スポンサーリンク
スポンサーリンク

忍ぶな!チヨちゃん2巻
ネタバレ感想

忍ぶな!チヨちゃんの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

忍の自分に気づいてくれたワタルに恋しちゃった雀チヨ代。

でも告白するどころか、顔をみせることもできずにストーキングに終始する日々。

色々頑張っているうちにワタルメイトのタマミと仲良くなれたけど、まだまだ一般人レベルの恋愛アプローチには程遠く・・・

 

忍べ!チヨちゃんとサヨ代

料理の腕は未だ壊滅的で殺人級だが、どうにか手作りお弁当を食べて欲しくてワタルをストーキングしていたチヨちゃん。

 

でも、やっぱり乙女心と忍の矜持が暴れ回って近づくことさえままならない。

 

 

そんな時、クナイが雨あられと飛んできた

 

全て紙一重で避けきると、クナイは地面に刺さってバラを描いていた。

 

そして頭上から槍で追撃してお弁当箱を破壊し、手作りサンドイッチを奪いせしめたのは、妹のサヨ代だった。

著者名:設楽清人 引用元:忍ぶな!チヨちゃん2巻

 

 

姉ラブのサヨは腑抜けた姉を思い涙したり、殺人級の味がするサンドイッチを食べて苦しんだりと表情豊か

 

姉が消しゴムに想い人の名前を書くおまじないをするほど恋にうつつを抜かしていると知った今、かつての姉に戻ってもらうためにやって来たのだった。

 

 

チヨはと言えば、ワタルの写真を目の前にするだけで前髪をチェックせずにはいられないほど。

著者名:設楽清人 引用元:忍ぶな!チヨちゃん2巻

 

 

男は道具としか思っておらず、忍にまともな恋なんて必要ないし無理だと思っているサヨが提示した条件は、鬼ごっこ勝負

 

 

サヨが追いかけるのは大好きな姉。

チヨが追いかけるのは大好きなワタル。

 

先に標的にタッチした方が勝ちで、チヨが負ければ転校してワタルを忘れなければならない

 

 

物心ついた頃から気配のなさと素早さだけは天賦の才能があったチヨは割りと自信を持ち、勝負に乗った。

 

 

 

いざスタートすれば学校中に張り巡らせた秘密のからくり通路を利用し、あっという間にサヨを巻くことに成功したが、サヨはまるで慌てていなかった

 

 

さて、チヨはまず色々な状況に対応できるようにしていた重ね着を脱ぎ脱ぎ

著者名:設楽清人 引用元:忍ぶな!チヨちゃん2巻

 

 

胸を潰して男子に変装してワタルの背後から忍び寄ろうとしたがやはり触れずに躊躇

 

その直後、サヨに見つかってタッチされそうになったが、ギリギリのところで残像を残して離脱。

 

 

なぜ居場所も変装もバレたのか分からないまままたすぐに見つかり、術が得意なサヨの火遁の術を食らわされて恋焦がれる心と共に服も焦がされた

 

そこで実は、ワタルに恋するようになってから、悶々とした乙女の気配が漏れ出ていることを指摘され、恥ずかしくさせられる。

 

食事中も任務中もお風呂の時も、寝ている時でさえ何かにつけてワタルのことを考えてピンク色の気配を漂わせていると言われ、赤面を止められない。

著者名:設楽清人 引用元:忍ぶな!チヨちゃん2巻

 

 

ならば、「」と呼ばれていた頃のように無心で逃げ、身を隠すが、「ワタル」と一言聞こえればすぐに脳内がピンク色になってしまい、最早ワタル関連で平静を保つことは不可能だと思い知らされた。

 

 

 

逃げ続けて体力も削られ、万事休す。

 

かと思ったその時、サヨが槍で薙ぎ払ったのは茂みの中でエロ本を読んでムラムラしていた男子コンビだった

 

つまり、誰のピンク色気配かまでは区別できない。

 

 

そうと気づいたチヨは、恋の素晴らしさを経験していない妹を出し抜く策を思いつき、渾身の力で鎌鼬の術をぶつけた。

著者名:設楽清人 引用元:忍ぶな!チヨちゃん2巻

 

 

それで目を眩ませた隙に、再び生徒たちの中に紛れて身を潜ませた。

 

 

当然サヨは、ふわふわと漏れ出ているピンク色の気配を辿って追跡。

 

しかし、生徒の中を探し始めると誰も彼もがピンク色の気配を漏れ出させているし、なぜか自分に視線を向けている

 

 

その時、サヨはようやく気づいた。

 

さっきの鎌鼬は、自分の胸元をはだけさせるための一撃だったのだと・・・

著者名:設楽清人 引用元:忍ぶな!チヨちゃん2巻

 

 

 

そして追跡を振り切ったチヨは、ワンコと戯れているワタルを発見。

 

どうにかこうにか背後から忍び寄り、恥ずかしがる乙女心を奮い立たせ、身を隠したくて仕方ない忍心を押さえつけ、彼のシャツをそっと摘んで勝負に勝った

著者名:設楽清人 引用元:忍ぶな!チヨちゃん2巻

 

 

恋をしても弱くはなっていないと証明したチヨは、これでサヨを納得させることができた。

 

そして、ワタルを触った右手を保存するため、左手で修行を始めた。

忍ぶな!チヨちゃんを読むならこちら

スポンサーリンク