「ラクガキ‐呪いの館‐」ネタバレ感想。モンキーピークのタッグが描く残虐オカルトストーリーは人の醜さが蔓延る!

ラクガキ-呪いの館-
ネタバレ感想特集

ラクガキ-呪いの館-のネタバレエロ画像、漫画最新話、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

作・志名坂高次。

画・粂田晃宏。

モンキーピークシリーズのコンビ最新作は、またしても血と人の業に塗れたオカルトホラー。

 

1巻

少年少女たちが森の中の秘密基地に行ってみると、手首を切って自殺を図った今際の際のおっさんが事切れる寸前、呪いの妖館を見つけた、ざまーみろという言葉を遺して逝った。

この森には壁に名前を書かれた者は死に、書いた者は大切なものを失うとされる館があると、最近ネットで騒がれていた。

少年や警察にとっては迷惑な事件でしかないが、殺したいほど憎んでいる奴がいる一人の少年は、憎しみのおかげで嘘臭さしかない妖館に辿り着き、ある名前を書いた。

偶然か必然か、少年の願いは叶ったが噂通りに大切なものまで失ってしまう。

そして秘密基地を共有した彼らは大人になって集まり、呪いの館を探すことにしたのだが…

まんが王国で読むならこちら

コミックシーモアで読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

2巻

行方知れずとなったミッチーのため、妖館を潰すために集まってかつての幼馴染みたちはついに、憎しみを募らせた醜い奴らとタイミングが重なり、呪いの館を目の当たりにした。

当時も目撃した人とは考えられない謎の老紳士。

即座に現実になった人を呪わば穴二つ。

子供の頃は仲が良かったはずの4人は、独りよがりなリーダー気取り、罪作りな女、嫉妬に狂ったクズなど、負の部分が折り重なってついに、犯罪史に残るだろう狂気の事件に繋がってしまう…

まんが王国で読むならこちら

コミックシーモアで読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

3巻

稀代の大量通り魔殺人鬼になってしまったタッツーが妖館に書いた名前は自分の名で、最後に被害者になることで好きなキヨや幼馴染たちの心に存在を刻み込む計画だった。

しかし、ずっと忌々しくも正面から接してくれていたミッチーの友情に計画を邪魔され、壮絶な最期を遂げたのだった。

重体に陥ったミッチーの意思を継いで一人でも動こうとするキヨだったが、同じく妖館に恨みを持つイカれた連中に弱みを握られ、強制的に協力を強いられてしまう。

妖館の呪いにも引けを取らない汚い連中は、憎しみを募らせる人間を釣るエサをばら撒き、実験体にして復讐を果たそうとする最低最悪のクズ共だった…

まんが王国で読むならこちら

コミックシーモアで読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

4巻

科学では証明できないこの世ならざる存在の可能性を信じる刑事の協力もあり、キヨとモジャは千護の弟と会うことができ、健やか荘に巣食うおぞましい老人共の闇に踏み込んでいく。

悪夢の始まりはあまりに身勝手で醜い嫉妬、それだけだった。

孫かひ孫かくらいの懐いてくれる少女に生き甲斐さえ感じていた老人たちは、彼女が呪いの館に名前を書かれて殺されたことで鬼になってしまう。

しかし、復讐心はより視野を狭く愚かにするだけだった…

まんが王国で読むならこちら

コミックシーモアで読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

5巻

ババアの卑しい嫉妬のせいで前途ある罪なき子供たちが惨たらしく殺され、それを遂行したのは操られたバカな老人たちだった。

恨み辛みが集まった余生を過ごす民家は妖館と一体になり、あの森に繋がってまさに化け物と言うしかない巨大熊を街中に出現させた。

ちょっとやそっとの銃弾じゃ怯む様子もない、人をゴミのように薙ぎ払うモンスター熊。

因果応報の寂しい最期を迎えるババア。

老人たちの愚行が一つの終わりを迎えたと同時に、個人情報を晒されたキヨは正義を語る無関係な奴らの憂さ晴らしの的になってしまう…

まんが王国で読むならこちら

コミックシーモアで読むならこちら

Renta!で読むならこちら

ebookで読むならこちら

DMM電子書籍で読むならこちら

U-NEXTで読むならこちら
表紙

 

 

感想

ラクガキ-呪いの館-のネタバレとおすすめサイト特集でした。

モンキーピークシリーズと同じ要素はスプラッター、人の業辺りで、猿の恐怖から完全に正体の知れないオカルトワールドになってますが、妙に引き込まれるのは変わりませんね。

本筋が大人になってから進むので、よりバイオレンスで血生臭くできているのもイイ感じです。