スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホームルーム3巻
ネタバレ感想

ホームルームの漫画最新話と最終回まで、最新刊ネタバレと感想、あらすじ、エロ画像、結末、漫画を無料で読める方法を紹介。

 

正体の分からない何者かに嫌がらせを受けていた幸子は、犯人がいつも助けてくれるラブリン先生だと気づかないまま、慕う心を強くしていく。

それをこじらせ過ぎて、構って欲しいがために自ら嫌がらせを捏造までしてしまう。

逆に幸子が変質しているのに気づかないラブリンは、養護教諭の椎名と寝て脅しのネタを手に入れつつ、学校中に監視カメラを仕掛けていた。

 

 

ホームルーム3巻

息子がゲスでクズだなんて信じられるわけがなかったヤンママは、いつまでもママと呼んでくれる息子と一緒に学校に乗り込んだ。

 

見た目がやたら目立つヤン沢が母親と一緒に登校してきたことはすぐに生徒たちの間で噂になる中、当然、担任のラブリンも応接室に同席していた。

 

母親の用件は、息子の盗聴されたゲスボイが嘘に違いなく、いじめでハメられているに違いないというクレームだった。

著者名:千代 引用元:コミックDAYS

 

 

ラブリンにとってヤン沢がどうなろうと関係なく、仕掛けまくったカメラに幸子をいじめる何者かが映るのを心待ちにしていた。

 

しかし、怒り任せにヤン沢を引っ叩いたことを責められると、うまい言い逃れが思いつかなかった。

 

 

その頃、双子を引き連れて闊歩する一人の女生徒がいた。

 

モーゼを避けるように道を空けていく生徒たちは彼女を鉄の女と陰で呼び、忌避していた。

 

 

鉄の女こと生徒会長の白鳥奈々は、応接室のドアをノックして堂々と大人ばかりの場に突撃し、生徒会権限で話し合いに加わった。

著者名:千代 引用元:コミックDAYS

 

 

もちろんヤンママは関係ない生徒が顔を突っ込んでくるのに苛立ち、ギャーギャー喚き出す。

 

なのに教師陣は誰も保護者に味方せず、白鳥を咎めるでもなく静観を決め込む。

 

ヤン沢もまた、白鳥に一切反応せず、無視に努めていた。

 

なぜならヤン沢にとって白鳥は、頭の上がらない天敵だったからだ。

著者名:千代 引用元:コミックDAYS

 

 

ママと同じように真ちゃん呼ばわりされたヤン沢は戦慄し、分が悪いと悟り、ママを促して撤退を決めた。

 

いきなり帰ると言い出した愛息子に戸惑うヤンママ。

 

 

幼い頃に上下関係がはっきりしていた白鳥とヤン沢。

 

白鳥は鉄の女の名に恥じぬほど、学園の秩序を守ることに命を燃やしていた。

著者名:千代 引用元:コミックDAYS

 

 

 

一組の親子と因縁浅からぬも仲良くはない幼馴染みの女が邂逅していた頃、幸子はトイレの個室でバケツを持ち上げ、ニヤリと微笑みながら水を浴びていた

 

 

透けるセーラー服。

水浸しの床

 

びしょ濡れで個室からゆらりと出てきた幸子を見た女子たちは、また被害に遭った彼女に言葉を無くした。

著者名:千代 引用元:コミックDAYS

 

 

ラブリンを人生の蛍、灯台、かけがえのないものとした幸子はすぐに生徒たちの向こうから温かい光が近づいてくるのが分かった。

 

生徒をかき分けやって来たラブリンはまず幸子の惨状を目の当たりにして驚き、状況を理解しつつ、トイレにも仕込んでいたカメラでもう一人の犯人を暴き出せると思った。

 

そして、然るべき罰を与えてやるとも思った直後、また白鳥が強引に割り込んでくるや、被害者にしか見えない幸子を心配した。

著者名:千代 引用元:コミックDAYS

 

 

幸子はラブリンに助けて欲しかったがここで駄々も捏ねられず、用意された台車に乗って運ばれてゆくのだった。

スポンサーリンク