「そんなに…私に挿入れたいの?」ネタバレ最新無料。ヤリ部屋の隣で好きな子と幼馴染みの狭間で揺れて…

そんなに…私に挿入れたいの?ヤリ部屋の隣で性的にじゃれあって
ネタバレ感想

そんなに…私に挿入れたいの?ヤリ部屋の隣で性的にじゃれあってのエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

旧校舎に幼馴染みの咲を呼び出した圭太は、噛みまくりで愛を告白。

スマホをいじりながら聞いた咲は、0点だと酷評。

そんなことが言えるのも、告白の練習に付き合っているだけだったからで。

アダルトコミックを読むならこちら

 

そんなに…私に挿入れたいの?ヤリ部屋の隣で性的にじゃれあって

練習からテンパっている圭太を本気にさせるためにも、意外と大きな胸にスマホを乗せて谷間をチラつかせながら、パンケーキの画像を見せて要求した咲。

 

清楚で可愛い小谷さんにビシッと告白したい圭太は、少しお高めでも奢ることで手を打った。

 

 

そして練習を再開しようとしたその時、隣の部屋から女子のあられもない声が漏れ聞こえてきた

 

旧校舎には生徒たちの間で噂されているヤリ部屋があり、ここはその隣だったのだ。

 

 

もちろん変な空気になると、咲は隣に通じるドアに近づいて顔を近づけ、圭太にもぽっかり空いた穴を覗き込ませた。

 

今まさに女子がパンツを脱がされ、靴下だけ残したほぼ全裸にされたところだった。

表紙

 

 

乳首をいじられている生っぱいに圭太が大興奮したのも束の間、その子が小谷さんだと分かった。

 

 

イケメン不良彼氏と付き合っているらしく、ラブラブキスしたり、にゅぽにゅぽ手マンされて愛液が粘りついた指を見せられて恥ずかしがったり、大胆に咥え込んでいやらしい音を立てたり

 

十分に愛撫した不良彼氏はすぐには挿入でせず、クリに擦りつけて焦らしてから小谷さんに自分でくぱぁっと広げさせ、立ちバックでパンパン盛り出した。

表紙

 

 

まさか覗かれているなんて知る由もなく、二人は大しゅきホールドでぴったりくっつきながらフィニッシュ。

 

 

圭太は、小谷さんがスカートを履いてから濡れ濡れパンツを履いて教室を出て行くまで、嫌でも見てしまうのだった。

 

 

初の他人セック〇生鑑賞でしかも好きな子だなんてショックで項垂れる圭太だが、勃起を止められるわけがなく、それに気づいた咲はからかいながらも本気でショックを受けている彼に抱きついて背中に胸を押し付け、慰めようとした。

 

そんな気分じゃない圭太が離れても押し倒し、自分も興奮してぐっしょり濡れているパンツを見せつけ、彼の下半身を脱がせ、驚く彼に筆おろしだと冗談交じりに答えた。

 

シャツを脱いで小谷さんよりも一回り以上大きそうな胸の谷間を見せつけられると、圭太は思わずぷっくりしている乳首の先っぽを指で突いた。

表紙

 

 

それだけでビクンビクン反応した咲は、ブラも外させて生乳を揉ませ始める。

 

失恋したばかりの圭太でも、女子の生乳の気持ち良さに手が止まらない。

 

揉まれて抓まれてもっと発情した咲は自分から舌を絡め、さっきの二人どうシテたっけ?と訊きながらパンツを半脱ぎ、先っぽを当てがった。

表紙

 

 

それだけは勢いでしてはいけないと思った圭太がパンツを戻しても、一瞬悲し気な表情を見せた咲は性欲で押し切ろうと、手でクニクニ触ってから一舐めし、もう一度挿入しようとする。

 

それでも圭太は意地になって抵抗。

 

だが先っぽはクロッチにつっかえているだけなので咲は横にずらし、甘いキスで骨抜きにしようとする。

 

そこまでされても、圭太は好きな人とするべきだと答え、立ち上がったのだった。

 

 

逆に咲も止めず、彼を押しとどめてパイズリでたぷたぷ擦り上げ、先っぽにキスし、小谷さんのやり方を思い出しながら袋もムニムニ触り、竿を咥え込んで必死に顔を動かしていく

表紙

 

 

さすがの圭太も耐えきれず、思いっきり射精したのだった。

 

 

勢いよく顔射された咲は満足気に嬉しそうにしたが、まだ彼を逃がすつもりはなく、精液が飛び散ったスカートをちゃんと洗って欲しいと要求し、プールに入る前の全身シャワーに連れ出した。

 

精液をぶっかけた圭太に拒否権はなく、お望みのままにシャワーのハンドルを回したが強くひねり過ぎ、スカートどころか咲は全身ずぶ濡れになってシャツが透け透けになり、裸よりむしろエロいくらいになった。

 

ずぶ濡れにもしてしまった圭太は、言われるまま手洗いで自分の精子を落としていくが、シャツ濡れ谷間とブラ、パンツが見えそうで見えない太ももにムラムラ。

表紙

 

 

それに負けないくらい興奮している咲ははしたなく足を開き、彼に指でパンツも洗わせ始めた。

 

濡れているが水じゃないねっとりした湿り気

 

下着越しでも分かるぷっくりしたところを指で弾くと、咲はビクビク震えて感じているのを見せてくれる。

 

もう我慢できない咲が下着の中に指を入れさせるので、圭太も彼女が一番反応する辺りを指の腹で擦っていく。

表紙

 

 

その時、眼鏡に纏めた黒髪にスカートスーツの真面目教師が薄っすら声を聞きつけ、下校を促しに近づいてきた。

 

だが女教師はどこからか入って来た野良猫に心奪われ、夢中になり始めた。

 

 

その隙に二人は反対側から逃げようとするが足を滑らせ、上手いこと騎乗位の体勢に。

 

それで股間に圭太の猛りを感じた咲はまた発情し、今度こそしっかり根元を支えて腰を一気に下ろした

表紙

 

 

ぐちゅぐちゅといやらしい音を立てて腰を振りまくる咲。

 

ついに童貞を奪われたと思った彼が結合部を見た直後、咲は悪戯にベロを出して擦りつけてるだけだと笑いかける。

 

それでも素股を止めずにそのまま擦り続け、圭太は疑似セック〇でまた幼馴染みにぶっかけたのだった。

表紙

 

 

二人が本気セッ〇スを致せる日が来るのだろうか…

 

 

感想

そんなに…私に挿入れたいの?ヤリ部屋の隣で性的にじゃれあって…でした。

咲は明らかに圭太が好きそうで純情ビッチ風ですが、処女なのかどうかはこの先判明するでしょう。

小谷さんのカップルもちゃんと愛し合っている様子で良かったですが、猫好き女教師の痴態も期待大です。

そんなに…私に挿入れたいの?を読むならこちら