えなかった

チルドレン

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

 

一緒に食卓を囲み、そこでも透は持ち前の明るさでいただきますの音頭を取り、子供たちと打ち解けるために積極的な行動を心がけた。

 

食後のお風呂に浸かりながら、割の良さそうなバイトに安心していると、小さな女の子たちと一緒に桜子が入って来た

 

学年で言えばまだ中学生だが、体つきはそう大人と変わらない

 

それなのに桜子は透をもう家族認定して恥ずかしがる素振りも無く裸体を晒し、また年齢にそぐわない妖艶な笑みを見せた。

チルドレン

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

 

透が桜子の裸を思い出してなかなか寝付けずにいると、外から何かを叩く音が聞こえて来たので窓から顔を出すと、真下の地面で不気味な誰かが窓か何かを叩いているのが見えた。

 

そいつは透に気づき、倉庫らしい建物の方を指差した。

チルドレン

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

透が様子を見に行くと、倉庫の前にはシートに包まれた何かが置いてあった。

 

中を検めると、血塗れの大人二人が拘束されて詰め込まれていた

 

思わずあげた彼の悲鳴で子供たちが起き出して来てしまい彼は見せてはまずいと思って焦るが、子供たちは淡々とシートから血塗れの二人を引きずり出し、凛子が血塗れの鉈を持って来た。

チルドレン

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

彼は状況が飲み込めず倉庫の中に逃げ込んだ。

 

しかしそこには、何人もの死体がまるで小分けにされる前の豚や牛のように吊るされていたのだ

 

 

ドアを開けて桜子を先頭に子供たちが入って来た。

 

彼女はシートの中の一人の髪を掴みながら首を叩き切って殺し、「お仕事の時間よ」と言った。

チルドレン

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク