「ネトラレル。~妻が堕ちゆく偏愛快楽の果てに」最新ネタバレ無料。同窓会で再会したイケメンは鬼畜だった…

ネトラレル。~妻が堕ちゆく偏愛快楽の果てに…
ネタバレ感想

ネトラレル。~妻が堕ちゆく偏愛快楽の果てに…のエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

年上の彼と結婚し、幸せな生活を送っていた美紗子28歳。

念願の一軒家にも住め、優しい夫の則夫とラブラブな毎日。

そんなある日、高校時代の同窓会に行くことになり…

アダルトコミックを読むならこちら

 

ネトラレル。~妻が堕ちゆく偏愛快楽の果てに…

明日の同窓会に着ていく服とどのバッグが合うか、何パターンも見て吟味していた美紗子。

 

夫の則夫はワクワクした様子でいつまでも同じことを繰り返すのに呆れながらも可愛く感じてムラムラし、ブラごと服を捲り上げながら後ろから抱きついた。

 

せっかく買ってもらった服だから可愛く見せたいという美紗子によりムラムラした則夫は、恥ずかしがるのも構わずソファに寝かせ、乳首に吸い付いてから理想の妻だと褒めちぎり、そのままリビングでラブラブセック〇をしたのだった。

表紙

 

 

 

同窓会当日の夜。

 

美紗子が一番驚いたのは、顔の記憶もほとんどなかった夏目棕櫚が、アラサーにしてかなり垢抜けていたことだった。

 

当時、彼に告白されたことを思い出した美紗子はその時OKしなかったが、今は幸せになっていることを心から願った。

 

まさか、恐ろしい鬼畜野郎になっているなど知る由もなく。

 

 

居酒屋での飲みが終わって二次会に行こうかとなったが、ほとんど飲んでいないはずの美紗子は足元がおぼつかないほどフラフラになってしまっていた。

 

夏目が支えながら歩いてくれ、タクシーを拾うおうとしてくれるので任せているうちに、ふっと意識が途切れた。

 

 

 

次に目を覚ますと、ラブホの部屋で夏目に乳首を吸われていた

 

自分で入ったと言われても全く記憶のない美紗子は否定もできず、ただ身体が異常に火照っていることだけが分かった。

表紙

 

 

強引に足を開かされて下着越しに擦られると、愛液が音を立てて飛び散った。

 

学生時代の告白に端を発してこんなことをしているらしい夏目は、ようやくこの時が来たと一人納得しながら、指を滑り込ませて上側を擦り上げ、あっという間に潮を吹かせた。

 

やはり一服盛っていた夏目はいきり立つ肉棒を無理やり咥えさせてイラマチオし、自分のモノを美紗子の唾液でぬるぬるにする。

 

そして、この服が夫に買ってもらった物だと知っていることを明かしてから、美紗子の尻をがっちり掴んで一気に突っ込んだ。

表紙

 

 

身体に力が入らず、頭がボーっとしてまともに思考できない美紗子はあり得ないくらいの快感に身を委ね、気づけば愛液に紛れてオシッコを漏らしていた

 

夏目が色々言葉責めしているようだがちゃんと聞き取れず、生中出しされて先っぽを服で拭かれても、理解できていなかった。

 

 

 

今度こそはっきり目を覚ますと、新居のリビングのソファだった。

 

もう朝で起きて来た夫に起こされたようだったが、服のあちこちがカピカピになっているのに気づき、昨夜の記憶が蘇って現実だったのだと思い知った。

 

 

直後、いつの間にか登録されていた夏目からメッセージ付きの動画が送られてきた。

 

それは、昨夜のハメ撮り動画だった。

表紙

 

 

 

出勤する夫を見送ってから改めて動画を見た美紗子は、自分の痴態にとてつもない罪悪感がこみ上げ、同窓会に参加したことを後悔した。

 

警察に届けようにも、こんなハメ撮りを見られるなんてあり得ず、何よりも則夫にバレるのを一番恐れた。

 

 

結論が出ずに迷ったその時、いきなり玄関ドアが開けられ、夏目が不法侵入してきた

 

通報されることを恐れていない様子の夏目は、盗んだ連絡先で美紗子の知り合い全員にハメ撮り動画を送り付けると脅し、従わせようとした。

 

夫にも送り付けると脅された美紗子は逆らえず、言われるまま服を脱ぎ、張りを保った美しい裸体を露わにさせられた。

表紙

 

 

触られる前から硬くしている乳首をからかわれた美紗子が羞恥にまみれたその時、また撮られているのに気づき、もう許してと泣き叫んだが、夏目は一切容赦せずにまた目の前にそそり立った肉棒を差し出し、しゃぶれと命令。

 

夫を脅しに使われたらどうにもならない美紗子が泣きながら咥えると、夏目は頭を掴んでまたイラマチオさせ、遠慮なく口内射精して飲み込ませたのだった。

 

 

もちろんそれだけで済ますはずがなく、美紗子自身にくぱぁっと広げさせ、ぬらぬら光るピンクマン〇をきっちり映像に収めてから、甘い汁と指が締め付けられるのを楽しみ、もう既に復活している肉棒を突っ込んだ。

表紙

 

 

鬼畜の肉棒でも、愛液を滴らせて咥え込んでしまう美紗子。

 

しかし、執拗なピストンが始まってすぐ、チャイムが鳴った

 

 

立ちバックで挿入したまま美紗子にモニターで応対させると、映ったのは隣に住む則夫の従姉妹の都亜だった。

 

 

ちょこちょこおすそ分けを持って来てくれる都亜のことも知っていた夏目。

 

この後、都亜にバレるかバレないかのギリギリで犯されることになった美紗子。

 

ある野菜を挿入させられたり、知らずに夫がそれを食べたり。

 

役場に勤めている夫にお弁当を届けに行った美紗子は、パンチラしそうなミニスカを履かされ、更にローターまで仕込まれて公共の場所で身悶える。

表紙

 

 

更に男子トイレに連れ込まれ、夫とその同僚に目撃されそうな状況に追い込まれてしまう。

 

 

もう耐えきれなくなった美紗子は、すべて失うのも覚悟して警察に駆け込もうとした。

 

しかし今度は、両親の離婚で離れ離れになったがターゲットにされ…

 

 

感想

ネトラレル。~妻が堕ちゆく偏愛快楽の果てに…でした。

当時の告白された時に美紗子が何かトラウマを植え付けるような断り方をしたのか、夏目が元々イカれてずっと執着していただけなのか。

タイトル通りのTHE寝取られで、絵柄もスッキリ見やすくて先が気になる展開です。

ネトラレル。を読むならこちら