「ラクガキ‐呪いの館‐」ネタバレ感想。モンキーピークのタッグが描く残虐オカルトストーリーは人の醜さが蔓延る!

ラクガキ-呪いの館-
ネタバレ感想特集

ラクガキ-呪いの館-のネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・志名坂高次。

画・粂田晃宏。

モンキーピークシリーズのコンビ最新作は、またしても血と人の業に塗れたオカルトホラー。

 

1巻

少年少女たちが森の中の秘密基地に行ってみると、手首を切って自殺を図った今際の際のおっさんが事切れる寸前、呪いの妖館を見つけた、ざまーみろという言葉を遺して逝った。

この森には壁に名前を書かれた者は死に、書いた者は大切なものを失うとされる館があると、最近ネットで騒がれていた。

少年や警察にとっては迷惑な事件でしかないが、殺したいほど憎んでいる奴がいる一人の少年は、憎しみのおかげで嘘臭さしかない妖館に辿り着き、ある名前を書いた。

偶然か必然か、少年の願いは叶ったが噂通りに大切なものまで失ってしまう。

そして秘密基地を共有した彼らは大人になって集まり、呪いの館を探すことにしたのだが…

まんが王国で読むならこちら

コミックシーモアで読むならこちら

ピッコマで読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

 

感想

ラクガキ-呪いの館-のネタバレとおすすめサイト特集でした。

モンキーピークシリーズと同じ要素はスプラッター、人の業辺りで、猿の恐怖から完全に正体の知れないオカルトワールドになってますが、妙に引き込まれるのは変わりませんね。

本筋が大人になってから進むので、よりバイオレンスで血生臭くできているのもイイ感じです。