スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ
1巻1話ネタバレ感想

ゴブリンスレイヤーブランニューデイの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

大ヒット中のゴブリンスレイヤーのコミカライズの新作が登場。

エロとグロを余すことなく描いたコミカライズ版の新作で描かれるのは、ゴブリンスレイヤーに関わった人たちの物語である。

 

 

1話

新米戦士見習い聖女の二人パーティは下水に潜って、巨大ネズミ退治をしていた。

 

立ち上がれば1mはありそうなネズミが襲い掛かってきて、戦士は咄嗟に盾で防御して弾き返した。

その程度ではネズミにダメージを与えられないし腕が痺れただけ。

 

そして聖女に追撃しないのを咎められ、振り返って言い返したせいで、ネズミへの注意を切らしてしまった

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

ネズミは大ジャンプで頭上から襲い掛かってきたが、戦士はやけくそで剣を突き刺し、どうにか致命傷を与えることに成功した。

 

しかしそのまま圧し掛かられ、吐いた血を浴びせられてしまった。

 

噛まれずには済んだが口の中にも血が入り文句を垂れる戦士に対し、聖女は呆れながらもなんだかんだと心配して解毒薬を渡す

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

そして曲がり角の先に、ネズミが食べていたらしい白磁級の冒険者の亡骸を見つけた。

 

下水の害獣駆除は最低レベルの依頼だったが、新人冒険者が油断すればいくらでも死ぬ可能性がある危険な仕事で、だから冒険者に仕事が回ってくる。

 

聖女はせめて白磁の認識票だけでも持ち帰り、彼女を供養してあげようと思った。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

 

そうこうしているうちに、もう一匹ネズミが現れた。

 

駆除した証として耳を持ち帰る決まりになっていて聖女は急かし、彼はきつい物言いにぶーぶーと文句を言いながら刺さった剣を抜き取ろうとする。

 

しかし、骨にでも食い込んだのか、引っ張ってもこねくり回しても抜けてくれなかった

 

もたもたしているうちにもう一匹に威嚇され、水の中に落ちてしまう。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

頼りにならない戦士にまた呆れた聖女は立ちはだかり、神の奇跡を借りるために相手が秩序を崩壊させる敵なのだと強く意識した。

 

そして呪文を唱え、聖撃を発動し、一撃で巨大ネズミを仕留めた。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

一先ず危機は去り、ゆっくり剣を抜こうとしたその時、暗闇の向こうに無数に蠢く何かの気配があった

 

それは大黒蟲という、いわゆる巨大ゴキブリの群れだった。

 

剣は手元になく、聖撃は一日一回。

 

戦う術がない二人は恐怖と気持ち悪さで泣き叫びながら全速力で逃げるしかなかった。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

 

翌朝、馬小屋で目覚めた彼はどうしようもない自分の臭さに顔をしかめ、昨日の失態を思い出して溜息を吐いた。

 

剣を無くし、毒消しを消費しただけで依頼もこなせず、報酬もない。

 

極貧生活から抜け出す前に腹が鳴り、食堂へ行くと既に聖女が食べ終えた状態で待っていて、気まずい挨拶を交し合った。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

ゴブリンスレイヤーブランニューデイを読むならこちら

 

謝っても許してくれなそうな聖女を見て彼はどうしようか考えるが、元々世話好きなのか好意があるのか、聖女は大して怒っていないようで、彼の臭い服を洗ってあげると少し照れながら申し出てくれた。

 

昨日のことを引きずっていないにしても、とにかく依頼を成功させて生活費を稼がなければならない。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

あの剣を取り戻しに行くための武器がまず必要でも、買う金もなく、だから誰かに借りられたらいいのだが、そんなあては無い。

 

どうしたものかと悩んでいると、立派な武具を身に纏った槍使いが話しかけてきた。

 

事情を話し、槍使いは切羽詰っているのに共感してくれ、武器を貸してもいいと言ってくれるが、そもそも新人戦士の筋力でまともに扱える代物ではなかったし、それも無くされたら弁償する費用も稼がなければならなくなって、いよいよ八方塞がりになる。

 

槍使いとパーティを組んでいるセクシーで妖艶な魔法使いは彼の意見に同意しながらも、豊満な胸の谷間からアイテムを取り出し、それぞれに新人たちを驚かせた。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

それは不思議な模様の入った蝋燭で、探しているものが近づくと暖かくなる魔法道具らしかった。

 

魔法使いは戦士に囁きながら、気前よくプレゼントした。

槍使いは苦労している新人の髪をくしゃっと撫でて励ました。

 

颯爽と冒険に出かけていく二人のカッコいい姿に、戦士と聖女は見惚れてしまっていた。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

 

同じ新人冒険者で銀等級とパーティを組んでいる顔見知りに武器を借りれないか頼んでみたが、彼も大ナメクジとの戦いで剣を一振り失い、大剣使いから予備の武器を借りている真っ最中だという。

 

お互いに自分の失敗談を打ち明けながら、大剣使いの大将と両手剣使いの美しい女剣士との激しい稽古の様子を眺める。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

そうしていると、大剣も両手剣も欲しくなってくるのが人間というもの。

 

