「怪獣自衛隊」ネタバレ最新全巻全話。BTOOOM作者の最新作!今こそBIMが欲しい絶体絶命の海洋モンスターパニック!

怪獣自衛隊
ネタバレ感想特集

怪獣自衛隊のネタバレ最新話エログロ画像、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・井上淳哉。

大ヒットしたデスゲーム「BTOOOM!」の作者が、舞台を孤島から大海原に移し、人VS怪獣を描き出す。

 

 

1巻

令和に入ってすぐ、海底の地滑りが原因で大津波が発生した。

それから約一カ月後、沖ノ鳥島に超巨大生物が出現し、工事現場は壊滅させられた。

通信が途絶えた沖ノ鳥島からの救援要請を受け、海上自衛隊の護衛艦が向かったが、いとも容易く鉄の塊は海の藻屑にされてしまった。

数え切れないほどの触手、貝のような歪な外殻…

多大な犠牲を出した事件が原因不明の事故として世間に隠されてから4年、再び現れた巨大生物は日本の豪華客船に襲いかかった。

まさにモンスターパニック映画さながら、阿鼻叫喚の恐怖に包まれる乗客たちの中に、憧れの自衛官に配属間近の若く勇敢な女性がいた…

まんが王国で読むならこちら

ebookで読むならこちら

Renta!で読むならこちら

Amazonで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

2巻

ブリッジで生き残っていた唯一の船員を助けるため、彼女が犠牲になってしまった。

このえは目の前で起きた悲劇に心が折れそうになるが、なぜ自衛官を志したのかを思い出し、再び勇気の炎を灯した。

船乗りの間でマスターキーと呼ばれる斧を手にしたこのえは、怪獣が音を頼りに襲いかかってくることに気づいたが、それと同時に助けたばかりの命が彼女の後を追う悲鳴を聞いてしまう。

ネット配信で全世界に流れるこのえの勇姿。

客船内で蠢く触手の群れ。

一室に集まって危機を乗り越えようとした矢先に、またしても起きた悲劇。

そんな中、このえは期せずして友人の協力を得て海上の現状を政府に訴えかける機会に恵まれるが…

まんが王国で読むならこちら

ebookで読むならこちら

Renta!で読むならこちら

Amazonで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

3巻

祖母と子供が隠れている救命艇に辿り着いたこのえ。

触手に絡みつかれていつ押し潰されるか分からない状況から、このえはこのまま魚雷を撃ち込むよう促すと、祖母も万が一のことを覚悟し、司令部たちにその意志を伝えた。

一人でも多くの命を助けられる可能性に賭け、船底に張り付いている超巨大怪獣に魚雷を撃ち込むことを総理も受け入れた。

海底に沈みゆく救命艇から脱出したこのえは、魚雷を喰らって吐血する怪獣の姿を見た。

そして大切な人を失った悲しみを背負い、このえは新設された巨大生物対策課の一員として憧れの道を歩き出した…

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

Amazonで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

4巻

森林内を移動中の怪獣を発見した部隊は、市街地への侵入を防ぐために各自迎撃態勢を取り、その中にはこのえもいた。

敵は常識の通じない怪獣で、装甲車で追い詰めようとしても凄まじい移動スピードで捉えきることができず、あっという間に装甲車もろとも何人もの隊員が殺されてしまう。

そして犠牲に次ぐ犠牲でこのえが繰り上がりで指示を出す隊長になったのだが、結局生き残りの彼女たちも喰い殺されて全滅してしまうのだった。

これが、対怪獣シミュレーション戦闘の不甲斐ない結果だった。

戦闘訓練とはいえ死んだこのえが大きなショックを受けている頃、比較的小さいとはいえ小船ほどはある怪獣が東京に上陸し、密かに住民を喰い始めていた…

ebookで読むならこちら

Amazonで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
怪獣自衛隊 4巻【電子特典付き】

 

 

感想

怪獣自衛隊のネタバレとおすすめサイト特集でした。

BTOOOM!はキャラも立ってて、展開も良くて、緊迫感あり、恋愛あり、ヒミコここにありと面白い作品でした。

今回はまたガラリと様相が変わった人VSモンスターですが、追い詰められた人たちの行動という点では共通していると思いますし、主人公兼ヒロインは応援し甲斐があります。