「秘密の催眠療法」無料エロネタバレ。猥褻セラピストの手によって解放される牝の性!魔乳人妻とエロカワJK!

秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性
ネタバレ感想

秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性のエロ画像、ネタバレ、漫画最新話と最終回、最終話、最新刊、感想、あらすじ、結末、無料で読む方法を紹介。

 

REDLIGHTワールドの真骨頂。

外面だけはよく、内に秘めたどす黒い欲望を暴き出す。

悩みにつけこまれ、知らないうちに大切なものを奪われる女たち…

アダルトコミックを読むならこちら

 

秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性

結婚二年目のセリカは重度の潔癖症で、愛する夫とセック〇どころかキスもできず悩んだ結果、大ヒットした本の著者としても世間で有名なセラピスト、駒司太郎のクリニックを訪れた。

 

 

診療台に身を横たえたセリカは、主人に愛想を尽かされないか心配だと切実に語る。

 

そんな悩める美人妻に対し、駒司は欲望を滾らせた性的な目で観察していた。

 

喋るだけで揺れる豊満な胸にくびれた腰、ミニスカから伸びる足はムチっとしながらもスラリと艶めかしい
秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-

 

 

子供も欲しいと打ち明けるセリカに真摯に受け答えする駒司の頭の中は、これから自分が孕ませてヤルという気持ちでいっぱいだった。

 

なにせ、以前にも重度な潔癖症の女を診察した駒司は催眠にかけ、好き放題犯して孕ませていたのだ。

 

思考回路がチン〇一つのド畜生ゲス野郎の駒司は類稀な催眠能力を活かし、数えきれないほど患者を孕ませて一人も認知していないし明るみにもしていない悪人だった。

 

 

そして今回のセリカも深い催眠状態に誘われ、駒司の言葉だけに支配される状態に陥ってしまった。

 

目を閉じて深く呼吸するセリカに駒司は、あなたは男に触られるのが大好きだと囁いた。

悪魔の囁きにより暗示をかけられたセリカから潔癖症の嫌悪感は掻き消えた。
秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-

 

 

駒司はまず、診療台の後ろに回って服越しからたわわに揺れる巨乳をわし掴んだ。

 

生乳でなくても指が沈み込む柔らかさでありながら程良い弾力がある最高にエロい乳を揉みしだきながら、駒司はセリカも興奮するようにいやらしく言葉をかける。

 

駒司は遠慮なく紫の下着に包まれた秘部を擦り、まさに美巨乳のピンク生乳首を抓みあげる。

 

なぜここにいるのか目的さえ分からなくなっていたセリカは、愛液を分泌させて息を荒くしていく。

 

 

駒司は確実に最後まで楽しむため、男に汚され犯されるのが大好きな女だと囁き、オマン〇を汚されたいとセリカに言わせて暗示を強くした。

 

これで夫でさえも抱かれるのを避けてきた潔癖症のセリカは、薄汚い豚に膣の中に指を入れられても喘いで喜んでしまう淫乱女に仕上がった。
秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-

 

 

駒司は満を持したとばかりに目を開けさせ、目の前に突き出した自慢の巨根を見せた。

 

久しぶりに見た勃起チン〇が夫より遥かにでかいことに、セリカはどれだけ精子が出るのか好奇心が疼き、言われるまま「いただきます」と挨拶してから先っぽを咥え、男を惑わす魔乳で竿を包み込んだ。

 

 

二年もご無沙汰だったとは思えない的確なパイズリフェラに駒司もあっさり気持ち良くなり、頭を押さえてイラマチオさせたり、自分で乳を押し付けて刺激を高めたりとやりたい放題。

 

セリカも涙目になりながら先っぽを口から離さず、大量の精液を顔面で受け止めたのだった。

 

本来なら汚らしさに叫び狂ってもおかしくないが、セリカは愛おしそうにお掃除フェラで残り汁を吸い上げた
秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-

 

 

もちろんセリカはまだ股間が疼いたまま、セクシーな下着がぐっしょり濡れるほど準備万端な秘部をくぱっと広げ、催促した。

 

ここまでくればセリカを全裸にさせてアート作品のような裸体の全貌を拝み、駒司も全裸になって診療台に乗り、およそ二年ぶりに異物を受け入れようとしている膣の中に男根をねじ込んだ。

 

駒司はこのためにセラピストをやっていた。

 

 

夫のより自分のがいいと言わせる征服感で悦に浸りながら、人妻の中に何度も出し入れし、すぐには射精しないようにペースを調整していく。

 

しかし、高められ過ぎたセリカは大しゅきホールドでぴったり密着し、赤ちゃんが欲しいとイキ狂う。

 

そして駒司は絶頂の瞬間に合わせて子宮口を押し込むように根元までしっかり挿し込み、一発目よりむしろ多く出ている感覚に襲われた。

 

出し終わった後も精子を子宮に向かわせるように、執拗にピストンでかき回した。
秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-

 

 

こうして催眠診療が終わると、駒司はセック〇大好き女に変えてやったおまけの報酬として、旦那に抱かれずにうちに来いと指示してから帰したのだった。

 

また一組、夫婦の人生を密かにぶち壊した駒司を頼って来たのは、親に連れられてきたあどけなさの残るツインテJKだった…

 

 

感想

秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性でした。

内容はシンプルにゲス男が催眠で好き放題犯すだけですが、REDLIGHT画力で表現されれば一段階レベルが高く感じられますね。

ファンでも初見でも、読んで損は無いと思います。

秘密の催眠療法を読むならこちら
超催眠