「通勤電車でパンツを見せてくるJKがいたのでハメてみた」無料エロネタバレ。電車内だけで親密になっていく二人…

通勤電車でパンツを見せてくるJKがいたのでハメてみた
ネタバレ感想

通勤電車でパンツを見せてくるJKがいたのでハメてみたのエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・大嘘。

電車内で出会ったサラリーマンとJK。

出会ったと言っても同じ車両に乗り合わせただけで、赤の他人だったのに…

アダルトコミックを読むならこちら

 

通勤電車でパンツを見せてくるJKがいたのでハメてみた

数週間前、JKの彼女からなぜかパンツを見せつけてきた時から、この車両で二人だけが不思議で特別な関係性を持つようになった。

 

サラリーマンの正面に座ったJKはあの日以来、週に一度のペースでスカートを捲り、パンツを見せつけ、時には紐一本みたいな下着で穴がはみ出していることもあった。

 

そのペースも次第に週二回、二日に一回と狭まり、見せつけ具合も過激になっていった。
表紙

 

 

そしてついに、彼女はサラリーマンの隣に座ると、お互いの鞄で彼の股間を隠し、手コキするようになった。

 

彼女が上達していくにつれ、彼はもう自分の手とは比べ物にならない気持ち良さに負け、車内で遠慮なく柔らかい手の中にぶちまけるようになった。

 

やがて手コキも過激になっていき、満員電車の中で立ち手コキ

密着してストッキング越し股コキ
表紙

 

 

そうして色んなところにぶっかけていったある日、連結部にしけ込むと、ノーパンになった彼女はぺったり女の子座りしながら、彼のいきり立つモノを咥えて一生懸命しゃぶり、舌を絡めてしごいた。

 

もちろん口内射精するのは当然、今度はフェラヌキが日課になった。

 

むせ返るほどの量を出された彼女は、床をびっちょり濡らしていた。
表紙

 

 

様々なコキ体験していって、いつにも増した満員電車に乗り合わせた時、彼女は靴を脱いで膝裏に挟み、ぷにぷにのモモとふくらはぎでしごいた。

 

熱を持ったストッキング越しの膝裏コキのエロさに、彼はまた遠慮なくぶっかけた。

 

それで彼女もいつも以上に興奮して我慢の限界を越え、ストッキングごとパンツを脱いだ

 

他人に囲まれた揺れる車内で、彼女は立ったまま先っぽをあてがい、腰を押し出して舌の口で一気に咥え込んだ

 

果たして、周りにいる乗客にバレているのか。
表紙

 

 

そんなことよりも気持ち良過ぎる締めつけに途中で止められるわけなど無い彼は、綺麗な尻穴を眺めながら子宮の奥に注ぎ込んだのだった。

 

ぬちょぬちょになったチン〇が抜けると、溢れ出した精液と愛液が脱ぎかけのパンツとストッキングに滴り落ちていった…

 

 

感想

通勤電車でパンツを見せてくるJKがいたのでハメてみたでした。

痴漢や凌辱じゃなく、痴女JKなのがいいですね。

絵柄は可愛らしい感じで、彼女の雰囲気に合っていると思います。

通勤電車でパンツを見せてくるJKがいたのでハメてみたを読むならこちら
表紙