スポンサーリンク
スポンサーリンク

チルドレン2巻
ネタバレ感想

チルドレンの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

住み込みバイトの軽い感覚で山奥の施設を訪れた五十嵐透。

子供しかいなかったそこの園長は、時折大人っぽく妖艶な表情を見せる、まだ14歳の清水桜子という少女だった。

しかし、彼女を含めここにいたのは、平気で人を殺して解体する恐ろしい子供たちばかりだった。

 

7話

透の布団に潜り込んでいたのは、未来の頭部だけだった。

 

透の理解が追いつかずに放心していると、さくとやりんごが何かを伝えに飛び込んできた。

 

透の布団に未来の生首があるのを見て、彼が殺したと思い、責めるような視線を向けた。

 

 

やがて桜子も駆けつけ、惨状を見て透がついに殺人を犯したと思い、恍惚の表情で喜んだのだった。

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

透はやはり、桜子は狂いすぎた悪魔だと思えた。

 

 

怒りを抑え切れずに床を叩いた透に、夏陽はこの施設の平穏を脅かす危険人物だと改めて指摘し、住人同士の仲間割れをこれ以上起こさぬよう、処分すべきだと園長に訴えた。

 

しかし、なぜか透を特別視し、好意を抱いているらしい桜子はそれを認めず、素質があると答えて反論を許さなかった。

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

夏陽は怒りを露にし、ドアを叩いてどこかへ去っていった。

 

 

 

未来が殺され、凛呼も姿が見えず殺されてしまったようだった。

 

 

騒ぎが治まり、少し落ち着いた透は未来の見開かれた目を閉じさせ、せめてもの供養の気持ちを示した。

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

直後、同じ部屋で寝ていた翔がごそごそと布団から這い出て来た。

 

顔は青褪め、異様なほどに身体が震えている

 

翔が何か言おうと口を開いたが、双子の弟の航が余計なことを喋らせないためか、咄嗟に手で制して口を閉じさせた。

 

透が誰が未来を殺したのか察したその時、未来の身体が普通に部屋で放置されているのが見つかった。

 

 

見つけたりんごとさくとが運ぼうとするが、りんごは首無し死体になった未来に近づくにつれ、手の震えが止まらなくなった

 

すると透は、自分が運ぶと申し出た。

 

ただでさえ小さく軽かったはずの未来は、透一人で訳も無く軽々と持てた。

 

悲しみよりも憤りが濃くなった透の目を見た翔は耐え切れず、誰が聞いても殺したと白状していると思われる拙い言葉で自己弁護し、透はその目のまま見下ろした。

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

しかし、何も言い返しはしなかった。

 

 

 

未来の遺体は、桜子が敷いたブルーシートに運んだ。

 

透はせめて土葬か火葬にしてやりたいと言うが、このまま土に埋めれば動物が掘り返す可能性が高いし、火葬するには煙が出すぎてバレてしまうから駄目だという。

 

解体するのが弔う意味でも一番いいと信じている桜子は透の苦しみをここまでにしてあげるため、自ら大きな包丁を振り上げた。

 

だが透は、咄嗟に包丁の柄を掴んで止めていた

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

今更かも知れないが、今まで一緒に暮らして来た子供たちに友達を切り刻ませるべきじゃないと思った。

 

だから透は、一緒に逃げるつもりだった未来を自分の手で解体する覚悟を決めた。

著者名:三浦みう 引用元:ガンガンオンライン

 

 

その頃翔は航から、どうして未来と凛呼を殺したのか問い詰められてい

スポンサーリンク