スポンサーリンク
スポンサーリンク

マザーグール3巻
ネタバレ感想

マザーグールの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

絶海の孤島に漂着した朔也たち。

求心力と人望のある笙子グループが狂気に満ち始めているのを危険に感じ、再び別行動へ。

化け物が女の子を選り好みしている要因は、果たして妊娠可能な身体かどうかで判断しているのか?

謎が解明されないままトリノと合流するため、朔也たちは崖沿いの道を進み出したのだが・・・

 

なつのとちなみ

なつのは化け物に掴まれ、崖下に引き摺り下ろされてしまった。

 

ジャングルの枝葉に顔が傷つけられていくと、なつのは母に愛情を注がれていた幼少期から、憎まれるようになった思春期までの人生を思い出した。

 

 

 

整った容姿に長い髪が良く似合う美少女だったなつのは、見た目に反して行動的でお転婆な少女であり、母はハラハラさせられていたが、我が子の優しさを身に染みて感じ、心から愛していた

 

 

だがなつのは、母が好む女の子らしい振る舞いや格好が徐々に苦手になっていった

 

 

映画もアクション系を好むようになり、そうして部屋に居るよりも、スカートをたくし上げてでも弟の友達に交じってサッカーする方が何倍も楽しかった。

 

 

そんなある日、自分の身体に変化が起こっているのに気づいた。

 

変化はどんどん大きくなり、同級生がブラをつけ始める頃になると、なぜ自分の身体だけ違うのか分からず怖くなっていった。

 

そして部屋で手鏡を使い確認していた時、ついに母に見つかってしまった

 

 

すぐに病院に連れて行かれたが、医者の言葉は何一つ頭に入ってこず、代わりに母が真剣に聞き入っていた。

 

 

それから母はなつのがずっと優しい我が子のままでいてもその優しさを拒否し、変わってしまった娘を悲しみ憎み、愛さなくなっていった

 

 

 

やがて笙子に救われる一言をかけてもらったところまで思い出し、なつのは朔也たちが追いかけてきてくれているのに気づいた。

 

 

トリノの仮説が正しいなら、産めない身体の自分は解放される。

殺されるなら、トリノの仮説が間違っていると証明できる。

 

なつのはどちらにしろ化け物の生態を知るチャンスだと思い、自ら口の中に頭を差し込んだ

 

 

すると、やはり仮説が正しいのを裏付けるように化け物はなつのを解放した。

 

 

しかし直後、あの時一緒に観た映画の主人公のように助けに来たちなみが空中から落下して地面に叩きつけられて重傷を負い、大量出血した。

 

だからなのか、化け物はちなみに襲い掛かろうとしていた。

 

 

化け物より一歩早く間に合ったが、背中を引っ掻かれた。

 

それでも大きな木の根の下にちなみを強引に押し込んだ。

 

しかし、化け物はちなみから狙いを変えようとしない

 

その時、朔也たちが加勢してくれ、二人で木の根の中に潜り込んで避難した。

 

 

ちなみは背中を太い枝に刺され、顔にも大きな傷を負い、息も絶え絶えになつのへの友情を伝えていく。

 

なつのは身体の変化に戸惑いわざと孤立するように冷たい態度を取っていただけだが、とても仲の良い幼馴染だったちなみは自分に落ち度があったのだと悩み、彼女を救える機会が来ることを願っていた。

 

 

母に憎まれ、発覚するのを恐れて陸上も辞め、誰にともなく謝りながら空しい日々を送っていたなつのは、変わらず仲良くしたいと思ってくれていた一番身近な存在にようやく気づいた。

 

 

傷は深く、顔にも大きな傷ができ、もし助かったとしてもお嫁にはいけないと嘆くちなみ。

 

するとなつのは自分が助けるから、私のお嫁さんになればいいと励ました。

 

 

それは女子同士の戯れの求婚ではなく、本気の言葉だった。

 

 

 

なつのはわざと捕まって囮になり、地中から引きずり出された。

 

反撃しようとするが放り投げられ、そこに朔也たちも追いついてきた。

 

 

一人でも十分倒せた化け物とはサイズが違い過ぎて倒そうと思うだけで相当な覚悟が必要だったが、瀕死のちなみを助けるためには立ち向かうしかなく、4人は覚悟を決めて一斉に攻撃を仕掛けた

 

スポンサーリンク