スポンサーリンク
スポンサーリンク

じけんじゃけん!ネタバレ感想1巻

じけんじゃけん1巻のネタバレと感想とあらすじと画像、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

刑務所内での囚人のゆるふわサスペンスを描いた「KILLER☆KILLER GIRLS」や、女子二人の映画鑑賞の様子を描いた「私と彼女のお泊り映画」の安田剛助の最新単行本、「じけんじゃけん!」が、満を持して1巻を発売。

長い黒髪に白い肌、整った顔立ちの女子高生、白銀百合子。

そんな彼女にベタ惚れの後輩、戸入。

ミステリマニアの先輩に気に入られたいがために、今日も足繁くミステリ同好会の教室へと向かうのであった。

 

 

ありばいじゃけん!

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合子様

全校の男子の視線を集めるほどの美人女子高生、白銀百合子。多くの男子生徒の告白を断ってきた、その名の通りの高嶺の花だ。

しかし、彼女にも一つ愛して止まないものがあった。ミステリだ。

capture-20161108-163405

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん1巻

 

 

そんな彼女に惚れている戸入は、目を疑うような光景を見てしまった。

先輩がとある男と仲睦まじく歩いている姿を・・・

 

 

ということで、アリバイを調べることに。先輩はその時間本屋にいたというので、殺人事件に例えて、目撃情報がある犯人は現場におらず一人で本屋にいたと言うが、その嘘を見破って下さいと挑戦状を叩きつける。

 

しかし本屋のレシートをしっかり持っていた先輩。

だが犯人もレシートを持っていたにも関わらず確かな目撃情報があると言うと、他人に頼んでレシートを貰えばええだけよと即答。

殺人事件ならアリバイを聞かれる可能性も考えとるやろと突っ込まれ、痴漢事件に変更。

現行犯逮捕が原則なので、アリバイ工作は考えなかったはずと反論。

 

 

俄然乗ってきた先輩。ミステリ好きの血が騒ぎ出したようだ。

そこで戸入は一応、姉妹はいませんよね?と確かめると、普通に双子の妹の存在が発覚。

capture-20161108-163620

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん1巻

 

 

目撃したのが先輩じゃないと分かり、どうでもよくなった戸入は犯人は双子だったんですよといい加減に終わらそうとしたところ、先輩の逆鱗に触れてしまうのだった。

 

 

じょじゅつとりっくじゃけん!

先輩へのいやらしい妄想を繰り広げていたところに、声をかけてきた同級生。

陽に焼けた肌が健康的なそいつは四ツ名と名乗るが、どうも記憶にない。

 

小学校の時にサッカー部で一緒だったらしいが、中学で戸入は東京に引っ越していたので、よく覚えていない。

capture-20161108-163739

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん1巻

 

 

サッカー部への勧誘で話しかけてきたらしいが、もうミステリ研究同好会に入ったので無理だと断る。

どうもミス研共々先輩は有名人らしい。

 

ミステリは別に好きじゃないが、サッカーを止めるほどに先輩が好きなんだと高らかに宣言したのを偶然聞いていた先輩。

入会の動機が不純なものだと知りながらも、先輩はミステリ好きに作り変えればいいと考えていた。

capture-20161108-163912

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん1巻

 

 

戸入のサッカーの才能を信じている四ツ名。

それなのに名前さえ覚えていない戸入。

幼馴染みだからって「女の子」を泣かせちゃだめよと窘める先輩。

 

何年か越しで、幼馴染みの性別の勘違いに気付いた戸入であった。

 

四ツ名ひまわり

再会した幼馴染との約束を胸に、今日もとサッカー部マネージャーの仕事を頑張るのであった。

capture-20161108-164015

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん1巻

 

 

クッソ可愛い・・・

 

 

とうじょみすてりじゃけん!

倒叙ミステリとは、犯人の視点から描いたジャンルで探偵役との心理戦が楽しめる。

そんなジャンルに先輩は挑もうとしていた。

 

二つのコップに水を入れて、どちらを渡すともなく戸入に一つを取ってもらう。

すると、飲んだ途端吹き出す戸入。大量の塩入りの方を選んでしまったようだ。

capture-20161108-164336

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん1巻

 

 

すぐに先輩を疑うが、もう一つを何事もなく飲み干したのを見せ、塩入りを選ぶ可能性はどちらにもあったといい逃れる。悪戯したことには変わらないよ。

 

と、こんな具合の心理戦を挑んだ先輩だが、口内は塩分過多だった。

capture-20161108-164532

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん1巻

 

 

この心理誘導をうまく運ぶには、怪しまれないように全部飲み干さなければならない。

戸入はちゃんと解きたいから、もう一度再現できますかとお願いしてきた。真剣に謎解きに取り組む後輩の姿に、キュン死にしそうになる先輩。

仕方ないんじゃから、もう!

 

 

その後、度重なる再現の繰り返しで、ようやく毎回飲み干しているのが重要なポイントだと気付いた戸入は、やっと二つとも塩入りだと正解を導き出す。

capture-20161108-164726

著者名:安田剛助 引用元:じけんじゃけん1巻

 

 

そして、麗しの先輩をトイレまでエスコートしていった。

スポンサーリンク