スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギフト±12巻ネタバレ感想

ギフト±の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

天廻功という宗教団体は鯨狩りの真似事をしていた。

ナナセという女性に興味を持った環だったが彼女は鯨ならぬ羊として処理され、環にも魔の手が伸ばされようとしていた。

 

裏切りの梨世の行く末

タカシは曹との会談の場にいた。

 

タカシはイニシアチブを取りたかったが、一事業主としての曹は自分の方が格上だと信じて疑わず、相手が信用を求めてくるところを突いた。

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±12巻

 

 

上の立場だからこそ、あえて下に見ているタカシにお願いという形で交渉を持ちかける。

 

 

クジラと羊で呼び名は違うが、臓器移植を生業にしているのは変わらない。

 

天廻功はクジラだけでなく、候補になりうる者も入信していた。

 

候補になるのは傷害・窃盗など更生の余地がある法に裁かれていない者もおり、その中には堕胎も含まれていた。

 

 

堕胎も法に触れ、生まれくる命を殺したのは理解できるが、そこまでの軽犯罪を対象とするのはタカシたちがクジラに認定するハードルと比べて低過ぎた。

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±12巻

 

 

タカシは反発するが、結果的にやっていることは変わらず、そもそも天廻功に限らずカルト的宗教集団に依存するような人間は、人生に絶望している者ばかりだというのは否定し切れない。

 

 

羊として捌くのもまた、再生医療の発展に寄与するため。

 

悪魔と呼ばれた独裁者やマッドサイエンティストたちこそ、医療の発展に一番貢献しているとも言われれば、それも否定できなかった。

 

 

 

交渉の返事が後日に持ち越された直後、加藤から環が行方不明になったと連絡が入った。

 

スマホとペースメーカーのGPSも切れていて、何か不測の事態に陥ってしまっているのは想像に難くなく、タカシと加藤はその現場に急行した。

 

 

その頃環は、ヌクイの指示で車に積み込まれ、どこかに拉致されようとしていた。

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±12巻

 

 

 

天廻功のメンバーが逃げた後に、タカシたちはGPSの所在が途絶えた天廻功の道場に着いていた。

 

そこで、普通の部屋を手術室として使っているのを発見し、おそらく拷問で飛び散ったであろう壁の赤い染みを見つける。

 

つまり、天廻功は曹に一方的に臓器を抜かれていたわけではなく、メンバーが臓器を抜く役目を担っていたのだと考えられる。

 

タカシはすぐに曹に電話をかけ、天廻功のアジトを教えることを条件に、手を組むことを受け入れた。

 

 

 

某県の山中にある山荘に運び込まれた環は、椅子に縛り付けられていた。

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±12巻

 

 

まだ意識を失っている環にヌクイは平手打ちで起こそうとするので、シイナはこの洒落にならない犯罪行為に違和感を感じ、うまく理由をつけて止めに入った。

 

それで代わりに殴られ、解脱の最中にと怒鳴られるが、素直に謝るシイナにヌクイも気を沈め、飴と鞭の要領でシイナを抱きしめた

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±12巻

 

 

それは自分の思い通りに相手を動かそうとする乙女心を利用した心理作戦に過ぎず、次の羊解体を環にさせるのを、シイナに手伝わせようとしていただけだった。

 

 

深夜になり、信者たちが熟睡した頃を見計らい、シイナは環を起こした。

 

環を逃がそうと暗い森の中をひた走りながら、環にも罪を負わせず、自分を助けてくれたヌクイにもこんなことはさせられないと思っていた。

 

しかし、そう時間はかからずヌクイたちに追いつかれてしまう

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±12巻

 

 

シイナはヌクイに恋愛感情を抱いてナナセに嫉妬していたが、ヌクイはナナセを性処理と臓器を得るためだけの存在としか見ていなかった。

 

急に本性を露わにしたヌクイを見てシイナは怯えを見せ、それが次の羊候補にされる決め手になってしまう。

著者名:ナガテユカ 引用元:ギフト±12巻

 

スポンサーリンク