「秋の鹿は笛に寄る」ネタバレ最新全巻全話。子供だけ欲しい美女が精子だけ提供してもらう子作りセッ〇ス

秋の鹿は笛に寄る
ネタバレ感想特集

秋の鹿は笛に寄るのネタバレ最新話エロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・サトウナンキ、きづきあきら。

春日凪は誰とも結婚する気がなく、バリバリ仕事をやって社会的地位を固めつつ子供も欲しい、自立心が強い女性だった。

だから、同僚に頼んで精子だけ提供してもらう子作りセック〇の相手を持ちかけた…

 

 

1巻

鹿島たけるは付き合っている彼女がいるのに、凪の誘いを断らずに精子提供セック〇の相手になった。

罪悪感の裏で、凪への想いがどんどん膨らんでいく。

しかし、凪はあくまでビジネスライクにしか考えていない。

彼女のまつりは好きだが、時折小バカにしてくる態度にストレスも感じていて、今更凪の水着姿にドキドキしてしまう…

まんが王国で読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

2巻

凪に妊娠を報告されたたけるは、いよいよまつりと別れる決意を強めていくが、二人の間に気持ちの擦れ違いが起きているのに気づいていなかった。

その後、凪の妊娠・出産・仕事復帰は会社公認のプロジェクトだと判明。

たけるは本当に種馬でしかない利用のされ方でも凪の魅力に溺れ、また誘われるまま精子提供セック〇の相手になり、そこで流産したことも教えられた。

そこで凪とも意思の疎通に勘違いが起こり、泥沼にハマっていく…

まんが王国で読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

最終3巻

再び、たけると凪は妊活関係に戻った。

改めて凪への恋心を気づかれまいと振舞いつつ精子を注ぎ込んでいくたけると、彼とまつりの関係が良好を維持できるように画策する凪。

やがてまつりも、凪に彼氏の同僚以上の感情を抱き始める。

そして、凪のトラウマが明るみになり、それぞれの思惑通りの未来が開かれた…

まんが王国で読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

 

感想

秋の鹿は笛に寄るのネタバレとおすすめサイト特集でした。

女性の社会進出、晩婚化、独身貴族や老齢の働き出の増加。

これからは安心安定した一人での子育て環境が必須になっていくでしょうが、大きな企業じゃないと整備は難しそうですね。

そんな、このタッグらしい風刺を利かせたと思われる内容です。