スポンサーリンク
スポンサーリンク

たとえ灰になっても
47話48話ネタバレ感想

たとえ灰になってもの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

心理戦の要素が強かった裏切りござれの鬼ごっこが終了。

最終的に鬼のままゲーム終了を迎えたのは、姫蘭、沙羅、カエデの3人。

罰ゲーム執行人のシロエルが降臨し、彼女たちに残酷なる死が与えられようとしていた。

 

47話

暗雲垂れ込め雷鳴響く空から舞い降りてきたのは、クロエルの髪をロングにし、服を白に変えただけにも見える神の御使い見習いのシロエルだった。

 

参加者たちはシロエルを初めて見るので、クロエル以外にも天使がいることにまず驚いた。

著者名:鬼八頭かかし 引用元:ヤングガンガン2018年16号

 

 

シロエルは正義の味方のように、ノリよく地面に降り立った。

 

しかし、見た目の可愛らしさに反して着地の衝撃は凄まじく、地面が砕け散った

 

 

 

カエデは二人の天使のネーミングがまさか服の色からきているのかと心配になりながら、一回戦はAグループ同士だった沙羅に、殺された二人にも申し訳ないし、これでAグループは全滅かと話しかけ、沙羅も同じ思いを返した。

著者名:鬼八頭かかし 引用元:ヤングガンガン2018年16号

 

 

カエデは死ぬのが怖いだけで、現世の生活に未練はなかった

 

だから今、せめて大切な相手である四宮良真ことユキを助けられたことに、わずかながら自分の人生に価値を見出していた。

 

 

ユキを良ちゃんと呼び、彼の幸せを願ってピースサインを送るカエデ。

 

しかし、ユキはカエデが自分と関わりのある誰なのかは分からず、優しい眼差しに戸惑うばかりだった。

著者名:鬼八頭かかし 引用元:ヤングガンガン2018年16号

 

 

 

もう一人の敗退者姫蘭は、残酷なる死が間近に迫っているのに薄ら笑いを浮かべているカエデに内心で毒づき、恨み言をぶつけ、しかし、シロエルが降臨したのを見て死を覚悟せざるを得なかった。

 

どうせ死ぬしかないのなら、残酷なる死を執行される前に自ら命を絶ち、少しでも尊厳ある死で終わらせたいと考えた。

 

そして姫蘭は勝ち残った参加者に向け、本名を名乗ろうとした

著者名:鬼八頭かかし 引用元:ヤングガンガン2018年16号

 

 

それはまさに、姫蘭の最期の魂からの叫びになるはずだった。

 

しかし、名前を言おうとすると喉に何かつっかえたようにその言葉だけが出てこない

 

 

抜け目ない残酷なる天使は用意周到だった。

 

ゲームが終了し罰ゲーム執行が決まった段階で、自ら名前を名乗って自殺できないよう、仮の身体に制限をかけてあったのだ。

 

人が苦しみ、泣き叫ぶところが見たいクロエルが、最高の楽しみを台無しにしてしまうようなミスをするはずがなかった。

著者名:鬼八頭かかし 引用元:ヤングガンガン2018年16号

 

 

もちろん、他者にどこの誰か悟らせるような個人情報も言えなくなっていた。

 

 

姫蘭は誰でもいいから名前を言ってもらうしかなかった。

 

自称大人気アイドルを名乗り、それを誇りに、誇りをかけてスターダムを駆け上がるために他人を騙して現世に戻ろうとした。

 

知っているのか知らないのか、誰も姫蘭の本名を呼ぶことは無く、最後の希望が叶えられることは無かった

著者名:鬼八頭かかし 引用元:ヤングガンガン2018年16号

 

 

姫蘭が絶望していく表情を堪能したところで、クロエルは処刑執行の舞台を出現させた。

 

 

地中からぶっとい柱が何本も現れ、瞬く間に建物ができあがっていく。

 

完成したのは、ローマのコロッセウムを思わせる円形闘技場だった。

 

 

これから行われる処刑も当時のコロッセウムと同じ、姫蘭が奴隷剣闘士となり戦わされる格闘地獄だった。

著者名:鬼八頭かかし 引用元:ヤングガンガン2018年16号

 

 

相手はもちろん、処刑執行人のシロエル。

 

ただ、まだ姫蘭には生き残る可能性が残されていた

 

 

シロエルはクロエルのようにいくらでも分身があるわけではなく、この格闘地獄で返り討ちにしさえすれば残酷なる死は免除されて次に勝ち上がれるという。

著者名:鬼八頭かかし 引用元:ヤングガンガン2018年16号

 

スポンサーリンク