スポンサーリンク
著者名:外薗昌也 引用元:鬼畜島9巻

双子の企み

ヨゼフが東山を母側と戦わせるつもりなのをハナクロが目撃した頃、高久はマリと梟の双子から逃げていた

鬼畜島

著者名:外薗昌也 引用元:鬼畜島9巻

 

 

高久を断崖絶壁の前に追い詰めた化物女子3人は、ぶら下がっているものを見せろと声を合わせて迫り、好奇心を満たそうとしていた。

 

マリと結婚し、まぐわうくらいなら死んだほうがマシだと考えた高久は崖からダイブしたが、ギリギリでマリにキャッチされてしまった。

 

そして宙ぶらりんで抵抗できないまま、激しく唇を貪られてしまうのだった

鬼畜島

著者名:外薗昌也 引用元:鬼畜島9巻

 

 

しかし、何度目かのこのマリとのキスが、今ではすっかりとろけるように気持ちよくなっていて、キスだけで骨抜きにされていたのだ。

 

 

ただ双子の片割れのカンナは、イチャつく二人を見ているとムカムカし、一人でそこを離れて溜息を吐きながら梟の仮面を外し、水溜りに自分の醜いと自覚している顔を映し、改めてその醜さを噛み締めていた。

鬼畜島

著者名:外薗昌也 引用元:鬼畜島9巻

 

そこに現れたのが、同じく仮面を外した片割れのアンナだった。

 

だが、アンナは化物一家の一人なのが信じられないほど、至って普通の少女でむしろ美少女とも言える顔面レベルだった。

そのアンナ、カンナが高久を好きになってしまったからマリとのキスに嫉妬して塞ぎ込んでいると邪推し、裏切り者だと喚いて鎌を振り回してきた。

鬼畜島

著者名:外薗昌也 引用元:鬼畜島9巻

 

 

まさかの暴虐にカンナは声も出せなかったが、ひらりと躱して可愛い鼻先につま先を叩き込んだ。

 

そして、高久なんか好きでもなんでもなく、母に捨てられるかも知れないから悩んでいたことを打ち明けたのだった。

 

 

なぜそんなことを思ったかと言うと、化物一家は一応元々普通の顔面を持っている、ちょっとイカれただけの家族だったが、カンナだけは生まれつき醜い顔面だった。

 

だから、滅びの子が生まれればさっきマリが元の綺麗な顔に戻ったみたいに、皆の見た目は元に戻る

そして世界を浄化しようとしている母は、きっと醜いままのカンナを捨てるに違いないと信じていたのだった。

 

 

アンナは訪れるかもしれないカンナとの別れを思って、泣いて縋りついた。

 

その時、ハナクロがタイミングよく二人の前に姿を現し、なんだかんだとトラブルメイカーな高久を殺せば、双子が別れずに済むと入れ知恵し、カンナはあっさり信じ込んだ。

それはそれとして、ハナクロは臭すぎる体臭を嫌がられ、カンナに片足首を叩き切られて海に落ちたのだった。

 

 

姉の男を殺すことに決めたカンナ。

 

可愛いアンナは片割れの決意が揺るぎないことを理解し、可愛いからこそ逆に恐ろしい笑みを零しながら、臓物を引っこ抜くお手伝いをしてあげることに決めたのだった。

鬼畜島

著者名:外薗昌也 引用元:鬼畜島9巻

 

 

 

その頃高久は、今にもマリに殺されそうになっていた。

 

椅子に縛り付けられ、手足に釘をガンガン打ち付けられていた高久。

 

そうやって死なない程度の拷問で痛みを与えることにより、化物の再生能力を発揮させて化物化を促進させる狙いだったが、マリはシンプルに彼の痛がる姿を見て興奮していた

鬼畜島

著者名:外薗昌也 引用元:鬼畜島9巻

 

 

だが高久は人間を辞めるつもりはなく、必死に痛みと戦って彼女面するマリのDVを耐え忍んでいた。

 

 

気を失ってから目覚めると、既に月がきれいな夜になっていた。

しかし、廃屋の天窓から醜いカンナが覗き込んでいたので一気に目が覚めた。

 

ただロープを垂らして脱出の手引きをしてくれるので、企みがあると分かりつつも外に出た。

 

すると、少し森に入ったところでアンナも登場し、二人がかりで追いかけ回され始め、トラバサミに足が引っかかり、カンナに手首をぶった切られて万事休すに陥る高久だった。

 

 

感想

鬼畜島9巻でした。
面白度☆8 双子度☆9

9巻は双子の悲喜こもごもで魅せる巻でした。東山が化物になったのは可哀想ですが、性犯罪者にならずに済んだと思って受け入れるしかないですね。

そしてアンナが実は可愛い女の子だったのは、カンナが初めて素顔をさらした時くらいの衝撃でした。