スポンサーリンク
スポンサーリンク

異常者の愛5巻
ネタバレ感想

異常者の愛の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

ミドウとの同棲生活も我慢の限界を迎え、仕留めようとしたカズミ。

しかし返り討ちに遭い、異常な監禁生活に突入してしまう。

それでもイツキとシホに助け出され、四谷とも再会し、リベンジの機会を窺い出す。

 

異常者の愛5巻

被害者の女性たちに、脅しのネタに使われていたSDカードに手紙を添えて方々に送っていたカズミ。

 

その中にはもちろん先生もいて、彼女の方から連絡が来て会うことになった。

 

 

一時は肉体関係を持っていたとはいえ、彼に脅しのネタに使われるほどの動画を観られたことには苦笑いを漏らした。

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛5巻

 

 

そうした理由もあって先生は一度彼の部屋に行ったが、引っ越した後だった。

 

 

これから新居お披露目として彼は部屋に誘い、連絡先の交換も改めてしようと持ちかけた。

 

しかし、先生に自分のスマホは渡さず、逆に奪うように取り上げた。

 

それは、先生がミドウの犬として飼い慣らされているからだった。

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛5巻

 

 

待機していたイツキとシホも顔を見せ、戸惑う先生。

 

いつから怪しまれていたのか知りたがる先生だが、彼の方こそいつからミドウの駒になっていたのか知りたかった。

 

 

 

先生とミドウが繋がっていると気づいたのは、ほんの数日前だった。

 

27人の被害者の動画を確認していくと、使用されている部屋は何度も行ったことがあって見覚えのある先生の部屋に間違いなかった

 

同棲生活をしていたミドウが一人でいた時間は限られていて、被害者27人を一人で捕まえ、脅し、恐怖を刷り込み、動画を撮るには物理的に難しい。

 

だから、協力者がいると考えるのが自然だった。

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛5巻

 

 

先生も被害者の一人として脅されていて、仕方なく協力したのは理解できる。

 

だが、SDカードを奪い取ってもらった今もなぜ、ミドウに協力しようとしたのか分からない。

 

彼はその理由も察しがついているようだったが、そこからは先生自身が話し始めた。

 

 

 

先生はほぼマインドコントロールされた状態だった。

 

 

協力したと言っても、いきなり部屋に乗り込まれて気絶させられ、裸で拘束された。

 

目を覚ました時には卑猥な写真を部屋中に貼られ、助けを呼べない状況にされていた。

 

別室で行われる他の女性への拷問、同棲部屋に帰っている時間などの数日間、先生はろくに眠れず身動きもままならない残酷な方法で放置され続けた

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛5巻

 

 

ただただこの地獄から抜け出したいと思うようになり、全ての女性への拷問を終えたミドウはしかし、最後の仕上げにここまでずっと苦痛を受け続けた先生の動画を撮ったのだった。

 

 

先生にも一瞬逃げるチャンスはあったが、人を人と思わないミドウの恐ろしさに思考が停止し、裸の卑猥な写真など生温い動画を撮られた。

 

その間、逆にミドウが恥ずかしそうに笑っていた

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛5巻

 

 

 

ではなぜ、ミドウは先生を協力者に選んだのか?

 

 

罪悪感に苛まれ、協力者であることがバレて謝罪する先生が話す驚愕の真相はまだ終わっていなかった。

 

 

ミドウが四谷を連れ去ったのは、何駅分も離れた母校の小学校。

 

そこまで誰にも見られずに運ぶには車は必須。

 

つまり、先生は5年前の四谷の拉致にも協力し、あの時、現場にもいたのだった。

著者名:千田大輔 引用元:異常者の愛5巻

 

スポンサーリンク