スポンサーリンク
スポンサーリンク

教室自爆クラブ3巻
ネタバレ感想

教室自爆クラブの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

同時に二つの学校で行われたテロ事件。

芹沢は自爆覚悟でいじめの復讐を、新堂はかつての自爆テロの共犯者を探すため、生き残りの同級生を集め追及していた。

そして芹沢は警察の前に姿を現し、城岩中学でも永田が共犯者だったと明るみになった。

 

9話

小学生の頃の新堂は、万引きの常習犯だった。

 

その日もいつものようにレトルトのご飯を鞄に詰め込み、何食わぬ顔で店を出た。

 

しかし、盗んでいるところを同い年くらいの女の子に見られていて、店を出てから注意された。

 

店に突き戻されるわけでもなかったが、新堂はイラついて盗んだものを投げつけ、逆に注意し返した。

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

 

 

当然相手もイラつき、泥棒がいると大騒ぎされて逃げざるを得なくなった、

 

それが新堂と中越の自爆テロで死んだ彩夏との出会いだった。

 

 

 

後日、彩夏の教室に転校生としてやって来たのが新堂だった。

 

転校してくる前から知り合ってはいたが全く甘酸っぱさのない再会になってしまい、最悪の初対面だったこともあり、お互い関わらないようにしようと決めた。

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

 

 

しかし、彩夏を好きな達也は転校初日から新堂に目をつけ、取り巻きと連れ立ってさっそくリンチするクズな一面を思い知らせた。

 

 

その日の帰りも彩夏はまた新堂が万引きして逃げているところを目撃し、良かれと思って次の日に担任に報告した。

 

その後で新堂がリンチされている瞬間も目撃してしまい、正義感で顔を突っ込んだ。

 

そして、勢い任せで告白してきた達也を手酷く振った

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

 

 

しかし、新堂は相変わらず感謝せずにそのまま帰ってしまい、彩夏が鞄を届けなければならなくなった。

 

ようやく見つけ出した新堂の家はボロいアパートの一部屋で、幼い妹3人と4人暮らしをしていることを知った。

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

 

だから、新堂自身も親に甘えたい盛りの子供なのに、兄として妹たちのためにご飯を万引きしているんだと分かった。

 

 

彩夏は子供だけで生活していることは誰にも言わず、事情も深く聞かず、食堂を営んでいる自分の家から色々持って通うようになった。

 

お互い関わらないようにしようという決まりは自然消滅し、学校でも外でもよく一緒にいるようになり、新堂はせめてものお返しに勉強を見てやるようになっていった。

 

やがて最初に好意を示したのは彩夏からで、新堂は最初の頃と変わらずぶっきらぼうな態度だったが、彼女に感謝し、好意を感じていた。

 

 

 

そして中越が自爆を起こし、新堂は生き残って彩夏は死んだ

 

同じ学校に行くために頑張って勉強していた彩夏の無念を晴らすため、新堂は容疑者をかつての現場に集めたのだった。

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

 

 

例えどんな理由があろうと、殺人は殺人でしかないと思っていた。

 

 

10話

警察は教室に突入し、人質たちを解放しようとしたが、爆弾のコードが絡み付いていて遅々として作業が進んでいなかった

 

 

昇降口から外に出て警察に姿を見せた芹沢は、大勢の人間に見てもらっている今、未成年の主張をやりたいと言い出した。

 

警察は手が隠れていて狙撃ができない今、その要求を飲む代わりに、瀬戸にせめて上着をかけてやりたいと交換条件を出した。

 

芹沢がそれを受け入れると、警察は上着を手渡すときに、芹沢がスイッチから手を放したらサインを送って欲しいと、人質の瀬戸に任務を与えたのだった。

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

 

 

そして芹沢は、声を大にして自分がどんな酷いいじめを受けて来たのか暴露し始めた。

 

 

退屈凌ぎでしかない暴力と強姦で尊厳を奪われ、友達は離れ、先生は見て見ぬふり、両親さえ距離を置くようになり、毎日死にたいと思う地獄の日々

 

全てはいじめる側が悪く、いじめることそれ自体が問題であると主張。

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

 

 

今もどこかでいじめられている人々に向け、復讐をしてくれる仲間たちがいると宣言し、手を上げた瞬間、瀬戸が合図するまでもなく芹沢の身体を銃弾が貫いた。

 

腕を撃ってスイッチを押させないようするのではなく、殺意を持って身体が撃たれたのだった

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

 

 

ずっと芹沢を助けたいと思っていた瀬戸は、地面に倒れて血溜りに濡れていく普通の女の子だった同級生から目を離せなくなった。

 

 

 

芹沢が永田と出会ったのは、様々な事情で学校に通えない子供が通うフリースクールだった。

 

永田は中越を恨んでおらず、ただの傍観者だった自分が殺されても文句は言えないと思っていた。

 

だから、奇跡的に助かった今、いじめを無くすために行動を起こそうとしていた。

 

芹沢をじめていた奴らが、学校に来なくなった芹沢をどうやって自殺に追い込むか楽しそうに話している盗撮動画を本人に見せ、復讐の念を増幅させたのだった。

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

 

 

担任さえもいじめを黙認していたことを教え、いじめを世界からなくすという大義名分で自分の考えで芹沢を染め上げていった。

 

そして芹沢は、いじめた奴らは相応の報いを受けなければならないと思うようになった。

 

 

 

教室にいた担任と生徒の計8名がまだ解放されないうちに爆弾が起爆し、人の尊厳を奪ったクズたちはきっちり復讐された

 

芹沢は薄れ行く意識の中、たった一人だけいじめから密かに助けようとしてくれた瀬戸にお礼を言い、息を引き取った。

著者名:アオジロ 引用元:教室自爆クラブ3巻

スポンサーリンク