ただ離婚してないだけ
16話17話18話ネタバレ感想

ただ離婚してないだけの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

殺人共同生活にもう一人始末しなければならなくなった佐野を加え、監禁生活もプラスされた夫婦。

やっとできた我が子を殺人犯の子供にしないため、雪映は犯罪が明るみに出ない方法を勉強し、正隆に的確に指示を出していく。

しかし正隆は、萌を掘り起して深く埋め直すことが恐ろしくて堪らなかった。

 

16話

埋め直す必要が出てきてすぐ、激しい雨の日が訪れた。

 

殺人共同生活12日目の昼過ぎ、レインコートを着込んだ正隆は雨の音に紛れて玄関ドアを開け、神妙な面持ちで外に出た。

著者名:本田優貴 引用元:ただ離婚してないだけ16話

 

 

家の前の通りを右見て左見て確認良し

 

人がいないことを確認すると隣家との間に滑り込むように入った。

 

この確認作業も、出かける前に雪映がしつこく注意されたことだった。

 

 

ちゃんとしてね

 

最早雪映の口癖になったその言葉は、確実に正隆のストレスとプレッシャーになっていたが、子供じみた反発心で守らずに事を起こせば、更なるストレスと身の破滅を招くことは理解していた。

 

心中で軽く毒づきながらスコップを手に取り、佐野の状態もしっかり確認したことを思い出した。

 

 

既に、埋め直す用の深い穴は掘り終わっていた。

 

その手前に、腐って酷い状態になっているであろう萌が埋まっている。

 

重労働と圧倒的なストレスで嫌になりかけていた正隆は、1時間以内を目指して自分を鼓舞した。

 

 

フードに雨が当たって耳を劈くが、土を掘って横に避ける音もしっかりと耳に届いた。

 

濡れて重さを増した土を掘って掘って掘り返しているうち、佐野が揺さぶりをかけてきた言葉が思い出されてくる。

著者名:本田優貴 引用元:ただ離婚してないだけ16話

 

 

本気だった萌。

弟がいるらしい萌。

 

振り払おうとしても、そうすることで一人の人間を殺した事実が突きつけられていく。

 

 

そこまで深く掘らなくとも、腐乱が始まった手が出て来た。

 

埋めた時もそうだっただろうか、ゾンビになって起き上がりそうに、指先は地上を向いていた

 

 

正隆はスコップを置いて、死体を傷つけないように手で掘り始めた。

 

 

萌はただ人肌恋しさと苛立ちを解消するための単なる不倫相手で、だから家庭事情もプライベートな話も避けてきた。

 

なのに、萌が旅行に誘って来たことから全てがおかしくなった。

 

そう思おうとしても、自分が妊娠させて彼女を追い込んでしまっていたのだと、今では嫌と言うほど分かっていた。

 

最初から堕胎する覚悟をしていた萌との関係を一方的に切って追い詰めた。

 

 

こうなってから、正隆は萌の気持ちを知ろうと思える心境に達していた。

著者名:本田優貴 引用元:ただ離婚してないだけ16話

 

 

何度も触った柔らかい髪が出てくると、あまりの生前との違いに恐れ戦いた。

 

しかし、怖がることさえおこがましく、こうさせてしまったのは自分だと思った正隆は恐怖よりも申し訳なさが勝り、身勝手に泣き始めた。

 

 

もの言わぬ肉塊になった萌の瞳は、もう何も映していない。

 

大粒の雨が腐りゆく顔面に当たり、涙のように見せていく。

 

正隆はできるだけ泣き声を我慢しながら、不倫の末に奪った命に謝罪した

著者名:本田優貴 引用元:ただ離婚してないだけ16話

 

 

そして、豪雨の中作業したことで起こった万が一に、すぐきづけなかった。

 

 

親戚の車が家の前に停まり、中から母親と幼い姪が出て来た

 

何かを渡すために軽く寄っただけらしいが、無邪気な陽菜はテンションを上げて何度もインターホンを押してしまった。

著者名:本田優貴 引用元:ただ離婚してないだけ16話

 

 

 

父親が正隆に電話をかけようとしたところで陽菜は鍵のかかっていないドアを開け、中に入る

 

鍵がかかっていないのなら、家にいるはず。

 

勝手に上がりこむ娘を叱りながらも母親は家の中に声をかけるが、豪雨の中の正隆には届かない

 

 

代わりに気づいたのは、静かにしているのが正解だった佐野だ。

 

誰かは分からなくとも、夫婦以外の誰かが家の中にいる。

 

この最大のチャンスを逃す手はないと思い、鎖で繋がれた手を全力で床に叩きつけた

著者名:本田優貴 引用元:ただ離婚してないだけ16話

 

 

 

陽菜は雨の音の中に潜む違う音に気づき、一目散に二階へ駆け上がった。

 

薄暗い廊下に出た陽菜は、もう一度耳を澄ました。

 

そして、一つの部屋から音が聞こえてくるのに気づいた。

 

 

 

外で作業し続けていた正隆はその時になって、ポケットの携帯が震えていることに気づいた。

 

急いで出て、親戚が家の前にいることを雨の音の中で何とか聞き取り、更にもう家の中に入ってしまっていることも分かり、焦りが急上昇して冷静さを欠いてしまう。

 

思わず裏にいると口走ったせいで、親戚は裏に回って来た

 

 

 

時を同じくして、陽菜は音がする部屋のドアを開けた。

 

そして、見たことのない男を目撃した。

著者名:本田優貴 引用元:ただ離婚してないだけ16話

 

 

 

親戚が回りこんでくる直前、正隆は露出した萌をタイヤラックを倒すことで隠し、それを修理中なのを装った。

 

スコップがあることに気づかれ、穴を掘っていたのか訊かれるが、適当にごまかして一緒に家の前に戻った。

 

 

陽菜は母親に手を繋がれて玄関に戻っていたが、知らない人がいたと無邪気に喋っていた

 

母親は本気で取り合っていなかったが、正隆は血の気が引いた。

著者名:本田優貴 引用元:ただ離婚してないだけ16話

 

 

 

招いていない客に寿命が縮んだ正隆は、二階に直行し、強く握り締めた傘を佐野に叩きつけた

 

佐野が明らかに侮っていることは分かっていた。

妻の尻に敷かれている、度胸のない男だと思われていることは分かっていた。

 

その鬱憤も含めて晴らすため、危ない橋を渡りきった勢いに任せて佐野の頭を何度も打った。

 

 

 

その後でちゃんと萌を埋め直し、小休止しているところに雪映から電話がかかってきた。

 

ちゃんと深い穴にしたし、ちゃんとしたことを報告。

 

ちゃんとされた佐野は、頭から血を流して息荒く喘いでいた。

著者名:本田優貴 引用元:ただ離婚してないだけ16話

 

ただ離婚してないだけを読むならこちら