スポンサーリンク
スポンサーリンク

進撃の巨人108話
ネタバレ感想

進撃の巨人の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

マーレに宣戦布告し、単独行動に出たエレンは地下牢で謹慎を言い渡されていた。

そこで漏らした独り言をハンジに聞かれ、問い詰められたエレンは怒りを抑えられなくなる。

そしてジークが考えた長期的な策に頼らざるを得なくなったパラディ島勢力。

ヒストリアは王家の血を絶やさぬため、お腹に子を宿すしかなかった。

 

108話

パラディ島に至極協力的だったイェレナたちは、ジークの真意が分からないとして拘束された。

 

 

中央憲兵ナイルを中心にお偉方はテーブルを囲んで酒を流し込み、義勇兵の拘束が滞りなく済んだことに上々な気分だった。

 

ただナイルだけは、義勇兵に恩義を欠いた真似をしたことを気にしていた。

 

しかし、ハゲ小太り眼鏡のローグはマーレ人というだけで嫌悪感を抱く旧弊な男で、ジークが何を考えているか分からない以上、放置するわけにはいかないのだと言い、始祖の巨人の力は自分たちユミルの民の記憶をいじれるのだからと恐ろしくもなさそうに怖がった。

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年9号

 

 

しかしナイルは、義勇兵に人質の価値があるのかどうか疑問だった。

 

そんなことは、ローグに分かることではなかった。

 

だから、こんな危うい状況になる前にヒストリアにジークを食わせておけば良かったのだと言い返した。

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年9号

 

 

過ぎたるを掘り返して文句ばかりを垂れ流すローグ。

 

ヒストリアがいつの間にかそこら辺の男と子供を作ったことを忌々しそうに罵る。

 

いき過ぎた発言をナイルは咎め、女王の恋愛にまで口を出すべきではないと諭した。

 

 

ヒストリアが選んだ相手は、かつて彼女に石を投げていじめたことがある少年で、それも彼女の気を引こうとした幼い行動だったらしい。

 

そして彼女が女王になり孤児院を運営し始めると、彼も当時の罪悪感から仕事を手伝うようになった。

 

そして何年か後、彼女の方から彼に気づいて相手に選んだのだった。

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年9号

 

 

それでもローグは、ヒストリアが王としての立場を分かっていないと批判する。

 

つまり、子供を身篭ったのがこのタイミングなのは、誰かがジークを食わせようとしていることをヒストリアに忠告したからだと思っていた。

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年9号

 

 

ヒストリアに巨人になる覚悟がないとは思えないから、後はジークを少しでも長く生きさせようとしたイェレナが吹き込んだ可能性が高い

 

 

ローグはとにかく手っ取り早く安心したいだけなのが透けて見えていたが、その考えを完全否定することも誰にもできなかった。

 

例え妊娠中のヒストリアが危険に陥ったとしても、巨人にしてしまうべきだと考えていた。

 

 

そんな危険思想を、給仕させているマーレ人に聞かれるのも構わず、偉そうにワインの追加を頼む。

 

そして部屋の外で待ち構えていたニコロは給仕係におすすめのワインを渡した。

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年9号

 

 

 

エレン以外の同期は一部屋に集まっていたが、サシャを弔った直後とあって重苦しい雰囲気に包まれていた。

 

理由はそれだけじゃなく、自分たちが出払っている間にピクシス指令が義勇兵を拘束したことを知ったからだった。

 

とは言え、そんな強硬策を取ったのも理解できたし、ジャンはエレンが単独でジークと何を話して向こうの策に乗ったのかを気にしていた。

 

 

コニーはサシャが死んだ時のことが頭から離れず、エレンに疑念を抱き始めていた。

 

もし自分たちと袂を分かつようなことがあれば、切るのも止むを得ないと考えていることを打ち明けた。

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年9号

 

 

当然、ミカサはそんなことはさせないと牽制する。

 

しかしコニーはミカサにさえ怒りの眼差しを向け、その時は一緒に裏切るつもりなのかと問い質す。

著者名:諌山創 引用元:別冊少年マガジン2018年9号

 

 

するとミカサは目を伏せながら、エレンは誰よりも自分たちを大切に思っているはずだといい、一年前の出来事を思い出すよう促した。

スポンサーリンク