スポンサーリンク
スポンサーリンク

天国大魔境1巻
ネタバレ感想

天国大魔境の漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

「それでも町は廻っている」の石黒正数最新作。

閉ざされた施設内で教育を受け、それなりに楽しい生活を送っている子供たち。

文明が崩壊した後の世界で、ある目的を持った少年とボディガードの少女が旅をしていた。

 

 

施設サイド

空が見えず、周りは壁に覆われた巨大空間。

 

学校か福祉施設のような建物に住んでいる少年少女たち

 

周りには人工的な林が広がっている。

 

 

子供たちはグループに分かれて授業やテストを受けていて、指導・監督しているのは喋るロボットだった。

 

トキオという短髪で目が綺麗な少年は、数学のテストなのに最後の問いに、イエスorノーで答える「外の世界に行きたいですか?」があるのを見て、ロボット先生に意味が分からないと質問した。

 

しかし、次の瞬間にはその問題は消えていて、錯覚でも起こしたのかと思って椅子に座った。

著者名:石黒正数 引用元:天国大魔境1巻

 

 

 

子供たちは得意なことがはっきり違っていて個性的だった。

 

 

なぜか抜き打ちテストがあると予知し、この壁の外に世界が広がっていると確信しているミミヒメ

 

テストの最後の問題が見えたトキオ

 

頭の回転が速いが、体が不自由で車椅子に乗っているタラオ

 

とても身軽でトカゲのように木に張り付けるクク

 

絵が得意で奇妙な絵をよく描くコナ

 

運動神経と身体能力が超人的で体も丈夫なタカ

 

工作が得意で、ミミヒメが気になっているシロ

 

 

トキオがテストにあるはずのない問いを見たその日、ミミヒメは壁の外に世界が広がっているようが気がしていると打ち明けた。

 

外の世界に出たいと願っているうちくっきりとしたイメージができてきて、外の世界から助けに来る二人のうちの一人がトキオにそっくりなのだという。

著者名:石黒正数 引用元:天国大魔境1巻

 

 

 

トキオはミミヒメの話が気になり、その日の夜、部屋を抜け出し建物を抜け出し、壁に近づこうとしたその時、園長先生たちに呼び止められた。

 

素直に外の世界があるか訊いてみると、園長先生はいずれ知ってもらうことだからと傍の二人を納得させ、外の世界はあると断言した。

著者名:石黒正数 引用元:天国大魔境1巻

 

 

ただ、外は怪物だらけの地獄だという。

 

 

 

次の日、タラオにその話をしてみると、外の世界というより、この施設には子供たちが入れない区画が少なくないからそこもある意味外の世界で、入らせないようにするための先生たちの脅しだと言われ、トキオは少し納得した。

 

その後、もらうはずだったコナの絵をククが持っているのを奪い取ろうとしたが、同じくコナの絵が好きだと言われると、素直に謝った。

著者名:石黒正数 引用元:天国大魔境1巻

 

 

ミミヒメと話しながら絵を描いているコナを見つけ、先にククにあげてしまった恨み言をぶつけると、次の絵はトキオのために描くと言ってもらえ、あっさりと機嫌を直した。

 

絵一枚で泣いたり喜んだり忙しいトキオをからかうミミヒメ。

 

 

それを羨ましそうに見ていたシロはその夜、シャワーを浴びた後でミミヒメからメールが来ているのに気づき、すぐに内容を見た。

 

しかし文面はなく、シャワーを浴びているミミヒメの写真が添付されていて、より意識せざるを得なくなってしまう。

著者名:石黒正数 引用元:天国大魔境1巻

 

 

 

後日、トキオとミミヒメがキャッチボールをしていると、タカが壁にも貼り付けるメンテロボットを二台、林の中にある太い柱に取り付け、それに乗ってどこまで上れるかという、危険極まりない実験を始めようとしていた。

 

 

ギャラリーに見つめられながら、平気な顔をしてどんどん上がっていくタカ。

 

しかし、コントロールできないロボットが左右に離れていき、タカは足を開くのも限界でなすすべなく宙に放り出されてしまって地面に叩きつけられた

著者名:石黒正数 引用元:天国大魔境1巻

 

 

即死してもおかしくない高さだったが、平気な顔で立ち上がり、驚いたミミヒメに抱きつかれて鼻血を出したシロを、逆に心配するのだった。

 

そしてミミヒメは、キャッチボールをしていた時に何かが落ちてくる予感がしていた

著者名:石黒正数 引用元:天国大魔境1巻

 

スポンサーリンク