スポンサーリンク
スポンサーリンク

BTOOOM!26巻Dark真実編
ネタバレ感想

BTOOOMの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

坂本父たちも拘束され、輝夜がついに被弾。

坂本たちはこのままゲームを壊して巨大組織に犯罪者に仕立て上げられて追われる日々を過ごすか、通常通り最後の3人になるまで殺し合い平穏な今後を手に入れるか選ばされようとしていた。

そして4個のチップを持っている織田が、真っ先に坂本に決闘を申し込んだのだった。

 

26巻Dark真実編

織田が主催者側についたと判断した上杉は銃口を向けて牽制した。

 

とにかく、瀕死の輝夜を下ろせと指示し、織田も素直に彼女を地面に下ろそうと屈み込んだ。

 

と同時にホーミングBIMの狙いを上杉に定めて、輝夜を抱えたまま木の陰に隠れた。

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

上杉は一瞬判断を迷い、BIM目掛けて銃を乱射し始める。

 

小さな標的になかなか当たらず、弾が切れた直後に最後に撃った一発が運良く当たってくれた。

 

しかし、BIMはもう目前まで迫っていて爆発に巻き込まれてしまうのだった

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

 

チップを通して上杉の悲鳴を聞いた坂本はまさかと思い織田に殺したのか訊き、織田は事も無げにそれがどうしたと肯定した。

 

 

坂本に織田と戦う決心がつかないでいると、ヒミコがやって来た。

 

織田にドローンから助けてもらえ、今度は上杉に逃がしてもらったヒミコは、彼の安否が分からないまま爆発だけを目撃していた。

 

織田にも譲れないものがあるのはヒミコも分かっていたが、でも、あまりに残酷な二択を迫られているこの状況がとにかく辛くてどうしようもなかった。

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

そして坂本は、織田の決意が変わらないと思い、輝夜に危害を加えない条件で決闘を受け入れた

 

 

一人で生きるにはハンディが大きすぎる母のため、織田には正当な方法でゲームクリアするしか道がなかった。

 

ペリエの護衛部隊もプレイヤー同士の戦いには干渉しないと宣言して身を引く。

 

しかしプレイヤーたちを助けて悪の組織に一矢報いることが目的のペリエは、ゲーム再開されては自分がここに来た意味がないと思った。

 

 

ヒミコと吉良に輝夜と上杉の救出を任せた坂本は、海の傍の岩場を決着をつける舞台に選んだ。

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

 

織田はこれを最後に、坂本の考えを変えるために言葉を紡いだ。

 

 

瀕死の輝夜と上杉に止めを刺し、殺されて当然のサイコパス吉良を殺せば、ヒミコを入れて3人でクリアして平穏な生活に戻れると諭す。

 

しかし坂本は、このデスゲームに放り込まれたことによって得られた誇りや大切な気持ちを捨てるなど考えられず、意地でもこのプロジェクトを壊してやるつもりだった。

 

 

結局二人は相容れず、最後の戦いの幕が上がった。

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

 

輝夜と上杉はあからさまにトラップが仕掛けられていそうな場所に寝かされていた

 

二人の上下左右に設置されているリモコン式BIM。

 

織田が坂本と戦いながら吉良たちの動きを把握できているのかいないのかが分れ目だったが、上杉の来るなという忠告を無視して、吉良とヒミコは二人を助けるために堂々とその場に踏み込んだ。

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

瞬間、しっかり坂本と距離を取りながら上杉たちを監視していた織田はリモコンのスイッチを押し、大爆発が起こった

 

 

だが、ヒミコたち4人はほとんど爆発に巻き込まれずに二人を救出できていた。

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

二人に近づく前に一方向だけBIMを解除し、二人を担いで爆発が起こらないそっち方向へ逃げたのだった。

 

 

日常でもこの島でも散々人を殺し、東郷を守れず輝夜も大怪我をさせたことを悔いていた吉良は、ようやく誰かを助けることができてむせび泣いた。

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

しかしペリエには、幸運が味方してギリギリ助かったようにしか見えなかった。

 

そこでMAPデータから見つけていた大戦中に作られた秘密の地下壕を抜け、手配している潜水艦で脱出することを持ちかけた。

 

ティラノス側はすぐにドローン部隊に報告し、ドローン部隊はまたペリエ介入を理由にヒミコたちに攻撃を仕掛け始めた。

 

再びペリエ護衛部隊もペリエを守るために戦い始める。

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

スナイパーのユリアが確実にガンフライヤーを撃ち落していくが、グレネードランチャーがプレイヤーに発射される。

 

しかし、上杉と吉良が協力して輝夜を抱え、爆撃から逃げ延び必死で走った。

著者名:井上淳哉 引用元:BTOOOM!Dark真実編

 

 

だが今度は、キティンが操るADSドローンが待ち構えていた。

スポンサーリンク