「首を斬らねば分かるまい」ネタバレ最新話全巻全話。首切り役人美女に恋したED青年!肉欲と愛を知った明治浪漫譚

首を斬らねば分かるまい
ネタバレ感想特集

首を斬らねば分かるまいのネタバレ最新話エログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

原作・門馬司。

作画・奏ヨシキ。

洋装が多くなってきた明治、世にはまだ斬首刑が残っていたが、親からその仕事を引き継いだのは見目麗しい美女だった…

 

 

1巻

世は明治初期。

生まれてこの方勃起したことがない華族の愛洲幸乃助は、腹違いの兄に目の前でセック〇を見せられても全く陰茎がピクリともできず、日がな絵を描いて過ごしていた。

しかしある日、興味本位で見世物斬首を見に出かけ、そこで罪人の首を斬った妖艶な美少女が血飛沫を浴びる姿で、初めて股間が疼くのを感じたのだった。

女郎で童貞を捨て、女体の快楽を知った幸乃助は、美しき首切り役人・洞門沙夜を是が非でも抱きたい欲求に目覚めるのだった…

コミックシーモアで読むならこちら

まんが王国で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

2巻

キスをされようと、首を斬り続けた沙夜の未来に対する恐怖は拭えなかった。

幸之助は世を明治に変えた傑物たちと共に船に乗り、アメリカへ旅立った。

船旅の道中、晴美に夜這いを仕掛けられ年端もいかない少女に見られたりと騒動も起きつつ、無事に世界一の国へ。

圧倒的に近代化が進んだアメリカ国内に圧倒されつつ、出会ったのは娼館に居ても幸せだという褐色の娼婦。

下卑た権力者に物扱いされる女性を幸之助が抱いている頃、人を人扱いできない家に生まれた沙夜は今日も血に塗れる…

コミックシーモアで読むならこちら

まんが王国で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

 

感想

首を斬らねば分かるまいのネタバレとおすすめサイト特集でした。

シンプルなエログロ歴史物ですね。

近代化が加速する明治、洋装と和装、まだまだ人の命が軽く身分の差が激しいこの時代、早くもどこを終着点とするのか期待大な作品です。