だがそれも、自在に振り回す筋力もなければ買う金もないと言われると、黙りこくるしかない。

 

それさえもナメクジ同期に笑われてしまうが、パートナーのエルフがギルドに相談する手があると教えてくれ、そっちに賭けてみることにした。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

 

武器がないからネズミ退治のいい方法を知りたかったのだが、そんなものがあれば誰も冒険者に仕事を依頼などしなかった。

 

ただし受付嬢は、妙案とばかりに違う角度のアドバイスをした。

 

それは、逆に相手の攻撃を受け付けないよう防御を固めるというものだ。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

だが、防具が買えるならまず武器を買いたい。

 

すると、ランタンじゃなく松明を好んで使って武器にする冒険者がいると教えてくれた。

 

その奇特な冒険者こそ、いい噂を聞かないが銀等級なのにゴブリン殺しだけをするので有名なゴブリンスレイヤーだった。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

ゴブリンスレイヤーブランニューデイを読むならこちら

 

確かに腕も経験も二人よりは遥かに上で、それは銀のクラスであることが物語っている。

 

しかし二人は以前、良かれと思って女神官に彼の悪い噂を伝えて引き剥がそうとしたことがあり、アドバイスを求めるのはさすがに憚られる思いだった。

 

それはそれとして、彼が棍棒を携え、女神官まで血塗れになっているのが気になった。

 

そこで聖女は勇気を振り絞り、話しかけてみたが、兜越しでも伝わる眼光の鋭さにたじろいでしまう。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

戦士が庇うように前に出て、疲れきってまどろんでいる女神官を起こさないよう静かに、どうして棍棒を使っているのか訊いてみた。

 

それは何でもない、剣のように刃毀れや血油を気にせず、ガンガン使えるからだけだった。

 

 

話し終わると女神官は眼を覚まし、二人は早々に立ち去ろうとする。

 

聖女はその時、女神官がいつの間にか黒曜級にクラスアップしているのに気づき、先日の非礼を詫びた。

 

女神官が一切気にせず朗らかに立ち去ったのを見て、二人はもう一度気合を入れ直して害獣駆除を再開することにした。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

 

装備とアイテムを整え、棍棒を買い足して準備OK。

 

このまま破産まっしぐらで戦士は農奴に、聖女は娼婦になるかも知れない未来を回避すべく、ネズミとゴキブリへのリベンジマッチスタート。

 

 

さっそく魔法使いにもらった蝋燭に炎を点してから進むと、駆除対象の巨大ネズミを発見。

 

二匹いたが恐れず一匹に棍棒を叩きつけ、頭に振り下ろすとあっけなく退治することができた。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

意外と使える棍棒に意気揚々と蝋燭が反応する方へ進んでいきながら、取り落とさないように持ち手と腕を紐で繋いでみた。

 

その直後、激しく蝋燭が燃え始めた。

 

そこにいたのは、昨日追われたゴキブリの倍はありそうな巨大黒蟲だった。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

逃げても逃げても蝋燭の炎が激しさを保っていることから、剣はゴキブリが飲み込んだとしか思えない。

 

壁でも天井でも自由に這い回り、かなりのスピードで追ってくるので追いつかれるのは時間の問題。

狭いところに逃げ込んでもゴキブリならするっと入ってきてしまう。

 

戦うしかないと覚悟を決めた戦士は、棍棒でボコボコにするためにまず聖女に聖撃を当ててもらって大ダメージを与える必要があると考えた

しかし素早いゴキブリに当てるためには、少しでも動きを止めなければならない。

 

そこで、聖女が腰につけているランタンをスカートごと引きちぎって取り、ゴキブリにぶつけた

 

瞬間的に炎が舞い上がり、ゴキブリは羽を広げて飛び、大きな的になった。

しかし、聖女はあまりの気持ち悪さにお漏らししてしまう。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

それでも戦士の掛け声で我に返り、聖撃を発動。

 

戦士はゴキブリがひっくり返った隙を見逃さずに棍棒でボコボコ叩き、ぐちゃぐちゃになるまで頑張り続けた

 

 

下半身が濡れたパンツ一丁になっても聖女は解毒薬を渡してくれようとするが、その前に、ゴキブリの中から剣を取り返さなければならなかった

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ

著者名:蝸牛くも 引用元:ビッグガンガン2018年6号

 

 

 

無事に地上に戻り、依頼成功を報告し、身体も綺麗にした。

 

やっとこなせたのは新人しか請け負わない最低レベルの依頼。

 

それでも、一日一歩前進したと思い、いつかドラゴンを倒せるような冒険者になるため、今夜はおいしいものでも食べに行くことにしたのだった。

 

 

感想

ゴブリンスレイヤーブランニューデイ1話でした。

これで漫画版は第三作目なので、相当な人気作なのが分かりますね。

これは原作4巻に当たる内容らしく、オムニバス形式になるようです。

今回は初々しい新人冒険者の二人で、なんだかんだ思いやりあっている関係が微笑ましく、ゴキブリはかなり気持ち悪かったです。

ゴブリンスレイヤーブランニューデイを読むならこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク