スポンサーリンク
スポンサーリンク

スズキさんはただ静かに暮らしたい
3巻ネタバレ感想

仁輔との穏やかな暮らしを守るために、楠殺害の依頼を受けたスズキ。

その陰で、両親の仇の一人の楠に銃の扱いをレクチャーされている仁輔。復讐心に飲み込まれている少年と、血みどろの世界から抜け出そうともがいている殺し屋とのすれ違いは、どんな結末をもたらすのだろうか。

 

スズキさんはただ静かに暮らしたい

楠を殺した後は仁輔との穏やかな暮らしが待っている。

そう思うと、逸る気持ちが抑えられなくなってしまう。楠の足取りは以前掴めないが、じわじわと殺気だけは昂ぶらせていた。

 

 

裏をかくのが好きな奴だという新山の言葉に、空き室だったはずの隣室の電気メーターが動いていることに気付く。

もしかしてと思い、離れたビルの屋上からスコープで覗いてみると、仁輔と楠がベランダで接触しているのを見てしまった

著者名:佐藤洋寿 引用元:スズキさんはただ静かに暮らしたい3巻

 

 

その夜、仁輔に問い質そうとしたが、見間違いであって欲しいあまりに確かめられなかった。

しかし、この機会を逃せるわけもなく、今夜決行する旨を新山に報告してからすぐに隣室へ忍び込んだ。部屋の中では、なぜかプロジェクターで映し出された仁輔がいた。何が行われているのか理解できず立ち尽くすスズキ。

 

その時、耳を劈く銃声が鳴り響いた。

物陰から出てきたのは仁輔本人だった。

彼の撃った弾が、スズキの腹部を確かに撃ち抜いていた

1474786150672

著者名:佐藤洋寿 引用元:スズキさんはただ静かに暮らしたい3巻

 

 

 

急遽駆けつけた新山が見たものは、血まみれで倒れているスズキと、彼女の傷口を必死に押さえている仁輔の姿だった。

次第に状況が飲み込めた新山は言葉巧みに仁輔から銃を奪い、スズキに負わされた傷痕の恨みを晴らそうとし始めた。

 

 

そこに買い物から帰ってきた楠が現れた。

楠を殺す為に動いていたことを隠して状況の説明をして、隙をついて背後を取る。

一連の事件が全て後手に回ったのはお前のせいだと、馬乗りになって殴りまくった。

こんな顔になったのもお前のせいだと言われ、楠はその悩みを解消させてやろうと、割り箸を眼球に突き刺した。

 

形勢逆転され、新山はナイフでめちゃくちゃに切り刻まれ、最後はあっけなく口の中に銃を突っ込まれ、頭を吹き飛ばされて命を散らした。

1474786075528

著者名:佐藤洋寿 引用元:スズキさんはただ静かに暮らしたい3巻

 

 

 

瀕死のスズキを助けるには、知り合いの闇医者のところに運ぶしかないと言う楠。

その代わりにスズキと別れて、一緒に殺し屋の修行をするのが交換条件だと言い出す。

自分のせいで死にかけている彼女を救う為、その条件を飲む仁輔だった。

 

 

 

スズキは幼い頃の夢を見ていた。

父から毎日のように暴力を受け続けていた。

父親は殺し屋に狙われている妄想を現実にも持ち込むイカレタ男だった。

そんな奴から逃げ出したかったスズキは、父に強い殺意を抱いていた

 

 

ある日、いつものように暴力を受けて外で時間を潰していた時、お前の父親を殺してくれないかと言って、近づいてくる男がいた。

スズキ」だと名乗った男は本当に、家の窓にスコープで狙いを定めていた。

それから銃の練習を重ね、腕を上げた彼女はついに実の父親を殺してしまうのだった

1474786049867

著者名:佐藤洋寿 引用元:スズキさんはただ静かに暮らしたい3巻

 

 

 

殺し屋デビューを果たした彼女は、すっかり裏の世界に染まっていった。

業界での評判も上々な彼女にやって来た次の依頼は、昔一家殺害を依頼したものの、娘だけを逃がした殺し屋の始末だった。

ターゲットはあの「スズキ」と名乗った男だった。

 

彼を見つけ、何であの時殺さなかったのかと訊くと、「さあな。でも、俺はあの時お前の涙を見せないようにするただの木だったから」と言った。

1474786040892

著者名:佐藤洋寿 引用元:スズキさんはただ静かに暮らしたい3巻

 

 

それから彼女は「スズキ」と名乗るようになったのだった。

スポンサーリンク